第75回 原文の体裁を変えて訳すのはNG?

一行翻訳コンテスト2013.10.16

■オススメの一冊

『Why “A” Students Work for “C” Students and “B” Students Work for the Government』
(Robert T. Kiyosaki)

Micro

では今月の1冊目。Robert T. Kiyosakiの「Why “A” Students Work for “C” Students and “B” Students Work for the Government」。金持ち父さんシリーズを書いている人のようで、翻訳もたくさん出ていますが、これは最新刊なので、まだ翻訳は出ていない(はず)。まあタイトルがすべてを物語っていますが、確かに日本ではファイナンス教育というのをしっかりやっていないんですね。道徳とかも結構だけれども、一方でアベノミクスとかトリクルダウン理論とか経済、経済叫びながら、じゃあそれが何であるかを理解させるような教育には関心がない。経済もまた教育であって、自己責任とか401Kとかを推進するなら、その意味するところを教育しないと意味がないんですね。ですから、株式にせよ、FXにせよ、しばしば投資ではなくて投機になってしまう。最も、為政者にとってはその方が都合がいいのかも知れませんが。アメリカのように何でもカネカネカネというのもどうかなとは思いますが、少なくとも財政とか株とかについて最低限の理解ができるような教育はするべきではないかと思うのです。この本は、アメリカにおける金融危機と教育危機との関連性を取り上げた本ですが、僕たちが読んでも十分楽しめる内容だと思います。最もシステムが違うので、そう簡単に「金持ち」になれるわけでもないんですが……。これは2012年の選挙の話です。内容はこういう感じ。

Obama vs. Romney

During the (Presidential) campaign, President Obama disclosed that he paid 20.5% in taxes on approximately $3 million in income. Mitt Romney paid 14% on $21 million in income.
This gap in income and taxes angered many voters, especially the poor, middle class, and younger voters. Rather than ask why and how Romney made more money and paid a lower percentage in taxes, many voters just got angry. Most failed to ask, “How did Romney do that?” Or “How did he earn $21 million and pay 14% in taxes?” Or “How is that legal?” Or “Who is smarter when it comes to money…President Obama or candidate Romney?”
In his second term as President, Mr. Obama seems determined to and already has raised taxes on the rich — rather than teach kids about money and capitalism, which is how and why the rich get rich and stay rich and often pay less taxes. Rather than teach kids to fish, it seems President Obama prefers to give kids fish.
This book is about teaching kids to fish.

ちょっと厚めだけど、活字も大きくて読みやすいからぜひ。(予備知識が欲しければ、橘玲、「日本人というリスク」あたりがおすすめ。)

■オススメの一冊-2

『Ash』
(James Herbert)

A Street Cat Named Bob

今月の2冊目は、今年の3月に亡くなったJames Herbertの「Ash」。英国のホラー作家で、初期の作品がモダン・ホラー・ブームの頃に何冊か翻訳されています。本国ではスティーヴン・キング張りの巨匠なんですが、日本ではブレイクしなかったですね。個人的には”The Survivor”と”The Dark”あたりがおすすめです。で、そのハーバートのあるいは遺作となるのが本作です。600ページ超えの大作で、ゴーストハンターのDavid Ash(「Haunted」などにも登場しています)を主人公にしたホラー。呪われた城、邪悪な魂、幽霊ハンター(カーナッキとか懐かしいですね)といった「オトラント城奇譚」以来の英国的な怪奇小説の伝統を引き継いでいるようにも思えます。こんな感じ。

The untidy little man peered out from the bookshop’s window display, squinting to sharpen his vision.
He was watching the doors of the huge grey building that housed the BBC World Service offices and studios: those doors were in constant use, drawing in and disgorging a ceaseless stream of visitors and staff. The mark was still inside, but Cedrick Twigg was patient as always, comfortable in his assumed role of book browser in the Kingsway WHSmith, pretending to be interested in the lofty novel he held in his hands. He had idled here for the last twenty minutes, having arrived half an hour earlier, picking up a hardback here and there to peruse its contents, replacing each volume, then choosing another.

やっぱり英国の文章という気がします。

ページ: 1 2 3 4 5