セミナー&イベントSEMINAR&EVENT

情報を制するものがシゴトを制す。通訳翻訳業界のイベント、セミナー、開講講座等、業界最新情報を随時掲載。こまめにチェックして仕事に、勉強にお役立てください。

Sant Jordi 2017 『世界本の日』記念 第12回 絵本翻訳コンテスト

カタルーニャ語児童文学界の主要な作家を日本に紹介し、また、日本語への翻訳を奨励することを通じて、文化や世代間の交流を促進することを目的としたコンテスト。

主催:関西カタルーニャセンター
翻訳課題:『Una llegenda de Sant Jordi』(カタルーニャ語)を日本語に翻訳。希望者には、課題絵本と併せて、同絵本のスペイン語版テキストを送付。
応募方法:名前とふりがな、住所、電話番号、メールアドレスを記載のうえ、メールにて関西カタルーニャセンターに連絡。 折返し応募方法の詳細の案内が届く。       
参加費:4,500円(課題絵本1冊を含む)
応募締切: 2017年9月30日
受賞者発表: 2017年11月30日
授賞式:2017年12月(予定)

http://cckansai.com/evento-traduccion2017.html

第24回いたばし国際絵本翻訳大賞

「絵本のまち」板橋では、外国の文化に触れ国際理解を育むために絵本の翻訳作品を募集。課題絵本は英語とイタリア語の絵本。

主催:東京都板橋区(いたばしボローニャ子ども絵本館)
課題絵本:英語部門「The Journey」(作・絵Francesca Sanna)、イタリア語部門「SOGNI D'ORO POMODORO」(作Elisa Mazzoli、絵Cristina Petit)
参加申込締切日:2017年10月31日(火)必着
作品応募締切日:2017年11月30日(木)当日消印有効
審査員:【英語部門】三辺律子さん(英米文学翻訳家)、冨田麗子さん(翻訳家・絵本翻訳講師)、【イタリア語部門】関口英子さん(翻訳家)、赤塚きょう子さん(翻訳家)
賞:最優秀翻訳大賞(各部門1名)賞金15万円、優秀賞(各部門1名)賞金10万円、特別賞(各部門3名以内)賞金2万円
参加費:【英語部門】3,300円、【イタリア語部門】3,700円
参加申込方法:往復はがき又はメールにて申込(詳細は下記サイト参照
作品応募方法:A4用紙を使用して事務局に郵送。
詳細は課題絵本に同封する「応募要項」でご案内します。
入賞者発表:2018年2月下旬
表彰式:2018年8月予定

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/084/084989.html

デモクラシー・ナウ! 学生字幕翻訳コンテスト2017

学生向けの字幕翻訳コンテスト。課題はニューヨーク発信の報道番組「Democracy Now!」より。

課題動画:現代社会の問題に深く切り込む6つのトピックを用意。選択可能。
応募締め切り:2017年11月23日(木・祝)17:00
審査結果発表:2018年1月 
応募方法:受付の後、応募要領と提出用字幕シートを案内(詳細は下記サイト参照)

http://democracynow.jp/contest

2017年9月

9月25日(月)

白水社『チリ夜想曲』刊行並びに《ボラーニョ・コレクション》完結記念  小野正嗣さん、野谷文昭さんトークイベント

ラテンアメリカ文学の新たな旗手として国際的に名声を高めつつあった矢先、50歳の若さで没したチリの作家ロベルト・ボラーニョ(1953-2003)。全8巻のボラーニョ・コレクションの最終巻となる『チリ夜想曲』の刊行とコレクションの完結を記念し、訳者の野谷文昭さんと、巻末の解説を執筆いただいた作家・翻訳家の小野正嗣さんによるトークイベントを開催。

主催:紀伊國屋書店
日時:2017年9月25日(月)19:00~
場所:東京 紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
講師:野谷文昭(名古屋外国語大学外国語学部教授、東京大学名誉教授)、小野正嗣(作家、立教大学文学部文芸思想専修教授)
参加費:500円
申込方法:東京・紀伊國屋書店新宿本店レジカウンターで予約。電話予約も可能。詳細は下記サイト参照。

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20170906100004.html
9月27日(水)

紀伊國屋書店Kinoppy=光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Session #33 19世紀ロシア文学「語りの名手」ゴーゴリとチェーホフの魅力

光文社古典新訳文庫が紀伊國屋書店電子書店KINOPPYとコラボレーションして開催するReaders Club読書会(Reading Session)。第33弾はゴーゴリとチェーホフ。ゴーゴリとチェーホフの魅力、ひいてはチェーホフと映画監督小津安二郎との隠れた関係まで、両劇作家作品の訳者でもある浦雅春さんが語る。

主催:紀伊國屋書店
日時:2017年9月27日(水)18:30~
場所:東京 紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
講師:浦雅春(ロシア文学者)
参加費:無料
申込方法:東京・紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターで予約。電話予約も可能。詳細は下記サイト参照。

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20170903095045.html
9月29日(金)

やまねこ翻訳クラブ20周年記念 ないとうふみこさん×宮坂宏美さん×平野麻紗さんトークイベント~やまねこ翻訳クラブってなんだ?~

やまねこ翻訳クラブ20周年記念イベント。

日時:2017年9月29日(金)19:00~
場所:東京・丸の内 丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場
出演者:ないとうふみこ(翻訳家)、宮坂宏美(翻訳家)、平野麻紗(やまねこ翻訳クラブ スタッフ)
入場料/申込方法:丸善・丸の内本店3Fレジカウンターにて、9月中旬ごろ開始予定の「やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックフェア」より1冊書籍を購入すると整理券が配布される。電話予約可能。(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022929.html?shgcd=HB300
9月30日(土)

人文社会科学書の翻訳とグローバル化 条件と障害

ピエール・ブルデューが指摘したように、思想の国際的流通は、一連の社会的要因と仲介者の力に左右される。人文社会科学書の翻訳は、そこでどのようなメカニズムが働いているかを観察する格好の場となっている。いかなる要因が有利に作用し、あるいは障害となるのか。

主催:日仏会館フランス事務所
日時:2017年9月30日(土)18:30-20:30
場所:東京・恵比須 日仏会館フランス事務所 1階ホール
講演者:ジゼル・サピロ(フランス国立社会科学高等研究院)、【ディスカッサント】石田英敬(東京大学)
入場料:無料
申込方法:オンライン

http://www.mfj.gr.jp/agenda/2017/09/30/20170930_sapiro/index_ja.php
9月30日(土)

JATENT+TACセミナー 字幕・吹替の翻訳者がアツく語る。「ハウス・オブ・カード」の映像翻訳

アメリカ発の政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」の字幕・吹替を担当した翻訳者が、一般的な字吹のルールや両者の違い、各種ツールや辞書、お役立ちサイトなどを紹介。本編の具体的なシーンを取り上げ、昨今の字吹同時放送における作業の流れや処理の違いや苦労話を語る。

主催:日本翻訳者協会(JAT) JATENT(エンターテインメント翻訳分科会)、TAC(東京地区活動委員会)
日時:2017年9月30日(土)14:00~15:00、交流会17:00~19:00
場所:東京・五反田 清泉女子大学
講師:瀬尾友子(映像翻訳者)、高内朝子(映像翻訳者)
参加費:【事前購入】JAT会員1,000 円、非会員3,000円、【当日支払】JAT会員1,500 円、非会員3,500円/懇親会【事前購入】2,500円、【当日支払】3,000円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

https://jat.org/ja/events/event/tac-seminar-sept2017
9月30日(土)

特許翻訳セミナー~クレームの訳し方集中講義~

特許翻訳において、誤訳やスタイル逸脱が品質評価の上で大きなマイナスになるクレーム(特許請求の範囲)の訳し方のこつを学ぶセミナー。代表的な文体を例に訳文・解説を添えたレジメが配布され、欠陥の個所と訂正の仕方について検討していく。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2017年9月30日(土)13:00~17:00
場所:サン・フレア アカデミー教室
講師:岡田 信弘 氏
受講料:9,800円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=9864
9月30日(土)

土屋政雄氏 講演会「わたしの翻訳作法」

カズオ・イシグロの『忘れられた巨人』『日の名残り』『わたしを離さないで』やヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』、ヘミングウェイ『日はまた昇る』など、数多くの英米文学の翻訳を手がけてきた土屋政雄さんが、自らの翻訳手法について語る。

主催:株式会社アルク
日時:2017年9月30日(土)15:00~17:00(懇親会17:30~19:30)
場所:東京・神保町 東京堂ホール
出演者:土屋政雄(出版翻訳者)
参加費:1,500円(懇親会4,000円)
申込方法:(詳細は下記サイト参照)

http://peatix.com/event/292519

2017年10月

10月01日(日)

「『述語から読む・訳す』ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#7)

シンポジウム2016の「めだかの発表『訳例カード分け』」、レッスンシリーズ#4「訳出のバリエーション」、そしてシンポジウム2017の「述語から読む・訳す」。毎回好評な、高橋さきのさんによる「述語シリーズ」。今回、今までの総集編に新しい内容も加えた最新バージョンをお送りする。

主催:翻訳フォーラム
日時:2017年10月1日(日)13:15~16:45
場所:東京・池袋 IKE Biz(としま産業振興プラザ)
講師:高橋さきの(翻訳者)、深井裕美子(翻訳者、通訳者)
参加費:5,000円
参加方法:WEB申込(詳細は下記サイト参照)

http:/bit.ly/fhonyaku_Lesson7
10月03日(火) ~12月05日(火)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月3日(火)、11月7日(火)、12月5日(火)すべて10:00~11:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/921c213a-0dcb-3036-df48-59571c3f2625
10月05日(木)

第23回翻訳百景ミニイベント

文芸翻訳者・越前敏弥さん主催の不定期トークイベント。今回は、過去に実施した『メアリと魔女の花』と『世界文学大図鑑』のトークイベントを聞き逃した人のために、最後の機会として、ふたつまとめて開催(一方だけの参加も可)。『メアリと魔女の花』翻訳秘話は18:30~19:30、『世界文学大図鑑』翻訳秘話は19:40~20:40。

主催:オフィス翻訳百景
日時:2017年10月5日(木)18:30~20:40
場所:東京・表参道 東京ウィメンズプラザ
出演者:越前敏弥(文芸翻訳者)、ほか
参加費:1,000円(一方のみの場合は500円)
申込方法:E-mail申込(詳細は下記サイト参照)

http://techizen.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/23-d695.html
10月06日(金)

やまねこ翻訳クラブ20周年記念 西崎憲さん×田中亜希子さん×ないとうふみこさんトークイベント~西崎憲さんとやまねこたちの意外な関係~

やまねこ翻訳クラブ20周年記念イベント。

日時:2017年10月6日(金)19:00~
場所:東京・丸の内 丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場
出演者:西崎憲(翻訳家)、田中亜希子(翻訳家)、ないとうふみこ(翻訳家)
入場料/申込方法:丸善・丸の内本店3Fレジカウンターにて、9月中旬ごろ開始予定の「やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックフェア」より1冊書籍を購入すると整理券が配布される。電話予約可能。(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022932.html?shgcd=HB300
10月07日(土)

サン・フレア アカデミー「オープンスクール2017秋」

サン・フレア アカデミーでは、翻訳(学習)者を対象とした「オープンスクール」を年に2回実施。今回は、「プロの翻訳者になるための基礎固め」と題して、現役で活躍中の講師の講義を受けることができる。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2017年10月7日(土)
場所:サン・フレア アカデミー
受講料:1講座5,000円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?page_id=497
10月07日(土) ~12月02日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月7日(土)、11月4日(土)、12月2日(土)すべて12:30~14:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/798ca51a-8ba6-442f-6331-59571c82c682
10月07日(土) ~11月04日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月7日(土)、11月4日(土)すべて15:15~16:45
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員7,344円、一般8,640円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/5677e7de-2f7e-3a78-5436-59818842eec6
10月07日(土)

『解体新書』にかけた杉田玄白の熱情 小塚原の腑分けと『ターヘルアナトミア』翻訳現場の再現

杉田玄白没後200年、『ひらけ蘭学のとびら』(岩崎書店)出版記念トークイベント。蘭方医たちの青春群像を描いた歴史小説の背景を作家自らが語る。

主催:ジュンク堂書店池袋本店
日時:2017年10月7日(土)19:30~
場所:東京・池袋 ジュンク堂書店池袋本店
講師:鳴海風(小説家)
入場料:1,000円(ドリンク付き)
申込方法:店頭、電話(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000023035.html?shgcd=HB300
10月07日(土)

金原瑞人の絵本翻訳入門

翻訳とはどんな作業か? そのコツと心得とは? 今回は、まだ邦訳の出ていない絵本翻訳に挑戦。数多くの翻訳を手がけ高い評価を得ている金原瑞人さんとともに、絵本翻訳の魅力を味わう。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月7日(土)17:00~20:15
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:金原瑞人(翻訳家、法政大学教授)
受講料:会員6,480円、一般7,776円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/4f427d90-46e5-0bc3-0a52-59a3cb8d3a1b
10月08日(日)

翻訳者のためのマクロ勉強会「翻訳者のための秀丸エディタ&秀丸マクロ超活用術」

翻訳環境向上のために、秀丸エディタや秀丸マクロ、Word VBA、AutoHotkey等の研究を行う「翻訳者のためのマクロ勉強会」、通称「ほんまかい」。今回は、特許翻訳者で秀丸マクロに強い杉山範雄さんを招き、初歩から秀丸マクロを勉強する。

主催:翻訳者のためのマクロ勉強会(ほんまかい)
日時:2017年10月8日(日)9:30~16:30
場所:大阪 神大クラブ(大阪駅前第1ビル11階)
講師:杉山範雄(特許翻訳者)
会費:2,000円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://honmakai.com/events/108%E3%80%80%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%84
10月13日(金)

やまねこ翻訳クラブ20周年記念 金原瑞人さん×田中亜希子さん×宮坂宏美さんトークイベント~金原瑞人さんとやまねこたちの意外な関係~

やまねこ翻訳クラブ20周年記念イベント。

日時:2017年10月13日(金)19:00~
場所:東京・丸の内 丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場
出演者:金原瑞人(翻訳家)、田中亜希子(翻訳家)、宮坂宏美(翻訳家)
入場料/申込方法:丸善・丸の内本店3Fレジカウンターにて、9月中旬ごろ開始予定の「やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックフェア」より1冊書籍を購入すると整理券が配布される。電話予約可能。(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022933.html?shgcd=HB300
10月13日(金)

JTF翻訳セミナー(東京)「それぞれの翻訳品質 ~発注企業、翻訳会社、翻訳者の視点から~」

実務翻訳において「品質」が何であるかについてはさまざまな意見がある。近年欧米では「仕様を満たす程度」だという考え方が広まりつつある仕様とは、発注企業、翻訳会社、翻訳者といった関係者間で合意した内容や要件を指す。セミナーの第1部では、翻訳品質に関する業界動向を取り上げる。第2部では、まず発注企業、翻訳会社、翻訳者という3者の代表が品質に関する考え方を発表。次に、会場からの意見も受けつつパネル・ディスカッションを実施する。

主催:JTF翻訳セミナー企画運営委員会
日時:2017年10月13日(金)14:00~16:40、懇親会17:15~19:30(希望者のみ)
場所:東京・千代田区 明治薬科大学 剛堂会館
講演者:上田有佳子(ネットアップ株式会社 グローバリゼーション チーム リード)、高橋聡(個人翻訳者、JTF理事)、西野竜太郎(合同会社グローバリゼーションデザイン研究所 代表社員、JTF理事)、森口功造(株式会社川村インターナショナル 常務取締役)
入場料:JTF会員3,600円/非会員5,100円/学生2,600円、懇親会会費は4,500円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://www.jtf.jp/east_seminar/index_e.do?fn=search
10月14日(土) ~11月11日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、2回で完結する形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月14日(土)、11月11日(土)の2回。すべて13:30~15:00
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャー横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員6,912円、一般8,208円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/39a7cfdb-9474-2e56-c3ff-595f46bfeeeb
10月14日(土)

英文読解力強化セミナー2 ~正確に速く読む~

原文を正確に速く読むために、辞書をどう使うか、どう原文を整理するか、何をどこまで調べるかといったことを、事前課題を通じて解説をうけられる。「絵」やパラグラフリーディング、アウトライン等の考え方を紹介。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2017年10月14日(土)14:00~17:00
場所:サン・フレア アカデミー教室
講師:深井 裕美子 氏
受講料:9,800円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=9822
10月14日(土) ~12月09日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月14日(土)、11月11日(土)、12月9日(土)の3回。すべて15:15~16:45
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャー横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員10,368円、一般12,312円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/d62d7826-7993-82c1-e726-5962e014c28d
10月14日(土)

TRAC定例会「マイプロセス:私の翻訳・通訳のやり方」

翻訳・通訳を始めたばかりの人でも10年の経験がある人でも、仕事をする上で自分のスタイルやリズムがある。参加者が自分の翻訳・通訳プロセスをプレゼンし、互いに共有する。

主催:日本翻訳者協会(JAT)東北地区活動委員会(TRAC)
日時:2017年10月14日(土)13:00~16:30
場所:宮城県・仙台 東北大学片平キャンパス 会計大学院研究棟
参加費:JAT会員1,500円、非会員2,500円
申込方法:メール(詳細は下記サイト参照)

https://jat.org/ja/events/event/trac-meet-my-process-how-i-translate-or-interpret-sendai
10月20日(金)

第二回関東MT勉強会

機械翻訳(MT)に興味がある人なら誰でも参加できる勉強会。研究者以外の人も歓迎。テーマは「産業翻訳における機械翻訳有効案件の成立条件と翻訳工程」、「産業翻訳における機械翻訳有効案件の成立条件と翻訳工程」、「入力文への情報の付加によるNMTの出力文の変化についてのエラー分析」。

主催:関東MT勉強会
日時:2017年10月20日(金)16:00~18:00
場所:東京・三田 翻訳センター内会議室
発表者:河野弘毅 (ポストエディット東京)、賀沢秀人(Google)、山岸駿秀(首都大学東京)
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://sites.google.com/site/machinetranslationjp/kanto
10月21日(土)

ブックトークの会「クラブとのかかわり、児童書や翻訳のこと」

「やまねこ翻訳クラブ」20周年記念のトークイベント。やまねこ会員の翻訳家が翻訳のあれこれを語る。

主催:教文館
日時:2017年10月21日(土)14:00~15:00
場所:東京・銀座 教文館ナルニア国 ナルニアホール
講師:こだまともこ(英米文学翻訳家)、武富博子(英米文学翻訳家)、相良倫子さん(英米文学翻訳家)
会費:1,000円
申込方法:電話(詳細は下記サイト参照)

http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/e14b5e50
10月21日(土) ~12月16日(土)

児童文学翻訳入門

子どものころ読んだ本は、大人になってから読んだ本より、記憶に深く刻まれ、影響も大きい。そういった作品を訳して、ひとりでも「一生忘れられない本だ」と思ってもらえれば、訳者冥利に尽きる。そんな嬉しさを感じながら児童文学翻訳を学んでいく講座。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月21日(土)、11月18日(土)、12月16日(土)の3回。すべて15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:三辺律子(翻訳家)
受講料:会員11,340円、一般13,284円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/70789c3e-fe9e-df65-d706-596c624fa4e0
10月21日(土) ~12月16日(土)

絵本翻訳入門

翻訳は英文の字面(意味)だけ追わずに、その「意図」するところを拾い、さらにそれを「相手に伝わるように」伝える―――その力が一番試されるのは、文章量が少なく、相手が「子ども」である絵本かもしれない。難しい反面、うまく橋渡し役ができたときの喜びもひとしお。絵本翻訳、そしてその難しさと喜びを学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月21日(土)、11月18日(土)、12月16日(土)の3回。すべて17:30~19:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:三辺律子(翻訳家)
受講料:会員11,340円、一般13,284円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/30a5c7ec-162e-8096-ec00-596c620499fa
10月26日(木)

阿部公彦×都甲幸治 「大学の先生は、普段どうやって本を読んでいるのか」『名作をいじる』『今を生きる人のための世界文学案内』(立東舎)刊行記念

この秋、立東舎から2冊の文学に関わる本が出版される。1冊は、阿部公彦さんが考えた、新しい読書の本『名作をいじる「らくがき式」で読む最初の1ページ』。もう1冊は、翻訳家でもある都甲幸治さんの書評集『今を生きる人のための世界文学案内』。2冊の刊行を記念して対談を行う。

主催:本屋B&B
日時:2017年10月26日(木)19:00~21:00
場所:東京・下北沢 本屋B&B
出演者:阿部公彦(東京大学文学部准教授)、都甲幸治(翻訳家、早稲田大学文学学術院教授)
入場料:1,500円+500円(1ドリンク)
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://bookandbeer.com/event/20171026_abetoko
10月27日(金)

翻訳家 越前敏弥先生とダン・ブラウン「天使と悪魔」を読む

2018年春には新作「Origin」が翻訳刊行される予定のベストセラー作家、ダン・ブラウン。『ダ・ヴィンチ・コード』などで知られるラングドン教授シリーズの第1作『天使と悪魔』(原題 Angels & Demons)の原文と訳文例をもとにして、英文の深い読み取りや、わかりやすく力のある訳文作りについて、日本語版の翻訳を担当した翻訳者・越前敏弥さんと共に考える。

主催:梅田 蔦屋書店
日時:2017年10月27日(金)19:00~20:30
場所:大阪・梅田 梅田 蔦屋書店 貸し会議室Shimei
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
入場料:3,000円
申込方法:梅田 蔦屋書店オンラインショッピングまたは店頭(詳細は下記サイト参照)

http://real.tsite.jp/umeda/event/2017/08/post-355.html
10月28日(土)

翻訳百景

ダン・ブラウンの『インフェルノ』を訳した越前敏弥さんが、ふたつの言語、ふたつの文化のあいだを行き来する仕事の楽しさときびしさを、さまざまな実例をあげながら紹介する。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月28日(土)16:30~18:00
場所:大阪・中之島 中之島フェスティバルタワー(朝日カルチャー中之島教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,240円、一般3,672円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/a7f35cf6-8d67-6c5a-7780-5979b7ecf816
10月28日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。今回は、世界的ベストセラーであるダン・ブラウンのラングドンシリーズから、これまでの作品と、10月3日発売の最新作「Origin」を取り上げる。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月28日(土)13:00~16:00
場所:大阪・中之島 中之島フェスティバルタワー(朝日カルチャー中之島教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員8,640円、一般9,504円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/c439411d-726e-790d-918a-5979b30bbbaa
10月28日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、1回完結の形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年10月28日(土)10:30~12:00
場所:大阪・中之島 中之島フェスティバルタワー(朝日カルチャー中之島教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員4,320円、一般4,752円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/634f567b-d454-fce6-0df3-5979b7c8b70d
10月28日(土)

文学トーク「翻訳に遊ぶ」

バルガス=リョサ『緑の家』、ガルシア=マルケス『コレラの時代の愛』など、ラテンアメリカ、スペイン文学の名訳で知られる木村榮一さんが、翻訳の仕事を始めた頃のこと、現代文学の数々の傑作とどのように向き合ってきたのか、文学の魅力について語る。

主催:BOOKMARK NAGOYA
日時:2017年10月28日(土)16:30~
場所:愛知県・名古屋 シマウマ書房
出演者:木村榮一(ラテンアメリカ文学・スペイン文学翻訳者)
入場料:1,000円
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://bookmark-ngy.com/?p=1646
10月28日(土)

翻訳者のためのウィークエンドスキルアップ講座 第28回「翻訳の作法―会話文を訳す ~ 人物像を反映した訳をめざして―」

亀井よし子さんの「翻訳の作法」シリーズ第3弾。課題は、ボビー・アン・メイソンの掌編「Detroit Skyline, 1949」。登場人物をキャラ立ちさせるには、そのせりふをどう訳したらいいのか。実践形式で講義する。

主催:「洋書の森」(一般財団法人日本出版クラブ)
日時:2017年10月28日(土)15:00~17:00
場所:東京・牛込神楽坂 日本出版クラブ会館 セミナールーム
講師:亀井よし子(翻訳家)
参加費:2,100円、懇親会参加費3,200円
申込方法:メール申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.shuppan-club.jp/?page_id=35
10月29日(日)

日本メディア英語学会 第7回年次大会「メディア英語と現代政治」

日本メディア英語学会の年次大会。大会テーマは「メディア英語と現代政治」。ウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長の西山誠慈さんによる基調講演「トランプ大統領とメディア」のほか、関西大学外国語学部・大学院外国語教育学研究科教授の河原清志さんの研究発表「日本発行の英字新聞の社説における翻訳方略と情報操作性」などを予定。その他の研究発表は下記サイトを参照。

主催:一般社団法人日本メディア英語学会(JAMES)
日時:2017年10月29日(日)10:00~17:00
場所:京都 佛教大学 紫野キャンパス
出演者:西山誠慈(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版編集長)、ほか
入場料:日本メディア英語学会および提携学会の会員1,000 円/非会員2,000 円/学生1,000 円
申込方法:(詳細は下記サイト参照)

http://james.or.jp/taikai

2017年11月

11月01日(水)

ほんとうに新訳のほうがいいの? ~翻訳について考える

海外小説を紹介する『BOOKMARK』8号で新訳の特集を組んだ金原瑞人さん。ほんとうに新訳のほうがいいのか。翻訳について考える。

主催:教文館
日時:2017年11月1日(水)18:00~19:30
場所:東京・銀座 教文館6階 ナルニア国店内
講師:金原瑞人(法政大学教授・翻訳家)
会費:1,000円
申込方法:電話(電話予約受付開始9月22日(金)10:00から。詳細は下記サイト参照)

http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/db28cdbc
11月17日(金)

韓国の人気作家パク・ミンギュさん来日トークイベント

2003年、韓国の文壇に突如として舞い降りたパク・ミンギュさん。『三美スーパースターズ、最後のファンクラブ』(晶文社)の刊行にあわせて来日されるパク・ミンギュさんと翻訳者の斎藤真理子さん、吉原育子さんを招き、トークイベントを開催する。

共催:韓国文学翻訳院、クオン、クレイン、晶文社、白水社
日時:2017年11月17日(金)19:00~20:30
場所:東京・神保町 文化産業信用組合101ビル会議室
出演者:パク・ミンギュ(作家)、斎藤真理子(翻訳家)、吉原育子(翻訳家)
参加費:無料
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://www.chekccori.tokyo/news/park
11月19日(日)

韓国の人気作家パク・ミンギュさんがやって来る!

2003年、韓国の文壇に突如として舞い降りたパク・ミンギュさん。『三美スーパースターズ、最後のファンクラブ』(晶文社)の刊行にあわせて来日するパク・ミンギュさんと翻訳者の斎藤真理子さんを招き、トークイベントを開催する。

共催:韓国文学翻訳院、晶文社
日時:2017年11月19日(日)15:00~
場所:京都 COTTAGE
出演者:パク・ミンギュ(作家)、斎藤真理子(翻訳家)
参加費:無料
申込方法:恵文社店頭、オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://www.cottage-keibunsha.com/events/20171119
11月25日(土)

第1回 映像翻訳フォーラムin大阪 『脱東京!宣言』

映像翻訳を手がけるワイズ・インフィニティの年次イベントが、関西で初の開催。東京以外の地でも活躍できる秘訣についての対談と、映像翻訳の様々な働き方に関するパネルディスカッション、ミニ交流会を予定。

主催:株式会社ワイズ・インフィニティ
日時:2017年11月25日(土)13:00~17:00
場所:大阪市立社会福祉センター 第1会議室
登壇者:下記サイト参照
参加料金:4500円(9月末までの申し込みは4000円)
申込方法:ウェブ申込、詳細は下記サイト参照。

https://www.wiseinfinity-school.com/forum/index.html
11月28日(火)

JATPATENT SIGの2017年秋の勉強会・交流

日本翻訳者協会(JAT)の「JATPATENT(特許翻訳分科会)」の秋の勉強会・交流会。①特許庁見学、②ミニセミナー、③交流会の3部構成。どれか1つだけの参加でも、①~③すべてに参加してもOK。

主催:日本翻訳者協会(JAT) JATPATENT(特許翻訳分科会)
日時:2017年11月28日(火)①15:00~17:00、②17:00~19:00、③19:00~21:00
場所:①~③によって異なる
講師:②スピーカー/木本大介(弁理士、グローバル・アイピー東京特許業務法人勤務)
参加費:①無料、② JAT会員1,800円・JAT非会員2,300円、③5,000円
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://jat.org/ja/events/event/jatpatent-fall-2017-event

2017年12月

12月02日(土)

翻訳百景 英語と日本語のはざまで

ダン・ブラウンの『インフェルノ』やエラリー・クイーンなどを訳した文芸翻訳者・越前敏弥さんが、ふたつの言語、ふたつの文化のあいだを行き来する仕事の楽しさときびしさを、さまざまな実例をあげながら紹介する。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年12月2日(土)15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,672円、一般4,320円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/6851d318-5de8-5c3a-bd85-59818fc2b0f0
12月09日(土)

翻訳百景 英語と日本語のはざまで

ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』や『インフェルノ』を訳した越前敏弥さんが、ふたつの言語、ふたつの文化のあいだを行き来する仕事の楽しさときびしさを、さまざまな実例をあげながら紹介する。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年12月9日(土)13:30~15:00
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャー横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,456円、一般4,104円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/2bb029fd-ea06-adbe-26ee-595f4501cb10