医師の医学講義と通訳演習の2部構成

多数の会議通訳者を輩出するインタースクール。同校では医療通訳者の育成にも力を入れており、2009年より日本初の本格的な専門コースを開講している。

カリキュラムは、国内有数の国際外来を持つ医療機関が監修。厚生労働省「医療通訳育成カリキュラム」にも準拠しており、医療現場のノウハウと、同校が長年培ってきた通訳者養成のノウハウとを組み合わせた実践的な医療通訳者養成プログラムになっている。

コースの中核をなす「医療通訳コース」では、医療現場で求められる通訳スキルと医学知識を83時間で習得する。授業は、医師が各診療科目について解説するビデオ講義と、現役通訳者が指導にあたる通訳演習との2部構成。解剖生理学の基礎を学習すると同時に、医師と患者のやりとりを再現したスキットを通じて通訳演習に取り組む。「知識の習得」と「スキルの鍛錬」を並行して進めていくため、医療現場に即対応できる確かな実力を養うことができる。

厚生労働省「平成29年度医療通訳養成支援間接事業」実施団体に選定

言語については、英語コースと中国語コースを設置する。どちらも前述した「医療通訳コース」に加え、通訳技術を集中的に学ぶ「医療通訳スキル特化講座」や語学力に自信のない人や医療従事者向けの「医療英語コース/医療中国語コース」を設置。また、英語コースはロールプレイ中心の上級講座「医療通訳Workshop」を用意しており、自分のレベルに合ったところから学習を開始できるコース体系となっている。

受講者は、医療従事者・医学部などの学生や、医療分野を目指す通訳者、医療通訳に関心のある会社員や主婦など幅広い。成績優秀な修了生には、母体の㈱インターグループと連携して積極的にサポート。2015年から実施している病院でのOJTは参加者に大好評。また、医療通訳コース修了者は日本医療教育財団実施の「医療通訳技能認定試験【基礎】」が、スキル特化講座と医療通訳Workshopを修了した人には「医療通訳認定試験【専門】」の受験資格が付与される。

医療通訳のニーズは高まるばかり。医療通訳者の育成に力を入れるインタースクールは、医療現場からも「通訳者」からも注目されている。

講師インタビュー

医療通訳コース《中国語》 鈴田佐和子先生 (すずた・さわこ)2010年開講時より東京校で医療通訳コース担当。2017年まではインタースクール通訳者・翻訳者育成コースレベル1・2の講師も担当。2017年・2018年にそれぞれ国立国際医療研究センターで開催された医療通訳研修でもインタースクールを介して通訳パートの講師を務めた。現在も医療通訳者として医療現場で活躍している。

医療通訳コース《中国語》
鈴田佐和子先生
(すずた・さわこ)

2010年開講時より東京校で医療通訳コース担当。2017年まではインタースクール通訳者・翻訳者育成コースレベル1・2の講師も担当。2017年・2018年にそれぞれ国立国際医療研究センターで開催された医療通訳研修でもインタースクールを介して通訳パートの講師を務めた。現在も医療通訳者として医療現場で活躍している。

能力だけでなく、現場で頼られる通訳者になってください
医療通訳コース《中国語》では、毎回、診療科ごとの学習を行っています。まずは基本的な内科、外科分野から、順を追って循環器系、脳外科系などの難しい内容へと学習を進めていきます。

授業は、DVDによる医師の講義から始まり、単語・短文の暗記チェックの後、実際の現場を想定した医師と患者のスキット通訳や医学関連のテレビ番組の通訳練習などを行います。また、手術前インフォームドコンセントや同意書説明の練習など、実践に即した練習も欠かせません。

当クラスの学習目標は、「各診療科の基本的な知識を習得」し、「よく使う表現を徹底的に暗記」して、「医療通訳者としての振る舞いを身につける」こと。それと並行して、ありがちなミスや、現場で重宝がられる通訳者になるための心構えなども積極的に話すようにしています。

上達の秘訣は、まず、よく使う表現や単語を完全に暗記した後、実際に仕事をしながら稀な病気についても勉強し表現の幅を広げていくこと。新しい知識は母国語で理解して、その後に外国語で復習すること。そして、自分の健康にも関心を持ち、常に健康番組などをチェックすると表現の幅も広がります。

中国語に関しては、私の予想ではしばらく需要が続くものの簡単な部分は将来自動翻訳に置き換わると考えています。ですから、単に訳が上手いだけでなく、ホスピタリティに富み、協調性がある、つまり機械が対応できない能力の高い人だけが生き残れるでしょう。

患者さんに喜ばれ、日本にとっては医療の輸出と同じメリットがあり、さらに国際交流の架け橋にもなる。医療通訳は本当にすばらしい仕事だと思います。是非皆さんもしっかりと勉強して、現場で頼られる通訳者になってほしいです。

受講生インタビュー

医療通訳コース《英語》・医療通訳スキル特化講座《英語》医療通訳Workshop受講生 村上真紀さん (むらかみ・まき) 都内の病院で医師事務業務に従事。2016年に医療コースの短期講座を受講後、同年10月期に医療通訳コース《英語》を受講。その後、医療通訳スキル特化講座《英語》を修了後、現在、医療通訳Workshopを受講しながら、短期講座で発音の講座なども同時受講。10月より国
立国際医療研究センター国際診療部でのOJTに派遣予定。

医療通訳コース《英語》・医療通訳スキル特化講座《英語》
村上真紀さん
(むらかみ・まき)

都内の病院で医師事務業務に従事。2016年に医療コースの短期講座を受講後、同年10月期に医療通訳コース《英語》を受講。その後、医療通訳スキル特化講座《英語》を修了後、現在、医療通訳Workshopを受講しながら、短期講座で発音の講座なども同時受講。10月より国立国際医療研究センター国際診療部でのOJTに派遣予定。

学ぶほどに奥の深い医学分野で表現の幅を広げています
大学生のとき、ユニバーシアードの語学ボランティアをした村上さんは、好きな語学を生かせる通訳に興味を持った。中でも今回、医療通訳コースを受講したきっかけは2020年東京オリンピックだという。

「以前、会議通訳を学んでいましたが、その後のブランクが長かったので分野を絞った方が力をつけやすいと思ったのと、過酷な環境での開催が予想される東京オリンピックで医療通訳が必要とされる機会が多いのではと考えたからです。また、子どもを健康に育て、自身の健康を保つことにも関心があるので、それが医療通訳への興味に結びつきました」

医療通訳と聞くと敷居が高く感じられるが、一見難解に見える医学用語にも規則性がある。その規則性はたくさん覚えるうちにわかってくるものもあるが、先生が指摘してくれると合点がいき、より記憶に残るという。

「授業で日→英の練習をしている際、受講生が訳出した表現が自然に通じるものかどうか先生がチェックして、より簡潔な、洗練された表現を指摘してくださるので、表現の幅を広げるのにとても役立っています」

「どのように訳出しようかと悩む日本語が、実は基礎的な英語で表現できるときがあるのが楽しい」という村上さん。一方で、医療通訳のコースをひと通り受講しても学ぶほどに医学の奥深さを実感し、学ぶべきことが現れるからこそ、また勉強のしがいもあるという。

「10月にはOJTを控えていますが、まだまだ不十分だと感じています。現場での経験もごく限られたものですし。ですから、実践に向けてさらに練習を積み重ね、授業で学んだことをより定着させて、さらに表現の幅を広げていくことがこれからの目標です。そのためにも地道に勉強を続けていきたいと思います」