基礎からプロレベルへと引き上げる段階的カリキュラム
第一線で活躍する現役翻訳者が実践的なノウハウを伝授する

naruhon2019_honyaku_simul_zyugyou

通訳者・翻訳者養成の伝統校として知られるサイマル・アカデミーでは、段階的に学べる翻訳者養成コースを設置。独自に確立した学習プログラムにより、基礎力の完成からプロレベルの実力養成までを行っている。グループ会社と連携してOJTや就業の機会を提供し、キャリアアップのサポートにも力を入れている。

訪問クラス 翻訳者養成コース「産業翻訳 英日基礎科」

「米国経済白書」を課題に翻訳の基本姿勢を学ぶ

「産業翻訳・英日基礎科」は、原文を理解する力やリサーチ力を高めながら、簡潔で読みやすい訳文をつくるスキルを養うクラス。企業のアニュアルレポートや財務諸表、IMFなど公的機関の報告書、新聞記事などを教材に、金融・経済・経営分野の用語や表現を習得しながら産業翻訳のベースを築くという。

この日の課題は「THE YEAR IN REVIEW AND THE YEARS AHEAD」と題されたA4紙4枚。講師の沢田陽子先生が「訳そうとするものが何かを調べるところから、翻訳の仕事は始まります。今回の課題は何ですか」と問いかけると、「米国経済白書です」と声が上がった。

「そうです、もしくは『米国大統領経済報告』。一般教書、予算教書と合わせて三大教書と呼ばれます」

沢田先生はそう応じると、本白書の目的や執筆者(大統領経済諮問委員会)について説明し、こう続けた。「この白書は米国大統領が議会に提出するもので、読者は議員とその先にいる国民です。ただし日本で翻訳を読むのは、経済研究者や企業経営者ら経済に詳しい人たちが中心。訳すときに噛み砕いたりする必要はありません」

さらに、受講生たちが訳した表題が「2016年の回顧と今後の展望」とそれ以外に分かれたことを指摘。前者が外務省のホームページで使われている表現であることを明かし、「訳を見ただけでどんなリサーチをしたかがわかります。本白書は翻訳書が出版されていますが、公的で権威あるソースに依拠するのが鉄則。私たちも外務省版を踏襲しましょう」と述べた。

翻訳を始めるにあたり、まず何をすべきか。基本中の基本を、沢田先生はじっくり説いていく。

経済の用語やリサーチ術
訳し方のコツを伝授

課題の検討は1文ずつ進められる。指名された受講生が英文と訳文を音読し、沢田先生がコメントするという流れだ。

受講生がつまずきやすいのは、やはり専門的な用語や表現の訳。例えば、「実質家計所得の伸びは過去最速」(the fastest real median income growth on record)という訳に対し、沢田先生は原文の意味するところを確認した上で、「日経新聞をはじめ、経済の世界では『実質家計所得(中央値)の伸び率は過去最大』とするのが通例」と説明する。fundamentals を「基礎的条件」ではなく「ファンダメンタルズ」と訳すことについて、受講生から「日本語に訳すのかカタカナ表記でいいのか、何を基準に判断すれば……」と尋ねられると、「『ファンダメンタルズ』は日経新聞でも普通に使われる言葉。経済紙などをたくさん読み、知識を蓄える以外にありません」。“経済の世界で流通する言葉”に慣れることの重要性を訴えた。

日本語の巧拙も当然、指導の対象だ。「力強い労働市場と緩やかな生産高の伸びという不整合は」という直訳調の訳文に対しては、「訳しにくかったら発想の転換をする。この文も『労働市場が力強かったにも関わらず、生産高が緩やかな伸びに留まったのは』などと工夫できる」とコメント。そのほか、「原文に接続詞がなくても『また』『なお』『一方』などを補い、素っ気ない文の羅列にならない配慮が必要」といった助言もあった。

さらにリサーチテクニックも伝授。「世界経済見通し site:IMF.org」のように、「キーワード」と「site: 調べたいサイトのドメイン」を入力して検索すると、特定サイトに絞って調べられるという。ドメインを「.gov」にすれば国家機関のサイトに絞って検索できるそうで、「効率よく信頼性の高い情報を探せますので、ぜひ活用してください」とアドバイスした。

さまざまな観点から指導がなされた2時間。「米国大統領経済報告」という質・格の高いドキュメントを課題に、翻訳の基本姿勢をじっくり学ぶその内容には、「基礎科」という名前以上の重みを感じた。翻訳に対する意識やモチベーションが一段も二段も引き上げられそうな、本格派の授業だった。

講師コメント

翻訳者養成コース 「産業翻訳 英日基礎科」 沢田 陽子先生 さわだ・ようこ 津田塾大学卒業。英ロンドンメトロポリタン大学院応用翻訳学修士課程修了。英系証券会社、米系コンサルティング会社などを経て、フリーランスの実務翻訳者に。サイマル・インターナショナルの英日翻訳を手がけている。

翻訳者養成コース
「産業翻訳 英日基礎科」
沢田 陽子先生
さわだ・ようこ

津田塾大学卒業。英ロンドンメトロポリタン大学院応用翻訳学修士課程修了。英系証券会社、米系コンサルティング会社などを経て、フリーランスの実務翻訳者に。サイマル・インターナショナルの英日翻訳を手がけている。

「翻訳」がどういうものかを実践を通して学びます
「基礎科」では「英文を丁寧に読み解く」「正しい日本語で書く」「丁寧に調べる」という3点に焦点を当て、実践を通して「翻訳とは何か」を学びます。初回の授業では、私自身の経験を織り交ぜながら翻訳という仕事についてお話しし、受講生のバックグラウンドに応じて金融・経済・経営の基本も解説します。

翻訳には「ただ1つの正解」は存在しません。そのため「講師が教え、受講生が聞く」という形ではなく、全員が自由に意見を述べたり質問したりする授業にしたいと考えています。意見を交わす中で「こんな訳し方もできる」という発見があるからです。私は立場としては講師ですが、皆さんより数歩先を行っているだけの「仲間」。わからないことがあれば、遠慮せず貪欲に聞いてほしいですね。

初学者の方にお薦めしたいのは、英文の音読です。意味を考えながら音読をすると、どこからどこまでが意味の塊になっているかがわかり、原文をよく理解できます。音読と合わせてリスニングの練習をすれば、より効果的に意味の塊を捉える力を養うことができるでしょう。

翻訳は、知識が広がる有意義な仕事です。とはいえ、英語力・日本語力・知識力の3つが必要なため、地道な勉強が不可欠。その点、サイマルには「基礎科」と「本科」があり、ほかにも翻訳者養成コースを目指すための「翻訳準備」などが用意されています。中長期的な計画を立て、皆さんそれぞれの第一歩を踏み出してほしいと思います。