セミナー&イベントSEMINAR&EVENT

情報を制するものがシゴトを制す。通訳翻訳業界のイベント、セミナー、開講講座等、業界最新情報を随時掲載。こまめにチェックして仕事に、勉強にお役立てください。

2017年4月

4月01日(土) ~6月03日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年4月1日(土)、5月6日(土)、6月3日(土)の3回。すべて12:30~14:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/743ed28b-e9e9-3ec7-422d-58897677617d
4月01日(土) ~5月06日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、2回で完結する形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年4月1日(土)、5月6日(土)の2回。すべて15:15~16:45
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員7,344円、一般8,640円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/deea8cc0-2d62-8121-8e36-58899f9bb850
4月04日(火) ~6月06日(火)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年4月4日(火)、5月2日(火)、6月6日(火)の3回。すべて10:00~11:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/77da102c-e62e-7f67-057f-5889a0584760
4月10日(月) ~6月12日(月)

YA文学翻訳 楽しく訳すために

児童書やYA(ヤングアダルト)分野で活躍する翻訳家・代田亜香子さんによるYA文学の翻訳講座。古典の『あしながおじさん』とメグ・キャボットの新作を訳す。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年4月10日(月)、5月8日(月)、6月12日(月)19:40~21:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:代田亜香子(翻訳家)
受講料:会員11,340円、一般13,284円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/dff35a0b-fd54-138e-4c67-5881ab2b830a
4月12日(水) ~6月14日(水)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年4月12日(水)、5月10日(水)、6月14日(水)の3回。すべて19:40~21:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/38f7b428-51dc-26d1-da3f-5889cf7b7b29
4月15日(土) ~6月17日(土)

絵本翻訳入門

翻訳は英文の字面(意味)だけ追わずに、その「意図」するところを拾い、さらにそれを「相手に伝わるように」伝える―――その力が一番試されるのは、文章量が少なく、相手が「子ども」である絵本かもしれない。難しい反面、うまく橋渡し役ができたときの喜びもひとしお。絵本翻訳、そしてその難しさと喜びを学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年4月15日(土)、5月20日(土)、6月17日(土)の3回。すべて17:30~19:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:三辺律子(翻訳家)
受講料:会員11,340円、一般13,284円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/54e4e6a0-1b0a-ff45-e8f7-588c317bfe33
4月15日(土) ~6月17日(土)

児童文学翻訳入門

子どものころ読んだ本は、大人になってから読んだ本より、記憶に深く刻まれ、影響も大きい。そういった作品を訳して、ひとりでも「一生忘れられない本だ」と思ってもらえれば、訳者冥利に尽きる。そんな嬉しさを感じながら児童文学翻訳を学んでいく講座。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年4月15日(土)、5月20日(土)、6月17日(土)の3回。すべて15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:三辺律子(翻訳家)
受講料:会員11,340円、一般13,284円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/24bb819d-fd88-c1dc-8743-588c31cebb2f
4月27日(木)

第22回翻訳百景ミニイベント

文芸翻訳者・越前敏弥さん主催の不定期トークイベント。今回は、4月に出る越前さんの新刊訳書2冊と、まもなくクラウドファンディングがはじまる『読書探偵作文コンクール優秀作品集』(仮題)の担当編集者を招き、翻訳出版の現在についてさまざまな角度からトークする。

主催:オフィス翻訳百景
日時:2017年4月27日(木)19:00~20:30
場所:東京・表参道 東京ウィメンズプラザ
出演者:樋口真理(三省堂、『世界文学大図鑑』担当)、小野寺志穂(ハーパーコリンズ・ジャパン、『おやすみ、リリー』担当)、古賀一孝さん(サウザンブックス、翻訳書クラウドファンディング担当)、鹿児島有里さん(フリー編集者、『読書探偵作文コンクール優秀作品集』担当)、越前敏弥(文芸翻訳者)
参加費:500円
申込方法:E-mail申込(詳細は下記サイト参照)

http://techizen.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/22-3a08.html
4月28日(金)

芹澤恵×山崎まどか 「ちやほやされたいタイプ? 愛に突っ走りたいタイプ?」 『不機嫌な女たち』(白水社)刊行記念

マンスフィールドの日本オリジナル短篇集『不機嫌な女たち』。その刊行を記念して、訳者の芹澤恵さんとゲストのコラムニスト・山崎まどかさんがマンスフィールドの描く世界について語る。

主催:本屋B&B
日時:2017年4月28日(土)20:00~22:00
場所:東京・下北沢 本屋B&B
出演者:芹澤恵(英米文学翻訳家)、山崎まどか(コラムニスト、翻訳家)
入場料:1,500円+500円(1ドリンク)
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

http://bookandbeer.com/event/20170428_mansfield
4月28日(金)

『文芸翻訳入門』(フィルムアート社)刊行記念トークイベント

『文芸翻訳入門 言葉を紡ぎ直す人たち、世界を紡ぎ直す言葉たち』の発売を記念して、関西在住の執筆者である藤井光さん、谷崎由依さん、宮下遼さんが文芸翻訳について縦横無尽に語る。

主催:フィルム・アート社
日時:2017年4月28日(金)20:00~22:00
場所:京都・上京区 モンターグ・ブックセラーズ
ゲスト:藤井光(英文学者、同志社大学文学部英文学科准教授)、谷崎由依(小説家、翻訳家、近畿大学講師)、宮下遼(トルコ文学、大阪大学言語文化研究科助教)
参加費:1,000円または書籍付き2,500円(『文芸翻訳入門』税込1,944円付き)
申込方法:ウェブまたはメール(詳細は下記サイト参照)

http://montagbooksellers.com/news/bungeihonyaku

2017年5月

5月13日(土)

これが翻訳家の条件だ 西崎憲と三辺律子はこう考える

朝日カルチャーセンターで翻訳講座を担当している西崎憲さんと三辺律子さんが、翻訳家に必要な「条件」を考える。具体的には、ふたりが翻訳者を目指した理由や、デビューしたきっかけ、翻訳の企画の通し方、実際の翻訳作業(英語)などを通して、上記のテーマに近づいていく予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年5月13日(土)15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:西崎憲(翻訳家)、三辺律子(翻訳家)
受講料:会員3,672円、一般4,320円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/8641aaaf-0fb5-7df8-938b-588c2ee12a92
5月13日(土) ~6月10日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年5月13日(土)、5月27日(土)、6月10日(土)の3回。すべて15:15~16:45
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャー横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員10,368円、一般12,312円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/b0053bc0-336a-e060-dc1e-5885ccc8b97b
5月13日(土) ~5月27日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、2回で完結する形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年5月13日(土)、5月27日(土)の2回。すべて13:30~15:00
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャー横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員6,912円、一般8,208円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/17c4fc5b-ceeb-ac86-7904-5885d5fa01dc
5月13日(土)

鈴木立哉「経済英語の読み方」

金融翻訳を専門とする鈴木立哉さんが、自著『金融英語の基礎と応用』の内容を土台に、自身が実際に訳した文章などの解説を交えながら、「生きた金融英語」を使いこなすために必要な知識について語る。

主催:日本会議通訳者協会(JACI)
日時:2017年5月13日(土)16:00~17:30
場所:東京・渋谷 ハロー貸会議室渋谷III3階 RoomA
出演者:鈴木立哉(金融翻訳者)
参加費:JACI会員1,000円/一般3,000円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.japan-interpreters.org/news/20170513-tatsuya-suzuki
5月20日(土)

対談 作者と訳者

作家の角田光代さんと翻訳家の代田亜香子さんが、子どもの頃に好きだった作品から、現在取り組んでいる仕事の楽しみや苦しみ、そしてお互いへの質問に答えつつ、作者と訳者それぞれの視点を語り合う。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年5月20日(土)13:00~14:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:角田光代(作家)、代田亜香子(翻訳家)
受講料:会員3,672円、一般4,320円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/18188186-6ab6-1b52-5adb-588f302af269
5月21日(日)

翻訳フォーラム シンポジウム2017 ~直訳と意訳の間で~ & 大オフ2017

毎年恒例の翻訳フォーラム主催シンポジウム。今年のテーマは「直訳と医薬の間で」。どこまで原文に沿い、どれくらい離れるのが正解なのか。そもそも正解はあるのか。さまざまな角度から取り上げる。主なセッションタイトルは、「翻訳の変遷」、「直訳とは、意訳とは」、「今日から使える最新辞書ブラウザ事情」、「述語から読む・訳す」、「アウトラインで英文を正確に速く読む」など。シンポジウム後には、さまざまな専門分野、経験、年代、地域の方々が一堂に会する大きなオフ会「大オフ」を開催。

主催:翻訳フォーラム
日時:2017年5月21日(日)シンポジウム11:00~17:00、大オフ18:30~20:30
場所:【シンポジウム】東京・茗荷谷/護国寺 お茶の水女子大学 共通講義棟2号館、【大オフ】東京・池袋 グレース・バリ
登壇者:高橋さきの(翻訳者)、深井裕美子(翻訳・通訳者)、井口耕二(翻訳者)、高橋聡(IT翻訳者)、ほか
参加料:【シンポジウム】5,000円、【大オフ】6,500円
申込方法:WEB申込(詳細は下記サイト参照)

http://bit.ly/FHonyakuSymposium2017
5月21日(日)

名古屋翻訳者勉強会 第7回勉強会「自分の翻訳プロセスを振り返ろう」

名古屋近郊の翻訳者が中心となって、翻訳についての知識を深めるための勉強会を開催。今回のテーマは、「自分の翻訳プロセスを振り返ろう」。事前準備としてそれぞれ自分の翻訳作業を棚卸しし、 当日は、その結果をざっくばらんに共有しながら、お互いに学び合う。

主催:名古屋翻訳者勉強会
日時:2017年5月21日(日)13:00~16:00(終了後、懇親会を予定)
場所:愛知県・名古屋 イーブルなごや 第3研修室
受講料:参加人数確定後個別にお知らせ、当日集金
申込方法:名古屋翻訳者勉強会にメール(詳細は下記サイト参照)

http://ngobenkyokai.wixsite.com/home/next
5月22日(月)

2017年JTF翻訳品質セミナー 第1回「誰も教えてくれない翻訳チェック~翻訳者にとっての翻訳チェックを考える~」

「JTF翻訳品質セミナー」は、翻訳の品質を真剣に考え、その向上に実践的に取り組む方のための講座。各回のみの参加も可能。第1回のテーマは、翻訳チェック。講師が、自身の翻訳者経験をベースに構築した翻訳チェック体系を、「翻訳者が行うべき翻訳チェックの基礎」として提案する。具体的には、完成した翻訳物に対して実施すべきチェック項目とその考え方、また、それらのチェック項目を実施する順序(チェックフロー)を理由とともに紹介する。

主催:一般社団法人日本翻訳連盟(JTF) 翻訳品質委員会
日時:2017年5月22日(月)10:00~12:00
場所:東京・千代田区 明治薬科大学 剛堂会館
講師:齊藤貴昭(JTF理事、個人翻訳者、翻訳コーディネーター)
参加費:JTF会員3,600円/JTF非会員5,100円/学生2,600円
参加方法:参加申込書をメール送信(詳細は下記サイト参照)

http://www.jtf.jp/jp/style_guide/styleguide_seminar.html#seminar_1
5月22日(月)

2017年JTF翻訳品質セミナー 第2回「文書作成における接続詞の役割 ~接続詞を使うと文書は論理的になるのか~」

「JTF翻訳品質セミナー」は、翻訳の品質を真剣に考え、その向上に実践的に取り組む方のための講座。各回のみの参加も可能。第2回のテーマは、日本語の接続詞。接続詞を使用する際の「勘どころ」について、言語研究者の石黒圭さんが解説する。

主催:一般社団法人日本翻訳連盟(JTF) 翻訳品質委員会
日時:2017年5月22日(月)13:30~15:30
場所:東京・千代田区 明治薬科大学 剛堂会館
講師:石黒 圭(国立国語研究所研究系日本語教育研究領域代表・教授、一橋大学大学院言語社会研究科連携教授)
参加費:JTF会員3,600円/JTF非会員5,100円/学生2,600円
参加方法:参加申込書をメール送信(詳細は下記サイト参照)

http://www.jtf.jp/jp/style_guide/styleguide_seminar.html#seminar_2
5月26日(金)

2017年JTF翻訳品質セミナー 第3回「論理的で翻訳しやすい日本語を書く」

「JTF翻訳品質セミナー」は、翻訳の品質を真剣に考え、その向上に実践的に取り組む方のための講座。各回のみの参加も可能。第3回のテーマは、論理的で翻訳しやすい日本語。簡潔で平明な日本文を書けるようになるために、日本文から英文など多言語への翻訳もスムーズになるために、そして、翻訳後の成果物の品質も向上できるようになるために、「国際共通語」としての日本語を検討する。

主催:一般社団法人日本翻訳連盟(JTF) 翻訳品質委員会
日時:2017年5月26日(金)10:00~12:00
場所:東京・千代田区 明治薬科大学 剛堂会館
講師:中村哲三(テクニカルコミュニケーター協会 理事 人材育成部会、tcworld TCTrainNet Certified Trainer)
参加費:JTF会員3,600円/JTF非会員5,100円/学生2,600円
参加方法:参加申込書をメール送信(詳細は下記サイト参照)

http://www.jtf.jp/jp/style_guide/styleguide_seminar.html#seminar_3
5月27日(土)

TACセミナー 守沢良氏『句読点の打ち方 ──本多読本の「思想のテン」をめぐって』

句読点の打ち方の源流となっている『日本語の作文技術』(本田勝一著)。実際の文章を書くときには、この本の2大原則を踏まえた上で、それ以外の読点を打つ必要がある。その方法を解説する。

主催:日本翻訳者協会(JAT)
日時:2017年5月27日(土)14:00~17:00、交流会17:00~19:00
場所:東京・東五反田 清泉女子大学230号室
講師:守沢良(フリーランスの編集者兼ライター)
参加費:【事前購入】JAT会員1,000円/非会員3,000円、【当日支払】JAT会員1,500円/非会員3,500円、【交流会参加費・事前購入】JAT会員/非会員2,500円、【交流会参加費・当日支払い】JAT会員/非会員3,000円
申込方法:下記サイト参照

https://jat.org/ja/events/event/may-20-tac-seminar
5月27日(土)

【代官山えほんのはなし】 小宮由(翻訳家)×鈴木潤(子どもの本専門店「メリーゴーランド京都」店長) トーク&サイン会 「ぼくと絵本・わたしと絵本」

『モミの木』をはじめ多数の児童書、絵本の翻訳家として活躍している小宮由さんと、昨年に初の著書、『絵本といっしょにまっすぐまっすぐ』を上梓した、子どもの本専門店「メリーゴーランド京都」の店長である鈴木潤さんを迎え、トークイベントを開催。

主催:代官山 蔦屋書店
日時:2017年5月27日(土)19:00~
場所:東京・代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
出演者:小宮由(翻訳家)、鈴木潤(子どもの本専門店メリーゴーランド京都店長)
参加費:1,500円
申込方法:店頭、電話、オンラインストア(詳細は下記サイト参照)

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/04/post-308.html
5月31日(水)

翻訳者登録制度立上げ記念説明会(東京)

日本規格協会は、専門的力量を有する翻訳者を第三者の立場から評価・登録する資格制度「翻訳者登録制度」を2017年4月1日より開始。本制度開始に併せ、説明会を開催する。

共催:一般財団法人日本規格協会(JSA)、一般社団法人日本翻訳連盟(JTF)、特定非営利活動法人日本知的財産翻訳協会(NIPTA)
日時:2017年5月31日(水)13:30~16:10
場所:東京・品川 品川区立総合区民会館(きゅりあん)8F大ホール
出演者:東 郁男(一般社団法人日本翻訳連盟 会長、株式会社翻訳センター 代表取締役社長)、浜口宗武(特定非営利活動法人日本知的財産翻訳協会 常務理事・事務局長、株式会社知財コーポレーション 代表取締役 会長)、森口功造(株式会社川村インターナショナル 取締役)、一般財団法人日本規格協会翻訳者評価登録センター
入場料:無料
申込方法:FAXまたはE-mail(詳細は下記サイト参照)

http://www.jsa.or.jp/guide/rcct/rcct-info.html?id=170310-2

2017年6月

6月03日(土)

翻訳百景 英語と日本語のはざまで

ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』や『インフェルノ』を訳した越前敏弥さんが、ふたつの言語、ふたつの文化のあいだを行き来する仕事の楽しさときびしさを、さまざまな実例をあげながら紹介する。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年6月3日(土)15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,672円、一般4,320円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/e1dad056-055d-e05b-9f27-588c48ff7b52
6月10日(土)

対談 翻訳家と編集者のしごと

ドイツ文学翻訳家の酒寄進一さんと「ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーの専門出版」である東京創元社の編集者である佐々木日向子さんが、翻訳出版の舞台裏を明かす。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年6月10日(土)13:00~14:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:酒寄進一(ドイツ文学翻訳家)、佐々木日向子(東京創元社編集者)
受講料:会員3,672円、一般4,320円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/b750c36e-7027-a8fb-888f-588f2ce2fcce
6月24日(土)

JAT通常総会・基調講演会・懇親会

日本翻訳者協会(JAT)の通常総会。総会の前に非会員も参加できる基調講演とパネルディスカッションを開催。基調講演は、齊藤貴昭さんによる翻訳の品質管理に関するプレゼンテーション。パネルディスカッションのテーマは「機械翻訳」。

主催:日本翻訳者協会(JAT)
日時:2017年6月24日(土)9:30~16:30、懇親会17:30~19:30
場所:東京・代々木 国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 国際会議室
講師:齊藤貴昭(翻訳コーディネーター・社内翻訳者、日本翻訳連盟理事)、隅田英一郎([国研]情報通信研究機構[NICT]フェロー、先進的音声翻訳研究開発推進センター副センター長、JTF理事、アジア太平洋機械翻訳協会[AAMT]理事)、河野弘毅(ポストエディット東京代表、日本翻訳連盟機関誌「JTFジャーナル」編集長)、トム・ガリー(東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授)、マシュウ・ヒートン(TBSJ設立者兼最高経営責任者)
入場料:JAT会員3,000円(5/22以降3,500円)/非会員4,000円(5/22以降4,500円)、懇親会3,500円
申込方法:WEB申込(詳細は下記サイト参照)

https://jat.org/ja/events/event/jat-all-day-ordinary-general-meeting

2017年7月

7月15日(土)

第12回映像翻訳フォーラム「今年、ファンからプロになる」

映像翻訳を手がけるワイズ・インフィニティ主催の年次イベント。今年のテーマは「今年、ファンからプロになる」。

主催:株式会社ワイズ・インフィニティ
日時:2017年7月15日(土)タイムテーブル未定
場所:東京・渋谷 東京ウィメンズプラザ
出演者:未定
入場料:未定
申込方法:未定

https://www.wiseinfinity-school.com/forum/index.html
7月29日(土) ~7月30日(日)

真夏の通訳合宿

日本会議通訳者協会と東京外国語大学通訳研究会がタッグを組んで、学生から現役通訳者まで楽しんで学べる通訳合宿を開催。

主催:日本会議通訳者協会(JACI)、東京外国語大学通訳研究会
日時:2017年7月29日(土)~7月30日(日)
場所:神奈川県・箱根 温泉旅館 玉の湯
参加費:JACI会員1万6,000円/学生1万6,000円/一般1万8,000円
申込方法:WEB申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.japan-interpreters.org/news/summer-camp-2017

2017年8月

8月26日(土)

日本通訳フォーラム2017

「通訳者による、通訳者のための団体」として昨年設立された日本会議通訳者協会が主催する日本通訳フォーラム。今年は基調講演に、自身も同時通訳者であり、日本において通訳研究を語るうえで決して無視できない実績を持つ鳥飼玖美子さんが登壇。そのほか8つのセッションを用意。

主催:日本会議通訳者協会(JACI)
日時:2017年8月26日(土)9:30~18:45(終了後19:00から懇親会あり)
場所:東京
登壇者:鳥飼玖美子(立教大学名誉教授)、ほか
料金:JACI会員3,500円、一般8,000円(早割あり)
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

http://www.japan-interpreters.org/news/forum2017-program