第9回 イメージとテーマを訳語にどう反映させるか

現代文学翻訳コンテスト2017.07.01

第9回課題文 発表

 それでは、次回の課題文の発表です。ドーアとはまったく真逆の、論理性を(といっても、妙な論理性ですが)全面に押し出した文体の作家から選んでみました。

 アダム・エールリック・サックス(Adam Ehrlich Sachs)は、2016年に短篇集Inherited Disorders: Stories, Parables & Problemsでデビューを飾ったばかりの若い作家です。ユダヤ系アメリカ人作家であるサックスは、ユダヤ系作家につきまとう「父と息子」というテーマを引き継ぐことにしたのですが、そのアプローチは何ともユニークです。この短篇集は117もの掌編から構成されていて、それがすべて、父と息子の関係を取り上げたものになっているのです。

 時には日本の侍の父子だったり、食品着色料ビジネスで大もうけした一族の父と息子だったり、アメリカで哲学を学ぶ若者と父親だったり、チュニジアで起きた誘拐事件の関係者とその父親たちだったり、ありとあらゆる設定を駆使しつつ、父と息子の愛憎関係を浮き彫りにしようとする本になっています。ある意味では、サックスはポケットから何を出してくるのか予測できない手品師のような作家なのかもしれません。

 今回は、117編のうち第十番、“Concerto for a Corpse”という作品から出題します。主人公はPavel Hronekという架空のチェコ人ピアニストで、その数奇な人生が、父親の作曲によるピアノ曲の題名とともに語られていきます。そのピアニスト人生の前半部分が、今回の課題文です。

InheritedDisorders

“Concerto for a Corpse”が収録されている短編集Inherited Disorders: Stories, Parables & Problems

課題文

  Just months after debuting to great acclaim with his father’s Concerto in B Minor, Hronek lost the pinky finger of his right hand in what he described as an eating incident at a Prague restaurant. Critics declared his career over; Hronek himself announced his retirement. Yet less than a year later he made a glorious return with his father’s Concerto for Nine Fingers.
  His fame now was even greater than before. He crisscrossed the continent, played before kings and prime ministers. But in 1911, at a Parisian brasserie, he suffered another eating incident and lost the index finger of his left hand.
  There is no coming back from this one, critics said.
  “I am done!” Hronek bellowed at the journalists who crowded in the stairwell of his apartment building. “I am finished! Leave me alone!”
  The very next year, of course, came his stunning performance of the Concerto for Eight Fingers, composed by his father.
  Soon World War I loomed. With his mutilated hands and his cultural prestige, Hronek was clearly of more use to the Austro-Hungarian Empire in concert halls than on battlefields. Not only was he not drafted, he was actively discouraged from enlisting. But for reasons that musicologists continue to debate, Hronek insisted on joining the army anyway.
  At the Battle of Galicia, one of the first of the war, Hronek’s left arm was shot by a Russian sniper and had to be amputated at the elbow. His commander later recalled that Hronek kept kind of accidentally lifting both of his arms above the lip of the trench. “Hronek!” he would bark. “Keep your arms down!” And Hronek would lower his arms. But a couple of minutes later the arms would drift up above the parapet again. “Hronek!” the commander would bark. “Don’t you want to play piano again?” And Hronek would say yes and lower his arms again, but only temporarily. Finally, his left arm was shot and amputated.
  His father began composing the Concerto for the Right Hand almost immediately. Hronek’s wartime performance of the piece with the Vienna Philharmonic is considered by many aficionados to be one of the greatest piano performances of the last century.

 そんな馬鹿な、と言いたくなる展開が満載ですが、作品はこのあともひたすら暴走していきます(そのあたりのオチについてはまた次回にでもご紹介できればと思います)。英語の文章としては、いかにも英語らしい構文が続出して、一筋縄ではいかないポイントがいろいろ盛り込まれています。ホラ話とセットで楽しんでいただけたらと思いますので、ご応募お待ちいたしております。

 

現代文学翻訳コンテスト バックナンバー

第1回 翻訳とは嘔吐である

第2回 原文の語順をどこまで尊重するか

第3回 「目」の語りと「耳」の語り

第4回 現在形で書かれた原文を訳すには

第5回 比喩・仕草・会話の訳し方

第6回 父親がバッハのメロディに乗せて歌った歌詞を訳す

第7回 いかにもアメリカ的なスモールタウンの風景を訳す

第8回 軍事用語の比喩で表現された子どもの世界を訳す

ページ: 1 2 3 4