第3回 単語の並び順と訳文のリズム

第3回の課題文はこの作品

Toast

Toast: The Story of a Boy’s Hunger
Nigel Slater

次回の課題文には、ナイジェル・スレイター(Nigel Slater, 1958-)の自伝的小説、Toast: The Story of a Boy’s Hunger の一節を取りあげました。

ナイジェル・スレイターは、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、イギリスの料理人で、テレビや雑誌で活躍しています。最近ではチョリソーの中身をほじくり出して、炒めものの調味料にする、などという料理を考案しています。

作家としてもなかなかのもので、レシピ本以外の代表作が、2003年に出版されたこの Toast です。スレイターさんのおかあさんは料理が下手で、凝ったものを作ろうとして、いつも失敗し、結局、夕食はトースト(それも黒焦げのやつ)だけ、ということが多かったそうで、それが題名になりました。ゲイの少年(スレイターさんはゲイです)の性の目覚めも淡々と描かれており、佳作だと思います。

取りあげた一節は、1958年生まれのスレイターさんが、初めてスパゲティを食べたときの話です。現在形で書かれていますが、普通の小説のように過去形で訳してもけっこうです。奮ってご応募ください。

課題文

 ‘We…are…going to have…spaghetti, no, SPAGHETTI…just try a bit of it. You don’t have to eat it if you DON’T LIKE it.’ Mum is yelling into Auntie Fanny’s ‘good’ ear. Quite why she thinks there is a good one and a bad one is a mystery. Everyone knows the old bat is deaf as a post in both.
 Neither Fanny nor Mum has eaten spaghetti before, and come to think of it neither have I. Dad is waiting for the water to boil on the Aga. The sauce is already warm, having been poured from its tin a good half-hour ago and is sitting on the cool plate of the Aga, giving just the occasional blip-blop.
 When the water finally boils my father shakes the strands of pasta out of the blue sugar paper that looks for all the world like a great long firework, and stands them in the bubbling water.

ページ: 1 2 3 4