タイのドラマシリーズが日本の地上波初登場

映像翻訳2015.12.17

来年2016年1月、タイのドラマシリーズが日本の地上波で初めて放送される。作品は「STAY Saga(ステイ サガ)~わたしが恋した佐賀~」。佐賀県フィルムコミッションがロケ誘致を行い、約95%のロケが佐賀県内で撮影されたドラマで、タイで今年2月に放送されると、若者を中心に人気を集めた。日本では、サガテレビが日本語字幕付きで放送。

ドラマ「STAY Saga(ステイ サガ)~わたしが恋した佐賀~」
ジュック(スパサラー・タナチャート)は一生に一度は自分の本を出版したいという夢を持っていた。そこで日本の食べ物を卒論のテーマにし、本にまとめようとしていた。最初は親友のエーンと一緒に、日本の佐賀県の農家にホームステイをして調査をする予定が、エーンが急なキャンセルをし、ひとりで行く羽目になった。その農園でジュックはミー(サニー・スワンメータノン)という物静かなタイ人男性と出会った。ミーは3年以上日本に住んでいた。ミーはジュックの相談役になり、二人はすぐに親しくなった。そして知らず知らずのうちお互いを想い合う気持ちが芽生えてくる。甘酸っぱく、繊細なラブストーリーであり、家族の絆も描いた。観光地だけでなく、佐賀の日常的な風景の美しさもとらえた物語。

放送日:
第1話  2016年1月2日(土曜日) 12:00~13:30
第2話  2016年1月2日(土曜日) 13:30~14:45
第3話  2016年1月3日(日曜日) 12:00~13:00
最終話 2016年1月3日(日曜日) 13:00~14:05
※2日間に分けて放送されます。
※放送日時は変更になることがあります。

放送局:サガテレビ
制作会社:ナーダーオバンコク
監督:ソンヨット・スックマークアナン
出演:サニー・スワンメータノン、スパサラー・タナチャートほか
字幕翻訳:高杉美和(タイ語通訳・翻訳者)
ドラマ「STAY Saga(ステイ サガ)~わたしが恋した佐賀~」概要