第62回 コーディネーター要素も必要! VTR撮影のガイド

通訳ガイド行脚2012.12.16

シーズン真っ最中の秋のことです。あるヨーロッパ系のハイテク機械製造メーカーが自社の高性能カメラをPRするにあたって、世界の美しい観光地を紹介するビデオを制作していました。撮影クルーは、アジアの都市各地を撮影した後は、いよいよ東京です。そこで観光地を紹介する役に通訳ガイドが登用されたのです。嬉しいことですね。頻繁にある業務ではありませんが、どんな様子だったのかご紹介したいと思います。

各所の撮影には許可申請が必須
業務の依頼を受けたのが来日の10日前という、比較的急なビデオ撮影班のアテンドとガイド説明(VTR出演)業務でしたので複数のガイドさんが手分けして担当。約1週間程度の日本滞在中に東京の魅力スポットをどのように紹介したら良いのかと、通訳ガイド も撮影場所についてアドバイスを求められました。

定番の浅草、築地、秋葉原、皇居、スカイツリー、丸の内界隈、青山そして下町情緒あふれるエリア…と希望は多かったのですが、問題となったのは撮影許可です。訪問先や所轄の警察への申請までに時間的余裕がなかったせい、そして日程にもよったのでしょうが、浅草寺、仲見世商店街、丸の内、青山通りは不許可でした。浅草地域では周囲の横道も絶対に撮影しないようにときつく言われる状況に、一体Welcome To Japanキャンペーンはどこに行ってしまったのかしら? とふと首を傾げたくなってしまう瞬間もあったことです。

希望した場所の許可がおりないのは落胆です。しかし、そこは逆に通訳ガイドの腕の見せ所。浅草近辺では吾妻橋のたもとで人力車に乗った風景を提案したり、隅田川でガイドが説明する脇を水上バスが通り、その船上からは、お台場をバックにしてお台場や観覧車を撮影する…という構成もかえって好評だったようです。観覧車に乗りこめばお台場全体をカメラに収めることもできたのでした。ゆりかもめから望む日暮れ時の東京湾は、ロマンティックです。

翌日は八芳園の茶室から始まりました。担当者のご案内のもと、まずは素晴らしい盆栽をフィーチャーし、庭園の素晴らしさと共にお茶のお点前が良い撮影ポイントです。その後はオープンして半年のためかとても協力的なスカイツリーとすみだ水族館へでむきます。ソラマチの賑わいを収録、空中450m地点でコメント撮りです。

次の日は京橋から月島を訪れ、「もん吉」本店でおかみさんがもんじゃ焼きとお好み焼きを焼くシーンを撮影。ホクホクとできあがりをスタッフ全員で食べました、うん!美味しい。その後は和太鼓の道場見学です。上級コースのレッスン風景を撮影し、その後は草月いけばな教室でも撮影が行われました。このような場所では通訳ガイドが自分のコネを活用してアポをとり、許可をもらうことに。日頃の活動範囲の広さが物を言うわけですね。

当日スムーズに進めるために前もってコンタクトを
最終日は早朝から築地へ。場外は撮影許可がおりたので入り口付近で通りかかった人にインタビュー。この日担当した通訳ガイドのSさんは、過去に何度か撮影関係の業務に携わって経験が豊富。撮影に協力的なお店を熟知していたため、カメラクルーはラッキーでした。88年続く卵焼き屋さんはお店のすぐ後ろで卵を焼く場所が見られてお薦めだそうです。

事前に電話で了解をとっておいたお寿司屋さん、そして新鮮な水産物が食べられるお店では、みる貝、大きな生きた蟹、生ガキなどをクローズアップ撮影です。

まぐろの解体ショーも協力的で、こちらの撮影スケジュールに合わせた時間でスタートして下さいました。その後の秋葉原では事前にお店の広報担当者に許可を得ておいたメイドカフェー。おりがみ会館では折り紙の説明を受け、実際に作品を作成していただくこともできました。剣術ショーというのもありました。なかなか普通の外国人観光案内ではご縁の少ないところです。レストランではアメリカ大統領が来店されたことでも有名な権八や接客員が忍者に扮したAKASAKA NINJAも相変わらず期待を裏切りません。

お店の宣伝になると考えて協力的な店もあれば、撮影等お断りの店もあるので、とにかく事前に連絡をできるだけして段取りを良くし、カメラマン達の時間を有効に使わせることがポイントです。これは通訳ガイドの域を超えて撮影コーディネーターとなっていますね。大変だけれどもこれもやりがいのある分野です。

ちなみに撮影終了後、本来は業務が始まる前にやっておくべきなのですが、担当した通訳ガイドさん達は、VTR出演の肖像権に関する覚書などの書類の署名要請を受けました。が、そこには「ガイドが撮影中にしゃべったことに関して何か問題が起こったらすべてガイドが責任を持つ」云々のくだりがあったのです。これは気軽にOKできません。交渉してその部分は削除してもらった文書に署名捺印となりました。書類にサインする時は要注意ですね。