講師は各専門分野で実績を持つトップクラスの翻訳者
一人ひとりのニーズに合わせた指導でプロを育成

ph003

こんな学校です!

 さまざまな翻訳市場のニーズに応じた多ジャンルの実務翻訳講座を、東京・大阪の2校で開設する伝統ある翻訳スクール。所定コース修了生には、提携翻訳会社から提供されるトライアルを実施。また、トライアル合格の在校生・修了生に翻訳関連の仕事を紹介するなど、キャリアサポートも充実している。

修了生インタビュー

東京校「特許翻訳(バイオ・医薬)コース」受講生 福井知子さん(ふくい・ともこ) 大学でバイオ分野を専攻した後、バイオ関連の研究員業務に取り組む。特許事務所の下訳の経験も持つ。2016 年4月よりILC 国際語学センターで「特許翻訳(バイオ・医薬)」コースを受講中。

東京校「特許翻訳(バイオ・医薬)コース」受講生
福井知子さん
(ふくい・ともこ)

大学でバイオ分野を専攻した後、バイオ関連の研究員業務に取り組む。特許事務所の下訳の経験も持つ。2016 年4月よりILC 国際語学センターで「特許翻訳(バイオ・医薬)」コースを受講中。

授業の後には自主勉強会に参加
プロとして活躍する修了生の方からも教えを受けています
学生の頃から英語が好きで、英語学習の延長で文芸翻訳の勉強をコツコツ続けてきたが、最近になって、専門であるバイオの知識を生かせる特許翻訳を本格的に学んでみようと思い立った。

「ILCを選んだのは、修了後に提携翻訳会社のトライアルを受ける機会があるからです。修了しても自分で仕事を探すのはハードルが高いので、就業のサポートシステムがあるところが決め手になりました」 

授業では主にバイオの基礎知識に関する講義と、特許明細書の翻訳演習が行われる。
「授業の中でバイオの基礎知識がしっかりカバーされています。私は専門がバイオなので飲み込みやすく、知識の整理に役立っていますが、バックグラウンドがない人が聞いても、とてもわかりやすい内容だと思います」
特許明細書の翻訳については毎回、課題が出されて、受講生はその訳を提出。講師が添削をし、授業は添削済みの訳を講評するというスタイルで進んでいく。1人ずつ順に全員の訳を取り上げ、なぜ赤が入ったのか、たっぷり時間をかけて丁寧に解説される。わからないことはその場でどんどん質問することも可能だ。

「添削・講評を受けるので、中途半端な訳は出せない、今の100%のものを頑張って提出しようという気持ちが自然に湧いてきます。クラスメイトと課題や授業について話せるのも楽しいです。独学や通信は先延ばしにしてしまいやすい。通学には勉強のペース、モチベーションを保ちやすい、疑問をその場で解決できるといったメリットがあると思います」

講座内容、受講中のサポート体制、修了後のトライアル制度などが充実していることから、入学先にはILC 国際語学センター大阪校を選んだ。同校では「特許翻訳応用コース」など4講座を受講。仕事との両立に多忙を極めたが、「ちょっとキツイけれど、集中してがんばればこなせる内容と分量であったことが良かった」と当時を振り返る。

翻訳者、チェッカー、クライアント―――
添削は複数の視点からきめ細かく行われる

添削課題は真っ赤になって返ってくる。誤訳を直すだけでなく、別の訳し方のパターンも示されるからだ。
「こういう訳し方もできる、クライアントによってはこの訳のほうが好まれる、というように、複数の訳し方を教えていただけます。先生は特許事務所に勤めたこともある方なので、翻訳者だけでなくチェッカー、クライアントの担当者など、さまざまな視点から問題点を指摘してくださる。実践的な指導だと思います」

授業の後、修了生と受講生が集まって行われる自主勉強会にも毎回、出席するようにしている。プロとして活躍する人の参加も多く、その姿に刺激を受けることも多い。

「勉強会の内容は私にはまだ難しいですが、トライアルや検定試験、講座などの情報を皆さん親切に教えてくださいます。講座修了後も勉強を続けていかなければなりませんから、このような場があるのはとてもありがたいですね」
 
目標はもちろん修了後のトライアルに合格して、フリーランス翻訳者になること。現在は仕事を辞め勉強に専念しているので、平日最低3時間は机に向かい、授業の予習・復習に励んでいる。

「特許翻訳にはクライアントの特許権取得というやりがいがありますが、バイオは病気に関わることも多く、私はバイオの分野の仕事には病気に苦しむ人のお役に立てるというやりがいもあると思っています。先生も授業時間を延長して、親身になって指導してくださっていますので、修了して終わりにならないように、必ず仕事につなげたいと思います」

講師インタビュー

東京校「特許翻訳(バイオ・医薬)コース」 染谷悦男先生(そめや・えつお) 筑波大学大学院生物物理化学専攻。特許事務所で翻訳や特許明細書作成などの実務に従事した後、フリーの特許翻訳者として独立。現在は、バイオ、電子機器、半導体分野を中心に特許翻訳者として活躍。

東京校「特許翻訳(バイオ・医薬)コース」
染谷悦男先生
(そめや・えつお)

筑波大学大学院生物物理化学専攻。特許事務所で翻訳や特許明細書作成などの実務に従事した後、フリーの特許翻訳者として独立。現在は、バイオ、電子機器、半導体分野を中心に特許翻訳者として活躍。

特許翻訳を切り口にバイオの知識、
他分野に通じるライティング力を身につけてほしい

本コースでは、バイオの基礎知識・表現と特許翻訳に必要な翻訳スキルを学びます。特徴は画一的なテキストを使わず、受講生に合わせ授業内容を工夫していること。特許、バイオ・医薬、翻訳に関する受講生のバックグラウンドはさまざまで、例えば特許なら特許文書を見たこともない人もいれば、特許事務所に勤めているような人もいますので、受講生の能力、ニーズに合わせて特許翻訳の比重を高くしたり、バイオのほうに力を入れたり、そのつど教材や授業内容を変えています。 

バイオは非常に幅広いため、基礎知識として主に細胞生物学を学びます。細胞が集まって組織・器官となり、さらに消化器系などの系、人体となりますので、その意味では細胞はベーシックであり、細胞を知ることはバイオ・医学の分野を学ぶ土台となります。文系の人には難しいとは思いますが、受験勉強と違って、すべてを覚える必要はありません。大切なのはバイオの言葉のリズムや波を知り、訳語選びや調べものの“勘が働く”ようにすること。言葉のリズムを知っていると、例えばsubstrateの訳語はバイオの世界なら「基板」ではなく「基質」だ、ということが自然にわかるようになってきます。 

バイオは比較的新しい学問分野なので、電気、機械、化学など古くからの学問体系が確立している分野よりも、未経験者の人が参入しやすいのではないでしょうか。それに特許の技術内容は最先端のものですから、実際の仕事で出会うのはバイオを専攻した人でも知らないことばかりです。プロの翻訳者は常に新しいことを自分で調べて勉強しなければならないので、講座では調べもののスキルだけでなく、知らないことにチャレンジし続ける気持ちも身につけてほしいと思っています。

修了後も自分で勉強が続けられる
環境、意識づくりを

特許翻訳で主に扱う特許明細書は定型的な文書で、書き方・訳し方のルールが決まっています。その基本はきちんと勉強すれば誰でも体得できるものであり、電気、機械など他分野の特許翻訳に応用することも可能です。 

特許翻訳は直訳が基本なので、足したり引いたりしない直訳のやり方も演習を通して身につけます。特許文書というと独特の文章で書かれているというイメージがあるかもしれませんが、最近はどんどんシンプルになり、テクニカルライティングに近い論理的なライティング力が求められるようになっています。直訳でシンプルに訳す特許翻訳の演習を通じてライティング力を磨けば、他分野の技術翻訳などに必ず役立つと思います。 

学ぶべきことは多いので、6ヵ月という限られた受講期間中にすべてを網羅することはできません。このため、私は修了後も自分で勉強を続けられる環境をつくってほしいと思い、月に数回、授業の後に修了生、受講生とともに自主的な勉強会を開いています。特許翻訳者、メディカル翻訳者として活躍する修了生もいるので、情報交換をしながら、タテヨコのつながりを深めてほしい。互いに助け合ったり刺激し合ったりできる翻訳者仲間、ネットワークを持つことは仕事を続けていく上で、とても貴重なものになるはずです。