第70回 “constitution”についてとハワイの所感

21.
ネットで目障りなやつを退ける一番の方法は? シカトすること。誰かと仲良くなるには? 褒めること。
「ぼくの知っている規則が一つだけあるんだ、いいかい――なんてったって、親切でなきゃいけないよ」

<コメント>「退ける」と「シカト」のバランスが少し悪いんですが、勢いを買いましょう。

22.
インターネット上で、敵を打ち負かす方法が何かって?
無視することですよ。 インターネット上で、友達を作る良い方法は?
相手のいいこと を言えばいい。
「私が知っているたった一つのルールはこれです:親切でいなさい。」

<コメント>「いいこと」はちょっと分かりにくいかな。コロンは縦書きを考えると避けたいんですが。

23.
インターネット上で嫌な人にであった時の一番いい対処法はなんだろう?無視することだ。では友達をつくるには?相手のいいところを書けばいい。
「相手を思いやること、これが僕が知るすべてのルールだよ」  

<コメント>まず疑問符のあとには全角スペースを。原文に比べるとやや饒舌気味なのが気になりますが、悪い訳文ではないと思います。最後の行は逆にしてほしかったかな。
<余談> はじめまして。がんばってください。続ければ少しずつうまくなるものです。

24.
インターネット上で、敵対する相手を負かすのに一番いい方法は? 無視することである。インターネット上で友達を作るのに一番いい方法は? その相手について良いことを言うことである。
『私が知っているルールはただ一つ。親切であれ、ということだ。』

<コメント>そつなくまとめた感じかなあ。「敵対する相手を負かす」が少しくどいかも。
<余談> ビーチきれいなんですよ。円高の頃はかなり安く行けたんですが。パンケーキの店も増えてますね。自分はホットケーキという方がしっくりきます。

25.
インターネット上での敵を打ち負かす最良の策は、相手にしないこと。インターネットを通じて友達をつくる最良の策は、相手を良く言うこと。
「ひとつだけ分かっていることがある。それは、優しさをもって接すること」

<コメント>「こと」をちょっと使いすぎてしまった感じがします。「最良の策」ってちょっと硬い気がするんですね。

26.
ネット攻撃に対抗する最善策は?相手にしなさんな。
ネット親友を見つける最上のコツは?相手を褒めてごらん。
「好意をもてば友情が生まれるでしょ」。

<コメント>うーん、工夫は分かるんですが、少しなれなれしいかなあ。「ネット親友」は「ネット攻撃」と揃えたかったんでしょうが、ちょっと違和感あり。対比を出そうという工夫はいいので、もう少しこなれた訳文に。

27.
インターネットであなたの敵を負かすための、まさにその方法とは? その敵を無視しなさい。
インターネットで友達をつくるための最も良い方法とは? その友達のことを良く言いなさい。
「それにはただ1つルールがあるが、私はそれを知っている。それはあなたが親切でなければならないということ。」

<コメント>make friendsだから友達のことだと時系列が狂っちゃうかな。「ただ一つルールがある」のではなくて、自分が知っているのは一つだけなんですね。全体的に饒舌すぎるので、もう少しコンサイスに。

28.
ネット上の厄介な相手に優位に立つ最善の方法とは?無視することだ。ネット上で友達になる1番の方法は?相手の喜ぶことを言うことだ。
「私の考えるルールはただ1つ。親切にしてあげることだ。」

<コメント>うーん、もう一工夫だったかなあ。「考える」だとちょっと違っちゃう感じ。「私の知っているルールは一つしかない」くらいかなあ。

29.
ネット上の敵に負けないためには、無視するのが一番さ。じゃあネット上で友達を作るにはどうすればいいかって?褒めるんだ。
「俺が知っているルールはただ一つだ。親切になれ。」

<コメント>疑問詞のあとにはスペースを。「親切になれ」はちょっと違和感があるかなあ。「親切にしろ」とか「親切にすることだ」とか。
<余談> 今年はここ数年の中で一番リラックスできた気がします。(単に景気が悪いともいう。)オーストラリアもいいみたいですね。ハワイはいろいろな人種がいる分だけ差別とか少ないのが好きなんです。

30.
ネット上であなたを謗る人々を打ち負かすための最良の方法は何でしょうか。それは彼らを相手にしないことです。ネット上で友達を作るための最良の方法は何でしょうか?それは彼らを誉めることです。
「私が知っているルールはただ一つしかありません。人は思いやりを持たなければなりません。」

<コメント>「謗る」は「そしる」と開いた方がいいですね。原文を考えるとやっぱり饒舌なんですね。いかに余分な言葉をそぎおとしていくかというのが課題かも知れません。
<余談> をを、おめでとうございます。やはり仕事でやるのと、勉強でやるのとでは大違いです。苦労も多いですが、頭にも入りますからがんばってね。ジュラシックパークが撮影されたのはオアフ島東海岸にあるクアロア・ランチ(牧場)です。今年、この少し南にある平等院までは行ったんですが、次回はチャンスがあれば行ってみようっと。

31.
インターネット上で敵を負かす一番良い方法は? 敵を無視すること。インターネット上で友達を作る一番良い方法は? その人たちが喜ぶことを言ってあげること。
「わかっている法則がひとつだけある ― 親切でなけりゃいけないということだ」

<コメント>二つ目の「敵を」はなくても良かったかな。ヴォネガットは「なければ」の方がしっくりくるかも知れません。(好みですが。)
<余談> なかなかよかったですよ。

32.
インターネット上で敵を打ち負かす最善の方法ですか。無視しましょう。 インターネット上で友人を作る最善の方法ですか。良い事を言ってあげましょう。
私が知っているルールは一つのみです。親切でいましょう。

<コメント>最後の部分だけヴォネガットの引用なので少しスタイルを変えても良かったかな。全体のトーンは落ち着いた感じでいいんですが、淡白な印象は受けますね。そのあたりが課題かも。
<余談> 最初は特にきちんと見直した方がいいですね。まあ、たいした問題じゃないといえばないんですが、やっぱりプロになるまではがんばりましょう。練習は裏切らないんですよ。

33.
ネット上で敵を打ち負かす一番の方法は?その人を無視すること。ネット上で友だちをつくる一番の方法は?その人を褒めること。
「私が知るルールはただ一つ、それは人に親切にするということ」  

<コメント>「その人」だったら「相手」かなあ。好みですけれども。ヴォネガットの引用にも「こと」を並べるとちょっと読みにくいかな。

34.
インターネット上で敵に勝つ最善の方法と言えば?無視することだ。では、インターネット上で友達をつくる最良の方法は?誉めることだ。
「知る限り1つのルールしかない。親切でなければならないのだ」。  

<コメント>地の文と引用のトーンを変えると良かったかな。「だ」を続けるとかなり強く響くんですね。語尾は意外に苦労するんですよ。
<余談> mixiとtwitterは実質引退状態ですね。FBのみを友人だけに公開しています。僕ぐらいの年齢になってくると、みんなかなり保守的になってくるので、話がかみ合わなかったりします。でも発信することが大切なんですね。

35.
インターネット上であなたの敵に対抗する最善の方法は?無視しなさい。友人を作る最善の方法は?褒めなさい。
「一つだけ分かるルールがある。親切であらねばならない。」  

<コメント>「最善の」だったら「一番の」という風にすると口調に合うかなあ。vanquishって少し硬い感じは確かに受けるんですが。最後の行は「一つだけ僕に分かる」みたいにするといいかも。

36.
ネット上で敵に打ち勝つ最良の方法は? 相手にしないこと。
ネット上で友達をつくる最良の方法は? 相手をほめること。
「私の知っている規則がひとつだけある。人には親切にしなければならない」  

<コメント>地の文と引用のトーンが違うのはいいですね。引用の最後は「ならないということだ」とかの方がベターかなあ。

37.
ネット上で相手を打ち負かすいい方法は? 無視せよ。ネット上で友達になるいい方法は? 優しい言葉をかけよ。「私が知る限り決まり事は1つだけ、人には親切にすることである」  

<コメント>「打ち負かす」でもいいんですが、もうちょっと工夫してもいいかなあ。「せよ」とか「かけよ」というのはちょっと表現として古い感じがするんですね。知る限りの後には読点があってもよかったかな。

38.
インターネットで、敵を叩き潰す一番いい方法は?そいつを無視することだ。では友だちを作るのに最良の方法は?気分のよくなることを言ってあげることだね。「友だちを作るには決まりが一つだけある。君がまず親切でなけりゃいけない、ということだ」  

<コメント>「叩き潰す」は少し強い感じがします。あとは引用部分が地の文と同じようにくだけすぎた口調になっているかなあ。一応書き物ですから、あまり口調がくだけすぎると読みにくくなります。

39.
インターネットでライバルに勝つ一番の方法は?無視すること。
インターネットで友達をつくる一番の方法は?ほめること。
「私が知っているルールはたった一つ。寛大になることだ。」  

<コメント>「こと」が多いかなあ。人生のアドバイスの割には、すこしぶっきらぼうな気がします。

40.
インターネット上で敵を打ち負かす最良の方法とは?無視すること。インターネット上で友達をつくる最良の方法とは?良いところを褒めること。
『私が知る限り唯一の法則とは、思いやりを持たなければダメだということ。』  

<コメント>丁寧に訳してはあるんですけど、そのまま訳すと冗漫になるんですね。そのあたりをどうコンパクトにするのかが問題。「知る限り唯一の法則」は違和感があります。
<余談> いらっしゃいませ。毎月しつこく出し続けるのが一番だと思います。

ページ: 1 2 3 4 5