「現場」を想定した教材と一流の現役通訳者による実践指導
質の高いスキルを養成し、グループ力を生かしたサポートでプロへと導く

2017_simul_honyaku_001

国際会議通訳の草分けとして50年の歴史を持つサイマル・インターナショナルの教育機関である、サイマル・アカデミー。目的別に「通訳コース」と「会議通訳コース」の2つを設置し、経験豊かな現役通訳者が実践に基づく指導をしている。グループ会社と連携したサポート体制も確立されており、受講生や修了生のキャリアアップを強く後押ししている。

訪問クラス 通訳者養成コース「通訳Ⅱ」

要約から通訳へ
1つの教材を学び尽くす

「通訳Ⅱ」は4段階にレベル分けされた「通訳コース」の中で、さまざまな基礎演習を通じて通訳スキルを着実に習得するクラス。産業界の最新トレンドやIRを含む幅広いテーマの教材に取り組みながら、通訳の基礎力を養成していく。この日は現役通訳者のザン・エリナ先生が担当する授業を見学した。

トレーニングは「要約」から始まる。メモを取らずに英語の音声を聞き、英語で話の要点を述べる演習だ。教材はアメリカ人から見た「日本の謝る文化」。2分半ほどの長さの音声を聞き終え、指名された受講生が次々と要約する中、先生は情報の取り違えや要点の欠落を指摘していく。このクラスの受講生たちは英語を苦もなく話せるレベルではあるものの、まとまった量の英語を聞き、記憶力だけを頼りに要約するのは簡単なことではないようだ。

自信がなさそうに発話する受講生に対し、先生は”Are you sure?”と英語で問いかける。受講生が「え?」と戸惑いを見せると、”I’m just challenging you.”と先生。その意図について授業後に訊ねると、「自信なさそうに通訳していたら、聞いているほうが不安になる。堂々と発話する習慣をつけてほしいんです」。先生なりの「愛の鞭」というわけだ。

要約が終わると、今度は同じ音声を1パラグラフずつ流し、受講生を指名して日本語に通訳させる。その際、先生のフィードバックで目立ったのは「言葉どおりに訳そうとしない」というもの。”right moment”をうまく訳せなかった受講生には、話の流れから「『絶妙なタイミング』ではどう?」と提案し、「そのぐらい意訳して大丈夫。言葉を追うのではなく意味を訳しましょう」とアドバイスした。

仕上げに、全員で一斉に日本語でアウトプットし、そのパフォーマンスを録音。1つの教材を学び尽くす、そんな表現がぴったりの演習だった。

実践を想定した教材を使い
IRの逐次通訳に挑む

続いては「情報取り練習」。初見の英語を聞いて英語でリプロダクションを行う。素材内容は「取締役会での成長戦略報告」で、のちに取り組むIR通訳を意識したもの。受講生は資料として渡された業績推移グラフだけを頼りに音声を聞き、内容を理解し、英語でアウトプットしなければならない。

億単位の数字、事業に関わるさまざまな名詞、財務・経営用語などが混じり、要約教材とは一転、非常に専門的な内容になる。先生は受講生たちのアウトプットをチェックしつつ、「accelerateは『成長を加速させる』という意味でよく使われます」「新事業を一から立ち上げる手間と時間を省くために企業買収をするんです」など、重要語や背景について説明。最後にこうアドバイスした。

「一部上場企業のホームページでは、日英両方のIR資料を公開しています。IRは表現のパターンが類似しているので慣れが大事。製菓や化粧品など、まずはなじみのある企業を検索し、IR資料の予習をしておいてください」

授業の終盤には、逐次通訳演習も行われた。素材は「IR電話会議に向けた社内打ち合わせ」という実践的な内容で、日本人とシンガポール人、2人のIR担当者による日本語と英語でのやりとり。受講生たちは事前に配布された「表現リスト」をもとに準備し、授業に臨んでいる。「では1回目の録音をしましょう」という先生の言葉を合図に、全員がヘッドセットをつけ、ミーティングの冒頭部分を一斉に通訳していく。

このクラスでIR通訳に挑むのは今回が初めて。録音を一通り終えると、先生はIR活動の1つで、教材にも出てくる「海外ロードショー」について実例も交えながら目的や日程、訪問都市を説明し、「過密スケジュールなのできついと思うこともありますが、すごくおもしろいですよ」と伝えた。こうした仕事に関わる情報や経験談にふれられる点も、現役通訳者に学ぶメリットといえそうだ。

「要約」「情報取り練習」「逐次通訳」という3つの演習に取り組み、全神経を集中して聞き、記憶し、日英両言語で発話した2時間。この「濃密な学び」を繰り返しながら、受講生たちは一歩一歩着実に、通訳スキルを習得していくに違いない。

講師コメント

通訳者養成コース「通訳Ⅱ」 ザン・エリナ先生 ざん・えりな 聖心インターナショナルスクールを経て、米サンフランシスコ大学に入学。卒業後に帰国し、外資系企業の社内通訳を経て、現在はフリーランスの通訳者として活躍中。サイマル・アカデミー東京校にて「通訳Ⅰ」「通訳Ⅱ」の講師を務める。

通訳者養成コース「通訳Ⅱ」
ザン・エリナ先生
ざん・えりな

聖心インターナショナルスクールを経て、米サンフランシスコ大学に入学。卒業後に帰国し、外資系企業の社内通訳を経て、現在はフリーランスの通訳者として活躍中。サイマル・アカデミー東京校にて「通訳Ⅰ」「通訳Ⅱ」の講師を務める。

通訳に必要な「内容を理解する力」と
「消化してアウトプットする力」を養います

今の時代、帰国子女は珍しくなく、英語の得意な人はたくさんいます。ですが、英語はできても通訳ができるとは限りません。通訳とは直訳することではなく、話者の言っていることを理解・消化し、言葉に込められたメッセージを別の言語で正確にアウトプットすること。その中でも「通訳Ⅱ」では、話の内容を正しく理解することに特に重点を置いています。

授業で学ぶことには、いくつものメリットがあります。1つは自分では気づきにくい「クセ」を指摘してもらえること。もう1つは市場ニーズを踏まえた幅広いトピックを学べること。そして、さまざまな業界で働いている、あるいは働いていた人たちと知り合えることです。プロになれば多種多様な業界で通訳するので、授業で学んだ表現・知識はもちろん、クラスメイトから聞いた情報も間違いなく貴重な財産になります。

通訳者には、何事にも関心を持って深掘りしていく「好奇心」が不可欠。また言葉や立ち居振る舞いの「品格」も必要です。裏方であることをわきまえ、メッセージを的確に伝えることだけに徹する。日本語に訳すときは安易にヨコ文字に頼らず、聞き手が理解しやすく日本語の豊かさも感じられる言葉を使う。通訳とはそういう仕事だと、私は思っています。

通訳者でなければ知らずに終わった世界を知り、会えずに終わった人たちと会えることが、この仕事の醍醐味。裏を返せば、広く浅くものごとを知っていないと対応できない仕事です。その意味でも、主張の異なる新聞を日英両方、何紙か読むことをお薦めします。人が好きで文化の橋渡しに興味がある人は、ぜひ通訳に挑戦してほしいですね。