第66回 アメリカ人の金言集をパラパラと

一行翻訳コンテスト2013.01.16

■オススメの一冊

『Everyday Positive Thinking』
(Louise L. Hay and Friends)

さて今月の一冊目です。アメリカ人はハウツー本が好きだったり、成功談が好きだったりするわけですが、一方で金言集のようなものも数多く発売されています。(変わったものではこういうのもあります。

今回見つけてきたのはLouise L. Hay and Friendsの「Everyday Positive Thinking」。まあすっかり日本に絶望している自分のような人間には必要かなという気もします。(Everyday negative thinkingだからw。)読むというよりもぱらぱらとめくって、その中で面白そうなものを見つけたら、ちょっと頭に入れてみるというのがいいんでしょうね。たとえば、

Wisdom is achieved slowly and is the active expression of knowledge in your everyday life. Loving service is the highest wisdom.

とか

Consider that there’s more than enough for everyone.

とか

Recognize that when you’re in balance, you possess a level of strength and flexibility that allows you to meet any challenge effortlessly.

とか。いろいろ探してみると楽しいかも知れませんね。

■オススメの一冊-2

『Beat the Reaper』
(John Bazell)

今月の2冊目は、John Bazellの「Beat the Reaper」。買ってきてみたらもう邦訳が出てました(笑)。でも面白かったので紹介しておきます。主人公のピーター・ブラウンは、病院の研修医ですが、実はマフィアのヒットマンだったという隠された過去があります。ある日、入院してきたのは彼の過去を知る人物で……。という具合に非常に設定が鮮やかなクライム・ノヴェル。これがデビュー作なのだそうです。

So I’m on my way to work and I stop to watch a pigeon fight a rat in the snow, and some fuckhead tries to mug me! Naturally there’s a gun. He comes up behind me and sticks it into the base of my skull. It’s cold, and it actually feels sort of good, in an acupressure kind of way. “Take it easy, Doc,” he says.

Which explains that, at least. Even at five in the morning, I’m not the kind of guy you mug. I look like an Easter Island sculpture of a longshoreman. But the fuckhead can see the blue scrub pants under my overcoat, and the ventilated green plastic clogs, so he thinks I’ve got drugs and money on me. And maybe that I’ve taken some kind of oath not to kick his fuckhead ass for trying to mug me.

ちょっと言葉遣いはなんですが、面白そうでしょう?

ページ: 1 2 3 4 5