第60回 ロック・アーティストのユーモラスな作品

一行翻訳コンテスト2012.07.16

■オススメの一冊

『Swine Not?』
(Jimmy Buffett)

では今月の1冊目。Jimmy Buffettは、アメリカのロック・アーティストであり、作家であり、実業家でもあります。ミュージシャンとしては、海や南国を舞台にしたロック・ミュージック(日本だったらTUBEみたいな感じかなあ。もっとトロピカルだけど)のアルバムを何枚も出していますし、実業家としては、たとえばワイキキ、カラカウア大通りにあるJimmy Buffett’s Restaurant and Bar (http://www.jimmybuffettsatthebeachcomber.com/index.php?page=info)やグッズショップ、そして作家としては’89年の「Tales from Margaritaville」以来、ベストセラーを連発。ノンフィクションの「A Pirate Looks at Fifty」により、New York timesのフィクションとノンフィクションの両部門でナンバーワンになった数少ない作家の一人となりました。彼の作品はとてもユーモラスで、魅力的なものですが、今回取り上げるのは’08年の「Swine Not?」。タイトルからしてダジャレですが、主人公はa swineつまりブタです。ネタバレは避けますが、ニューヨークの四つ星ホテルに南部からやってきた一家がブタを隠して飼ったらたらどうなるか、といったお話です。時にブタのランピー、時に登場人物の少年、バーリーの言葉で語られる物語はユーモラスでありながら、どこかほろっとするものです。このような感じ。

RUMPY

My name is Rumpy….Living with humans is not easy. They have quite an opinion of themselves, but few of them seem to be playing the game of life with a full deck. How about that “ham sandwich” crack by the Moonwalkers coach? Well, Ellie made him pay for that one. It’s a lot different in the animal world. We don’t come with emotional baggage. I’m simply Rumpy, the pig who saved the game. It’s not the first time I have been called from the side lines.

■オススメの一冊-2

『Deep Sky』
(Patrick Lee)

今月の2冊目はPatrick Leeの「Deep Sky」。いきなりホワイトハウスにミサイル攻撃があって、アメリカ大統領が暗殺されてしまうというショッキングな冒頭。「See Scalar」という謎のメッセージ。そしてTangentという秘密機関のメンバーである主人公、トラヴィス・チェイスはパートナーのページ・キャンベル、それにベサニー・スチュワートと共に24時間という限られた時間の中で、謎を解かなければならない。というと「24時間」とか、思い出す人も多いでしょう。お約束のページターナー。冒頭はこんな感じ(こういうのは好きです)。

No one friendly had ever lived in the brick colonial house at the end of the cul-de-sac on Fairlane Court. Which was strange, considering how many different owners had come and gone since its construction, in 1954. Nearly twenty of them over the years. They’d all been polite enough: they’d all nodded hello when appropriate, and kept the yard meticulously neat, and never played their televisions or stereos loudly — if not at all. To a man and woman, the owners had all been in their thirties, single, with neither children nor pets. They had dressed conservatively and driven dark green or dark blue sedans.

They’d also never answered the doorbell, regardless of the time of day. They’d never hung up colored light for the holidays, or handed out candy to trick-or-treaters. Not one occupant of the house had ever invited a neighbor for dinner. And though the place seemed to change hands every two to three years, no one had ever seen a For Sale sign on the lawn, or found the address in a real-estate listing.

ページ: 1 2 3 4 5