第48回 ユニークな資産管理本ほかとっておき3冊

一行翻訳コンテスト2011.08.16

■オススメの一冊

『Zombie Economics』
(Lisa Desjardins and Rick Emerson)

それでは今月の1冊目。Lisa Desjardins and Rick Emersonの「Zombie Economics」。表紙を見ると、ゾンビ化したリンカーンとかちょっと(かなり?)不気味ですが、内容は自分の資産や負債をきちんと管理しましょうという本です。実際、Zombie Economicsの定義が示されています。

Zombie Economics
Noun
1. The theory that every skill needed to survive a financial downturn mirrors a skill needed to survive the zombie apocalypse.
2. A stripped-down, no-nonsense approach to financial survival
だそうで。これは実際には自分の収入がいくらなのかを整理して、負債がいくらあるのかを整理して、家計をきちんと管理していくみたいな本ですが、アメリカ人ってかなりこういうのにルーズだったりする上に、急激に制度がかわっていたりするんですね。堤未果の『アメリカから<自由>が消える』あたりを読むと、納得がいくと思います。この本を読みながら、実際に数字を記入していくと、けっこう楽しいですよ。ちなみにアメリカ人というか、西欧人はゾンビが好きですが、これは土葬だからなんですね。日本の場合火葬ですから、ゾンビになりようがないよね。冒頭だけちょっと紹介しておきましょう。

This is the shortest chapter in Zombie Economics, but it’s also the most important. It is the key tenet of surviving the Zombie Economy.
You must open and assess your bills.
Now.
Every one of your bills is a zombie. Every debt, every loan, and every missed payment — they are ghouls, and left alone, they will attract more of their kind. Final notices bring late fees, late fees bring collections, collections bring judgments, and those judgments will destroy your credit, your safety net, and your future.

けっこう怖いでしょう?

■オススメの一冊-2

『New Europe』
(Michael Palin)

2冊目はMichael Palinの「New Europe」。しばらくout of printになっていたMichael Palinの旅行記ものがPhoenixから再刊になりました。もちろん「Around the World in 80 Days」も。後者は80日で本当に世界一周してしまおうというプロジェクトで、日本にも来たんですね。なぜか六本木(だったか?)のカプセル・ホテルに泊まったりしている。Michael Palinはあのモンティ・パイソンのメンバーで、ブラックメールの司会者といったら分かるかな? A Fish Called Wandaにも出てましたね。で、この「New Europe」は、主に東欧を回って歩く話です。英国人だけあって、ちょっとひねりの効いた、でもインテリジェントな文章を書きます。たとえば、

This morning’s phone call brings good news. The wind has dropped, the skies are clear and conditions look ideal for our balloon flight. The only trouble is it’s not yet six o’clock and it’s pitch dark and bitterly cold. Not much talk as we’re driven just outside the town to a clearing amongst the cones of rock, where two huge balloons are being prepared.

この人の旅行記は本当に面白いので、ぜひ読んでみてください。

■今月のペーパーバック

『The Penguin Who Knew Too Much』
(Donna Andrews)

3冊目はDonna Andrewsの「The Penguin Who Knew Too Much」。フィアンセと一緒に大きな家に移ってきたメグ・ロングスローは、今度こそ落ち着いた生活が送れると思っていましたが、引っ越しの最中に、いつものお騒がせの父親が、地下室で死体を見つけてしまいます。おまけに、みんなに内緒で経営破綻した動物園からペンギンの群れを預かってきてしまいます。しかもその動物園の園長まで行方不明に。さて、メグは事件を解決して、ペンギン(とその他の動物たち)を救うことができるでしょうか。面白そうでしょ。書き出しはこういう感じ。

Meg! Guess what I found in your basement?
I looked up from the box I was unpacking to see Dad standing in the basement doorway, his round face shining with excitement.
“A body?” An unlikely guess, but Dad was a big mystery buff — perhaps if I amused him, he’d stop playing guessing games on moving day.
“Oh rats — you already knew? Well, how soon will the police get here? I need to move the penguins — we don’t want them any more upset than they already are.”
He disappeared down the basement stairs without waiting for an answer. I abandoned my unpacking to call after him.
“Dad? I was joking. Did you really find a body? And why are there penguins in our basement? Dad!”

ということで今月は3冊ご紹介しますので、お好きなのをどうぞ。
では今月の課題文です。

ページ: 1 2 3 4 5