第59回 スリリングなミステリー本2冊

一行翻訳コンテスト2012.06.16

■オススメの一冊

『Full Black』
(Brad Thor)

さて気を取り直して、今月の一冊目から。僕がまだ若かった頃、一時期、英米以外のミステリーがそれなりに翻訳された時期があって、特におもしろかったのがマイ・シューヴァル、ペール・ヴァールーの「笑う警官」という作品でした。最近だと、残念ながら故人になってしまいましたが、スティーグ・ラーソンのミレニアム・シリーズが大きなヒットになっています。日本のミステリーも面白い作品がたくさんあるので、もっと翻訳され、もっと海外で読まれてほしいものですが。というわけで、今回ご紹介する1冊目は、Brad Thorの「Full Black」。アラモアナのBarns & Nobleでチェックしておいた作品です。なぜチェックしたかというと、Thorという名前に惹かれたからで、ブラッド自身はアメリカ人なんですが、名前が明らかに北欧系。銀河英雄伝説に登場する「トール・ハンマー」のThorですね。翻訳は、ブラッド・ソーという名前になっていますが、この作品は翻訳されていません。’00年代初頭に数冊邦訳は出たようですが、最近の作品は未訳のまま。もともとテレビ番組のプロデューサーをやっていたらしく、場面展開がスピーディーで楽しませてくれます。これはスコット・ハヴァナーという元海軍SEALチームのメンバーを主人公とするシリーズものの1作で(他のは読んでないです)black operation=実行している組織に起因していない秘密工作の中でも、特に工作員が自分の判断で非合法なものも含めて行う活動がfull blackで、この作品のタイトルとなっています。文章はこんな感じ。

His timing had been perfect. Swerving back into the lane at the last possible second, he watched in his rearview mirror as the white Skoda behind him careened off the road and slammed into a large tree.
Applying his brake, he pulled off the road and stepped out of his vehicle. The air smelled of spruce and spilled gasoline. The woman from the passenger side joined him. They had to move fast.
Half their work had already been done for them. The terrorist in the Skoda’s passenger seat had not been wearing his seat belt. He was already dead.

3パラグラフでもう読む気になっちゃいますね。ぜひお試しください。

■オススメの一冊-2

『Fire Engine Dead』
(Sheila Connolly)

では今月の二冊目。こちらはSheila Connollyという人の「Fire Engine Dead」。A Museum Seriesというコジー系ミステリーの3作目のようです。これもBarns and Nobleで見つけてきたもの。さすがに不景気な時代の小説なので、アメリカの公共施設はどこも資金集めに苦労しているなというところも面白いのですが、こちらは主人公のネル・プラットが、ちょっと好意を抱いているFBIのエージェント、ジェイムズと共に、放火殺人事件の犯人を追うと言うもの。文章はこういう感じ。

I looked in both directions along the third-floor hallway. Good, nobody in sight. I pulled open the door to the library stacks only wide enough to slip through it, and close it quietly behind me.
I was playing hooky. It had been only a few months since I had taken over as president of the Pennsylvania Antiquarian Society, shoved unceremoniously into the corner office from my nice, safe, lower profile job as director of development. Don’t get me wrong — I loved my new job. Or at least, parts of the job. But while the Society was a venerable and respected Philadelphia institution, it was now my responsibility to keep it solvent, intact and open to the public. Not easy, especially since the current fundraising climate sucked the hundred-plus-year-old building cried out for repairs and upgrades that we simply couldn’t afford; and the salaries we offered were so uncompetitive that we had trouble hanging on to enough staff to cover the desks and retrieve and shelve items requested.

ちょっと活字が細かいですが、試してみてね。

ページ: 1 2 3 4 5