第45回 最近のブーム 考えさせられる哲学本

一行翻訳コンテスト2011.03.16

■オススメの一冊

『Do Llamas Fall In Love: 33 Perplexing Philosophy Puzzles』
(Peter Cave)

Do Llamas fall In Love: 33 Perplexing Philosophy Puzzles

では今月の1冊目。今回はPeter Caveの「Do Llamas Fall In Love: 33 Perplexing Philosophy Puzzles」から。これは哲学的な問題について考えさせられる本で、「これから正義の話をしよう」以来、哲学がちょっとしたブームですが、もう少し軽いノリで、でもけっこう考えさせられる本です。(来月あたりもう1冊くらいこの手のを紹介するかも。)ここで問いかけられる質問はたとえば次のようなものです。

* もし不死になったら幸せになるだろうか
* 芸術は検閲するべきか
* 神の知らないことが存在するか

書き出しをご紹介しましょう。

Jobs are not easy to come by in Little Rock, out in mid-West America, so imagine how pleased Goodman was when offered employment by the local sheriff. His luck was on the up – or so he thought, until the sheriff said a little more.
‘You see,’ said the sheriff, ‘what we really need is a professional hangman. You’re ideal for the job, in view of your skill with ropes and knots and shortly, I hope, nooses.’
Goodman gulped. Yes, he wanted a job – he had a family to support – but unlike so many of Little Rock’s citizens, the Little Rockeans, he was opposed to hanging. He was a man of principle, at least on this matter.
‘No, I really can’t take the job,’ stammered Goodman. ‘It’s a pity, but I’m deeply opposed to the death penalty. It’s as simple as that.’
‘Look,’ replied the sheriff, ‘I respect your view — though it’s not mine — but if you don’t take the job, I’ll have to offer the position to someone else. Someone else will do the hanging. So, what have you achieved by your refusal?’

なかなか面白そうでしょ? 僕が最近感じているのは、きちんと考える(論理的に考える)ことが軽視されてきたのではないかということです。その結果が今回の福島の事故ではないかとも思っています。

■オススメの一冊-2

『Bones of Betrayal』
(Jefferson Bass)

Bones of Betrayal

では2冊目です。こちらもたまたま読んでみたら、今回の事故に通じる内容でぎょっとしましたが、合理主義というものを示しているという意味でもなかなか面白いと思います。Jefferson Bassの「Bones of Betrayal」は、Body Farmという施設が舞台になっています。これは法医学的な研究施設で人間の死体がどのように風化していくのかを研究するという施設。これはBody Farmを創設したビル・ベース博士とジャーナリストのジョン・ジェファーソンの共著で、Body Farmを舞台にしたミステリーです。本作では、主人公の法医学人類学者であるビル・ブロックトンが、死亡したレオナード・ノヴァク博士の遺体を解剖したところ、体内から放射性のペレットが見つかることから始まります。ストーリー自体がマンハッタン計画などにも結び付けられており、読んでいて気持ちの良い話とも言えませんが、「空気」でなんとなく物事が進んでいく日本とは違うなあと思います。

文体だけご紹介しておきましょう。

As soon as Miranda had plucked the small metal pellet from Eddie Gracia’s hand and dropped it into the sink, she and Garcia and I had hurried out of the autopsy suite and held a brief, urgent conference in the hallway. Detective Emert, still ashen-faced from his nausea, turned a whiter shade of pale when he heard us discussing radioactivity and hospital evaluation,
On the one hand, we weren’t certain that the pellet was radioactive, so we didn’t want to create needless alarm. On the other hand, we didn’t want to put people in danger, and that seemed to be a risk, if Novak had indeed died of some sort of radiation poisoning.

今までに6冊出ていると思います。他にノンフィクションで「実録 死体農場」というのもあります。僕はこっちは怖くて読めませんが。

ページ: 1 2 3