第54回 政治・経済を考える本はいかが?

一行翻訳コンテスト2012.01.16

■オススメの一冊

『The Next Decade』
(George Friedman)

では今月の1冊目。George Friedmanの「The Next Decade」。既に「激動予測」のタイトルで翻訳が出ています。前著「100年予測」もベストセラーになったようです。内容的には地政学ベースの本で、極論と思える部分も散見されますが、こういう見方もあるんだなという意味で刺激的な本です。文章も読みやすく、いろいろな表現や用語を学ぶ上でも良いかも知れません。著者は民間インテリジェンス会社の社長です。

A century is about events. A decade is about people.
I wrote The Next 100 Years to explore the impersonal forces that shape history in the long run, but human beings don’t live in the long run. We live in the much shorter span in which our lives are shaped not so much by vast historical trends but by the specific decisions of specific individuals.
This book is about the short run of the next ten years: the specific realities to be faced, the specific decisions to be made, and the likely consequences of those decisions.

日本では地政学的なアプローチはあまりなされていませんが、国際政治や軍事の世界では非常に重要な考え方の一つです。僕が大学生の頃ですが、初めてその存在を知って驚いたものです。それから30年を経て、ウィキリークスが明らかにする情報などを見てみると、実に日本の外交や政治がナイーブというか内向きのまま(あるいは多角的でないまま)であることが分かります。その意味でも、この手の本をひもとくことは悪くないのではないかと思います。

オンライン講座用に買ってきたら既に翻訳が出ていたので、くやしいからご紹介しておくのがLars Keplerの「The Hypnotist」。こちらはハヤカワ・ミステリー文庫から「催眠」<上・下>で入手可能。ラーシュという名前からも分かるように、スウェーデンの作家で、内容は一家惨殺事件を取り上げたもの。ネタバレになるので、あまり深くはつっこみませんが、催眠療法を使って犯人に迫ろうというところが新しい。スウェーデンというと、古くは「笑う警官」から、最近だと「ミレニアム」のように良質のミステリー作品が少なくありません。ぜひご一読を。翻訳ですが、文章はこんな感じ。

Erik Maria Bark is yanked reluctantly from his dream when the telephone rings. Before he is fully awake, he hears himself say with a smile, “Balloons and steamers.”
His heart is pounding from the sudden awakening. Erik has no idea what he meant by these words. The dream is completely gone, as if he had never had it.
He fumbles to find the ringing phone, creeping out of the bedroom with it and closing the door behind him to avoid waking Simone. A detective named Joona Linna asks if he is sufficiently awake to absorb important information. His thoughts are still fumbling down into the dark empty space after his dream as he listens.

■オススメの一冊-2

『The Postmortal』
(Drew Magary)

今月のもう一冊はDrew Magaryの「The Postmortal」。人類が不死を得た世界では何が起こるのか。そこは決して極楽でも天国でもない。その意味でこれはディストピア小説とも言えるでしょうし、その向こうに「素晴らしき新世界」や「1984年」を見る人もいるかも知れません。現実に、いま日本でもアメリカでもけっこう危ない法案が提示され、あるいは可決されたりしています。その意味で決して人ごとではない物語でもあります。エンターテインメントとも、思想小説とも、SFとも、ホラーとも読める話ですが、非常に面白い。

“Immortality Will Kill Us All”
There are wild postings with that statement all along First Avenue. If you’ve been in Midtown recently, you’ve seen them. They’re simple black-and-white posters. Just type. No fancy fonts or designs in the background. No web address. That one sentence is all they say, over and over again, down and across the hoardings. When I walked by them, they were clean, as if they had been posted the night before. But I noticed, as I got toward the end of the block, that one of them had already been defaced, not on the lowest rung but the second from the bottom. Someone had used a cheap, blue ballpoint pen to write something underneath the slogan. It was small, but it was unmistakable: EXCEPT FOR ME.

いい感じでしょう?

 

ページ: 1 2 3 4 5