第62回 言葉の重みを考えさせられる経済学者本

一行翻訳コンテスト2012.09.16

■オススメの一冊

『End This Depression Now』
(Paul Krugman)

では今月の1冊目。Paul Krugmanの「End This Depression Now」から。クルーグマンはノーベル経済学賞を受賞した経済学者です。これは彼の原罪の経済状況に対する処方箋です。彼の言いたいのはこういうことです。

…this book is, I believe, different from most of those other books, because it tries to answer a different question. For the most part, the mushrooming literature on our economic disaster asks, “How did this happen?” My question, instead, is “What do we do now?”(略)

And right now the question of treatment should be what concerns us most. Every time I read some academic or opinion article discussing what we should be doing to prevent future financial crises– and I read many such articles — I get a bit impatient. Yes, it’s a worthy question, but since we have yet to recover from the last crisis, shouldn’t achieving recovery be our first priority?

先日、水野和夫・萱野稔人の「超マクロ展望 世界経済の真実」、それに藤井聡・中野剛志、「日本破滅論」を読みました。特に前者は知的好奇心を非常に刺激してくれる本です。冒頭の話にもつながってくるのですが、自分の論を語るためには、しっかりとした言葉がなければなりません。そして、学者であっても、いや学者だからこそきちんと論を述べるべきなのだと思うのです。原子力村や御用学者ばかりでは困るのです。クルーグマンは少なくとも責任のある学者として、自分の処方箋をこの本で提示しています。そういうことが大切だと思うのです。過去の批判は簡単ですから。僕たちはもっと勇気を持って前を向く必要があると思うのです。

■オススメの一冊-2

『77 Shadow Street』
(Dean Koontz)

では今月の2冊目。Dean Koontzの「77 Shadow Street」。クーンツというと映画、「ファンハウス」あたりが最初かな。紀伊国屋のバーゲンとかによく出ているのでつい買ってしまいますが、意外に読了せずに積読になっている作品も多いかも。個人的には「Phantoms」が圧倒的に面白かったような気がします(映画化もされましたね)。サイキックものよりも純粋なホラーものの方が面白いと考えており、その意味で言うと、本作はとても良い雰囲気を出しています。1800年代に建てられ、現在は高級マンションとして使用されている建物。そこに次第に闇が入り込んできます。そして物語は次第にそのスケール感を増していくのです。(以下略)

Bitter and drunk, Earl Blandon, a former United States senator, got home at 2:15 A.M. that Thursday with a new tattoo: a two-word obscenity in blue block letters between the knuckles of the middle finger of his right hand. Earlier in the night, at a cocktail lounge, he’d thrust that stiff digit at another customer who didn’t speak English and who was visiting from some third-world backwater where the meaning of the offending gesture evidently wasn’t known in spite of countless Hollywood films in which numerous cinema idols had flashed it. In fact, the ignorant foreigner seemed to mistake the raised finger for some kind of friendly hello and reacted by nodding repeatedly and smiling.

これが冒頭、さすがにストーリーテラーだけあってすっと入り込んでいくはず。クーンツ・クラスだとPBで500ページくらいは楽勝であるのですが、やはりアイデアと文章のうまさですっと読むことができます。

ページ: 1 2 3 4 5