セミナー&イベントSEMINAR&EVENT

情報を制するものがシゴトを制す。通訳翻訳業界のイベント、セミナー、開講講座等、業界最新情報を随時掲載。こまめにチェックして仕事に、勉強にお役立てください。

映画字幕ワークショップ2018 トライアルコース

京都ヒストリカ国際映画祭と共同で、映画祭で上映される長編映画の字幕翻訳者を募集。課題映像(30分程度)に字幕翻訳ソフト(バベル/SST)を用いて字幕制作し、ワークショップ講師のホワイトラインが審査・フィードバックを行う。

主催:京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP)、京都府、公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会
日時:2月6日(火)1次審査 申込締切日(書類選考、2月6日必着)。そのほかの日程は下記URLのWebサイトを参照
講師:設楽 光明 氏(ホワイトライン ディレクター)、岩橋 悟志 氏(ホワイトライン 字幕ディレクター)
詳細・応募方法など:下記Webサイトを参照

http://crossmedia.kyoto/seminar_event/2018trial

第4回 MANGA翻訳コンテスト【日→英】

日本が大好きな外国人のはじめての初詣での会話の一場面を英訳して、参加者によるレーティング(人気投票)で訳文の順位を決定。 アメリア会員以外の方もお試し会員登録(無料)することで参加でき、上位入賞者にはプレゼントを進呈。 さらにお試し会員から正規に入会すると、通常5,000円(税抜)の入会金が0円に。

主催:アメリア事務局
応募期間:2017年12月14日(木)~2018年1月11日(木)
レーティング審査期間:2018年1月12日(金)~2018年2月1日(木)
詳細・応募方法など:下記Webサイト参照

http://www.amelia.ne.jp/user/contest/web.do?eventNo=C00011223

2018年1月

1月06日(土) ~2月06日(火)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを1回完結の形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月6日(土)、2月3日(土)すべて15:15~16:45
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャーセンター新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員7,344円、一般8,640円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/7ad9ab32-78a1-f0a8-02cf-59f020796f8d
1月06日(土) ~3月03日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月6日(土)、2月3日(土)、3月3日(土)すべて12:30~14:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャーセンター新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/df160d0d-9f83-ec81-b5a3-59fa9af07322
1月09日(火) ~3月06日(火)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月9日(火)、2月6日(火)、3月6日(火)すべて10:00~11:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャーセンター新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/673eabb5-34ae-75d8-74de-59e46c6bfc84
1月12日(金) ~2月17日(土)

【関西】通訳案内士1次試験 必勝セミナー(受験説明会)

今年、通訳案内士法が改正され、通訳案内士を取り巻く状況は大きく変化する。それを踏まえ、法改正に寄る影響、これからのインバウンド業界の動向、新たに追加される試験科目、合格に向けたプロセス、True Japan Schoolの試験対策講座の案内までを解説。

主催:True Japan School大阪校(NPO日本文化体験交流塾 IJCEE)
日程:2018年 1月12日、1月13日、1月27日、2月2日、2月3日、2月16日、2月17日 ※各回の時間は下記のWebサイトを参照(各回、内容は同じです)
会場:TJSchool大阪校 〒550-0014 大阪市西区北堀江1-1-24 四ツ橋近商ビル6A
スピーカー:上原護(関西支部長)、米原大介(関西支部事務局長)
受講料:はじめての方・・・1,000円、TJSの受講生(過去に受講の者含む)・・・無料
詳細・お申し込み:下記のWebサイトより(合わせて、東京本校のセミナーも受付け中)

https://www.truejapanschool.jp/licensed-guide/preparation-seminar/1st/
1月13日(土) ~2月10日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、2回で完結する形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月13日(土)、2月10日(土)の2回。すべて13:30~15:00
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャーセンター横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員6,912円、一般8,208円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/edd18c3a-afa8-2b70-0bab-59df23065b79
1月13日(土) ~3月10日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月13日(土)、2月10日(土)、3月10日(土)の3回。すべて15:15~16:45
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャーセンター横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員10,368円、一般12,312円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/561ce7e2-2700-c0f9-8ca5-59df227302be
1月20日(土)

中日翻訳実務セミナー ~ TQEから現場まで ~

語学を学習する人には文系の人が多いが、実務では科学技術系の案件が圧倒的に多いのも事実。そこで、翻訳実務検定「TQE」の過去問題の中から需要の多い「法律」と「電気」の分野を選んで実務に近い形で翻訳に取り組むセミナーを開催。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2018年1月20日(土)13:00~17:00
場所:サン・フレア アカデミー 教室
講師:鴨志田 晃実 氏
受講料:9,800円(税込)
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=10293
1月20日(土) ~3月17日(土)

絵本翻訳入門

翻訳は英文の字面(意味)だけ追わずに、その「意図」するところを拾い、さらにそれを「相手に伝わるように」伝える―――その力が一番試されるのは、文章量が少なく、相手が「子ども」である絵本かもしれない。難しい反面、うまく橋渡し役ができたときの喜びもひとしお。絵本翻訳、そしてその難しさと喜びを学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月20日(土)、2月17日(土)、3月17日(土)の3回。すべて17:30~19:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャーセンター新宿教室)
講師:三辺律子(英米文学翻訳家)
受講料:会員11,340円、一般13,284円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/60ad4ec6-dab0-7774-0f30-59f15ec21509
1月20日(土) ~3月17日(土)

児童文学翻訳入門

子どものころ読んだ本は、大人になってから読んだ本より、記憶に深く刻まれ、影響も大きい。そういった作品を訳して、ひとりでも「一生忘れられない本だ」と思ってもらえれば、訳者冥利に尽きる。そんな嬉しさを感じながら児童文学翻訳を学んでいく講座。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月20日(土)、2月17日(土)、3月17日(土)の3回。すべて15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャーセンター新宿教室)
講師:三辺律子(英米文学翻訳家)
受講料:会員11,340円、一般13,284円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/7578bee2-c5ec-1724-a7d1-59f15f15ab7d
1月20日(土)

第13回西日本医学英語勉強会「ジュリア先生と学ぶ医療通訳 No.1~循環器~」

医薬翻訳者が世話人を務め、医学に関する語学力の向上とともに、医学の基礎知識構築を目指す「西日本医学英語勉強会」の勉強会。今回は、医薬翻訳者にとっても需要の多い「循環器」をトピックに選択。医療通訳教育の第一人者ジュリア・クネゼヴィッチ氏のオリジナル・スクリプトを使用する。問診票からスタートする日本や海外の現場を再現したロールプレイを中心に進める参加型のワークショップ。

主催:西日本医学英語勉強会
日時:2018年1月20日(土)14:00~17:00
場所:広島県・広島市 JMSアステールプラザ
講師:ジュリア・クネゼヴィッチ(医療通訳士、医療通訳講師)
参加費:3,000円
申込方法:下記サイト参照

http://west-japan.wixsite.com/medical-english/workshshop
1月20日(土)

IJET-29のテーマ”Rethinking the role of human linguists – 言葉に命を吹き込む”と特許翻訳

IJET-29大阪のテーマ"Rethinking the role of human linguists – 言葉に命を吹き込む"に沿って特許翻訳における翻訳者の役割について語る。

主催:日本翻訳者協会(JAT)
日時:2018年1月20日(土)14:00~17:00、交流会17:00~19:00
場所:東京・五反田 清泉女子大学
講師:二神信也(フリーランス翻訳者、IJET-29大阪の実行委員会委員長)
入場料:【事前購入】JAT会員1,000円/非会員3,000円、【当日支払】JAT会員1,500円/非会員3,500円、【交流会:事前購入】2,500円、【交流会:当日支払】3,000円
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://jat.org/ja/events/event/theme-for-ijet-29-and-patent-translation
1月24日(水)

『ハックルベリーフィンの冒けん』と翻訳 柴田元幸 トークイベント

2017年12月、名翻訳家の柴田元幸さんが、かねてより訳したいと言っていたMark Twain, Adventures of Huckleberry Finnをついに翻訳刊行する。口語体の語りの可能性を一気に押し広げたこの名作をどう訳したか、文芸作品を古典作品を訳すには何が必要か。柴田さんが語る。

主催:青山ブックセンター
日時:2018年1月24日(水)19:00~20:30
場所:東京・青山 青山ブックセンター本店
出演者:柴田元幸(翻訳家、東京大学文学部名誉教授)
入場料:1,080円
申込方法:オンラインまたは店頭受付(詳細は下記サイト参照)

http://www.aoyamabc.jp/event/37683
1月26日(金) ~2月11日(日)

【IJCEE関西】全国通訳案内士新人研修・活動説明会

IJCEEの全国通訳案内士新人研修プログラムは、地域特性を踏まえつつ、デビューに向けた実践的な内容が盛り込まれているのが特徴(国土交通省のスキルアッププログラムに基づく)。 本説明会では、IJCEEの活動、新人研修の詳細、ガイドデビューまでの道のりを解説。

主催:NPO日本文化体験交流塾 IJCEE・関西支部(全国通訳案内士団体)
日時:2018年 1月26日(金)19時~21時、1月27日(土)10時~12時、2月11日(日・祝)10時~12時(各回、内容は同じです)
会場:TJSchool大阪校 〒550-0014 大阪市西区北堀江1-1-24 四ツ橋近商ビル6A
スピーカー:上原護(関西支部長)、米原大介(関西支部事務局長)
受講料:無料
IJCEE新人研修の詳細: https://www.ijcee.jp/new-guide-2018/ を参照
説明会お申し込み:下記のWebサイトより。(合わせて、関東本部の説明会も受け付け中)

https://www.ijcee.jp/new-guide-2018/seminar2018/
1月26日(金)

代官山文学ナイト:古屋美登里トークショー 『肺都(はいと)アイアマンガー三部作3』(E・ケアリー著)刊行記念 ゲスト:杉江松恋

『肺都 アイアマンガー三部作3』(東京創元社)の刊行を記念し、翻訳家の古屋美登里さんを招き、トークショーを開催。ゲストは、ライター・書評家の杉江松恋さん。

主催:代官山 蔦屋書店
日時:2018年1月26日(金)19:00~
場所:東京・代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
出演者:古屋美登里(翻訳家)、杉江松恋(ライター、書評家)
参加費:1,000円
申込方法:代官山 蔦屋書店の店頭、電話(詳細は下記サイト参照)

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/12/-3-4.html
1月26日(金)

現役通訳者に学ぶスポーツ通訳セミナー

スポーツ通訳の第一線で活躍している中曽根俊氏を招き、2020年に向けてますます需要の高まる通訳において求められるもの、通訳者としてスポーツに関わっていく上で必要なものが何なのかを実例を交えながら語っていただくセミナー。

主催:株式会社インジェスター
日時:2018年1月26日(金)17:00~
場所:ハロー会議室八重洲ファーストビル5F
講師:中曽根俊 氏
参加費:3,000円
申込方法:(詳細は下記サイト参照)

http://www.kokuchpro.com/event/9302a20eaff26b67bd091e3c2cb3d2ed/
1月26日(金)

翻訳家 越前敏弥先生とダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」を読む

2018年春には新作 "Origin" が翻訳刊行される予定のベストセラー作家、ダン・ブラウン。世界中で大ヒットした『ダ・ヴィンチ・コード』の原文と訳文例をもとにして、英文の深い読み取りや、わかりやすく力のある訳文作りについて、日本語版の翻訳を担当した越前敏弥さんと一緒に考える。

主催:梅田 蔦屋書店
日時:2018年1月26日(金)19:00~20:30
場所:大阪・梅田 梅田 蔦屋書店 会議室Shimei
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
参加費:3,000
申込方法:梅田 蔦屋書店オンラインショッピングまたは店頭(詳細は下記サイト参照)

http://real.tsite.jp/umeda/event/2017/12/post-437.html
1月26日(金)

JTF関西セミナー(大阪)「誰も教えてくれない翻訳チェック ~翻訳者にとっての翻訳チェックとは?~」

社内翻訳者・翻訳コーディネーターである講師が、自身の翻訳者経験をベースに構築した翻訳チェック体系を、「翻訳者が行うべき翻訳チェックの基礎」として提案する。具体的には、完成した翻訳物に対して実施すべきチェック項目とその考え方、また、それらのチェック項目を実施する順序(チェックフロー)を理由とともに紹介する。

主催:JTF関西委員会
日時:2018年1月26日(金)14:00~17:00、懇親会17:30~19:30(希望者のみ)
場所:大阪・中之島 大阪大学中之島センター 7階703
講演者:齊藤貴昭(JTF理事、社内翻訳者、翻訳コーディネーター)
参加料:JTF会員2,600円/非会員3,600円/学生無料、懇親会5,000円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://www.jtf.jp/west_seminar/index_w.do?fn=search
1月27日(土) ~1月28日(日)

映画字幕ワークショップ2018~字幕翻訳現場を体験できる 2Days入門ワークショップ~

コンテンツ企業の新規事業創出や他業界とのクロスメディアを支援する京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP)が映画の字幕制作について学べる入門者向けワークショップを開催。字幕翻訳の基礎から制作の実務まで幅広く学べる内容。

主催:京都クロスメディア推進戦略拠点(KCROP)、京都府、公益財団法人京都産業21、京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト推進協議会
日時:2018年1月27日(土)12:30~17:00(受付12:00 開始)
   2018年1月28日(日)12:00~17:00(受付11:30 開始)
   ※2日間の参加が前提となります。
場所:27日:Impact Hub Kyoto 3F(京都市上京区油小路中立売下ル甲斐守町97西陣産業創造會舘)
   28日:京都文化博物館 別館2F会議室(京都市中京区三条高倉)
講師:設楽 光明 氏(ホワイトライン ディレクター)、岩橋 悟志 氏(ホワイトライン 字幕ディレクター)、古俣 智子 氏(株式会社フェイス 映像事業部)
参加費:無料
定員:30名(先着順)
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://crossmedia.kyoto/seminar_event/20180127
1月27日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、1回完結の形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月27日(土)10:30~12:00
場所:大阪・中之島 中之島フェスティバルタワー(朝日カルチャーセンター中之島教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員4,320円、一般4,752円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/e7afa2dd-2934-d719-78d1-59fd611b17f5
1月27日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月27日(土)13:00~16:00
場所:大阪・中之島 中之島フェスティバルタワー(朝日カルチャーセンター中之島教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員8,640円、一般9,504円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/7929b365-000d-6a57-b471-59fd61d88185
1月27日(土)

翻訳百景

ダン・ブラウンの『インフェルノ』を訳した越前敏弥さんが、ふたつの言語、ふたつの文化のあいだを行き来する仕事の楽しさときびしさを、さまざまな実例をあげながら紹介する。翻訳や語学の勉強をしていない人でもじゅうぶん楽しめる内容。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月27日(土)16:30~18:00
場所:大阪・中之島 中之島フェスティバルタワー(朝日カルチャーセンター中之島教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,240円、一般3,672円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/8db74bce-1c88-c0a5-f480-59fd600165dc
1月27日(土)

第3回「博多で翻訳勉強会」 テーマ:スティーブ・ジョブズ翻訳裏話+α

2013年に福岡市内および近郊在住の実務翻訳者2名で発足した「福岡翻訳勉強会」。今回は、東京から『スティーブ・ジョブズ』の訳者である翻訳者・井口耕二さんを講師に招いての開催。テーマは「スティーブ・ジョブズ翻訳裏話+α」。1時限目は『スティーブ・ジョブズ』を翻訳する経緯やその苦労について。2時限目は訳文の検討(ディスカッション形式・事前課題あり)。

主催:福岡翻訳勉強会
日時:2018年1月27日(土)13:30~17:30(終了後に懇親会を予定)
場所:福岡 福岡県教育会館
講師:井口耕二(翻訳者)
会費:5,000円(懇親会は別途5,000円)
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://qshutranslation.wordpress.com
1月28日(日)

映画に感動、原作に感激 映画『ベロニカとの記憶』公開記念講座

ジュリアン・バーンズのブッカー賞受賞作品「終わりの感覚」の映画公開(映画タイトル『ベロニカとの記憶』)にあわせ、ブッカー賞受賞作の映画化作品を中心に、文芸作品を原作とした映画の見どころを紹介する。ファンタジーやYA(ヤングアダルト)作品の映画も含め、さまざまな作品を紹介し、原作、映画、それぞれの魅力を味わう。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年1月28日(土)13:30~15:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャーセンター新宿教室)
講師:三辺律子(英米文学翻訳家)
受講料:会員3,024円、一般3,672円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/9f67975d-fe04-fd2e-1068-5a06b09c45ae

2018年2月

2月03日(土)

在宅特許翻訳者になるには―仕事と家庭の両立を目指して

文系出身の在宅特許翻訳者が、結婚、出産、育児などで長いブランクができた中、特許翻訳の世界を知り、現在に至るまでの体験談やエピソードを交え、女性のキャリアパス/ライフワークについて話す。翻訳者としての将来の姿をイメージできるセミナー。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2018年2月3日(土)13:30~16:30
場所:サン・フレア アカデミー 教室
講師:住田 佐知 氏
受講料:5,940円(税込)
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=10370
2月04日(日)

「脱・辞書の持ち腐れ《50Hz》~お題に挑戦~」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#8)

翻訳フォーラムによるレッスンシリーズ第8弾。今までのレッスンシリーズでは「辞書の選び方」「辞書環境の整え方」を取り上げてきたが、今回は具体的に「どんな辞書」を「いつ」「どうやって」引くかがテーマ。事前に知らせる簡単な「お題」について、参加者がそれぞれの環境で調べ、ワークショップ形式でその筋道を比較検討します。また、翻訳作業中に遭遇しがちな辞書引き事例を取り上げ、「紙辞書」「電子辞書」「CD-ROM辞書」「アプリ辞書」「オンライン辞書」など、さまざまな辞書環境での調べ方を解説する。

主催:翻訳フォーラム
日時:2018年2月4日(日)13:15~16:45
場所:東京・池袋 IKE Biz(としま産業振興プラザ)
講師:高橋聡(翻訳者)、深井裕美子(翻訳者、通訳者)
参加費:5,000円
参加方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01jy3dz9c5hi.html
2月04日(日)

【札幌】第2回 JACI 日英・英日通訳ワークショップ

日本会議通訳者協会(JACI)主催の日英・英日通訳ワークショップ。通訳業務を受けたときの事前準備の方法についても触れながら、通訳演習を中心に練習を行う。

主催:日本会議通訳者協会(JACI)
日時:2018年2月4日(日)10:00~15:45
場所:北海道・札幌 かでる2.7(北海道立道民活動センター)
参加費:一般5,000円、JACI会員3,000円
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://www.japan-interpreters.org/news/2018-02-04_sapporo_workshop
2月10日(土) ~2月11日(日)

広島通訳合宿(英語)

昨年夏の箱根合宿に続き、日本会議通訳者協会が主催する通訳合宿第二弾。今回は広島で開催。基礎的な通訳訓練から、パナガイドを使った同時通訳演習まで、楽しみながら学ぶ。合地元で需要の高いホスピタリティ・ものづくり関連のトピックのほか、最先端のトピックも扱う予定(参加者のバックグラウンドや要望に応じて変更の可能性あり)。実績豊富なJACI会員が優しく教える。とにかく実技重視!

主催:日本会議通訳者協会(JACI)
日時:2018年2月10日(土)~2月11日(日)
場所:広島県廿日市市宮島町
講師:岩瀬和美(フリーランス会議通訳者)、大竹純子(フリーランス通訳者)、白倉淳一(フリーランス通訳者)、千葉絵里(フリーランス通訳者)
参加費:一般1万6,000円、JACI会員1万2,000円(交通費及び食事代は別途必要)
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://www.japan-interpreters.org/news/2018-02-10-hiroshima
2月17日(土)

【大阪セミナー】英文契約書翻訳のルールを学ぶ

契約書は、表現が堅苦しく難解だが用語・表記には共通のルールがあり、これに基づいて読み込むと内容をよく理解できる。本セミナーでは、契約書の翻訳例(誤訳例)を通してルールを理解することの重要性を学ぶ。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2018年2月17日(土)10:00~15:30
場所:NSE貸会議室 堂島淀屋橋店
講師:栄 隆志 氏
受講料:9,800円(税込)
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=10429
2月17日(土)

誤訳はなぜ起こるか

これまでの朝日カルチャーセンター文芸翻訳クラスの受講生の訳文などを題材にし、誤読・誤訳が起こる原因を分析しつつ、どうやったら少しでも減らせるかを考えていく。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年2月17日(土)13:00~14:30
場所:東京・立川 ルミネ立川(朝日カルチャーセンター立川教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,024円、一般3,672円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/tachikawa/course/9c0e5027-a993-6f04-9c11-5970906ed1de
2月18日(日)

【大阪セミナー】治験英訳ブラッシュアップセミナー ~頻出動詞をマスターし、ワンランク上の英訳を目指す~

近年、医薬品開発の急速なグローバル化が進むにつれ、治験実務の英語力を有する人材の需要が高まってきている。本セミナーでは、治験翻訳で頻用する動詞と治験実施計画書に必要な基本表現を中心に学習する。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2018年2月18日(日)10:00~15:30
場所:NSE貸会議室 堂島淀屋橋店
講師:渡辺 理恵子 氏
受講料:9,800円(税込)
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=10417

2018年3月

3月01日(木) ~6月09日(土)

第1回 JACI 同時通訳グランプリ

日本会議通訳者協会(JACI)が「同時通訳グランプリ」を開催。学生の部と社会人の部に分かれ、グランプリ予選と本選にて通訳パフォーマンスを競う。

主催:日本会議通訳者協会(JACI)
申込期間:2018年3月1日~4月15日
グランプリ予選:2018年4月中旬~下旬に日→英、英→日の双方向同時通訳パフォーマンスの審査をオンラインで行う。
グランプリ本選:2018年6月9日(土)9:00~18:00(イベント後に懇親会あり)
本選会場:東京・府中 東京外語大学 府中キャンパス 101教室 同時通訳ブース付き

詳細は下記サイト参照

http://www.japan-interpreters.org/news/grandprix2018
3月02日(金)

JTF関西セミナー(大阪)「脱・辞書の持ち腐れ《60Hz》~どの辞書をいつ引くか~」

どの分野の翻訳者も必ず持っていたい辞書は何か、どのようなプラットフォームで揃えるのが良いかといった、辞書の基礎情報について簡単に説明。さらに、「いつ」「どの辞書を」「どの単語で」「どのようにして」引くかを、実例を出しながら解説し、「紙辞書」「電子辞書」「CD-ROM辞書」「アプリ辞書」「オンライン辞書」等、さまざまな辞書環境を組み合わせた調べ方についての情報を提供する。

主催:JTF関西委員会
日時:2018年3月2日(金)14:00~17:00、懇親会:17:30~19:30(希望者のみ)
場所:大阪・中之島 大阪大学中之島センター 7階703
講演者:深井裕美子(翻訳者、通訳者、翻訳講師)、高橋聡(個人翻訳者、JTF専務理事)
参加料:JTF会員2,600円/非会員3,600円/学生無料、懇親会5,000円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://www.jtf.jp/west_seminar/index_w.do?fn=search#detail
3月03日(土)

翻訳百景 英語と日本語のはざまで

ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』やエラリー・クイーンなどの作品を訳した越前敏弥さんが、ふたつの言語、ふたつの文化のあいだを行き来する仕事の楽しさときびしさを、さまざまな実例をあげながら紹介する。さまざまな実例をあげながら紹介する。翻訳や語学の勉強をしていない人でもじゅうぶん楽しめる内容。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2018年3月3日(土)15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャーセンター新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,672円、一般4,320円
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/6f2c59bb-fdf3-da5c-148f-59f0203b5dbc
3月05日(月)

第9回産業日本語研究会・シンポジウム「ユニバーサルコミュニケーションに資する産業日本語に向けて ~グローバル化の波を越え、人工知能の活用を促進していくために~」

産業日本語研究会では、情報発信力や知的生産性の飛躍への貢献を通じて、日本の産業界全体の国際競争力の強化に資する日本語(産業日本語)の浸透を図るために、「第9回産業日本語研究会・シンポジウム」を開催。今回のシンポジウムでは、グローバル化が一層進み、人工知能技術が実用化される時代において、求められる日本語スキルや産業・科学技術文章データ活用を考えるうえで示唆に富む最新の取り組みや研究について各氏が紹介する。

主催:高度言語情報融合フォーラム(ALAGIN)、日本特許情報機構(Japio)
日時:2018年3月5日(月)13:00~18:00
場所:東京・丸の内 丸ビルホール
出演者:下記サイト参照
参加費:無料
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://www.tech-jpn.jp/symposium/symposium-9
3月10日(土) ~3月25日(日)

実践ワークショップ「医療通訳-実践-」

医療機関での外国人患者と医療関係者とのコミュニケーションの橋渡しをする「医療通訳」について実践的に学ぶ。医学用語・フレーズの習得をはじめ、実際の医療通訳を想定したシナリオを用いたロールプレイングを通して、医療場面特有のコミュニケーションを体得する。

主催:サイマル・アカデミー
日時:2018年3月10日(土)~3月25日(日)13:00~15:00
場所:サイマル・アカデミー 東京校
参加費:45,792円(税込)
申込方法:申込書を提出(下記サイト参照)

https://www.simulacademy.com/news/detail.php?id=636&t=1
3月10日(土)

土屋政雄が語る翻訳の世界 『忘れられた巨人』をめぐって

まるで原文で読んでいるかのように物語の世界に導く土屋政雄さんの名訳。その極意を、 ノーベル文学賞作家カズオ・イシグロの最新作『忘れられた巨人』を取り上げて語っていただく。

主催:NHK文化センター
日時:2018年3月10日(日)14:00~15:30
場所:愛知・名古屋 NHK文化センター名古屋教室
講師:土屋政雄(翻訳家)
入場料:NHK文化センター会員3,369円、一般3,931円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1141492.html
3月18日(日)

実践ワークショップ「翻訳チェッカー講座」

翻訳を最終形態に仕上げる上で極めて重要な作業である校閲(チェック)について、グループ翻訳会社のチェックガイドラインを参考に、英日・日英の一般的なチェック手法を学習する。

主催:サイマル・アカデミー
日時:2018年3月18日(日)
場所:サイマル・アカデミー 東京校
講師:経験豊富な現役の産業翻訳者
参加費:17,172円(税込)
申込方法:申込書を提出(下記サイト参照)

https://www.simulacademy.com/news/detail.php?id=636&t=1

2018年6月

6月29日(金) ~7月01日(日)

第29回英日・日英翻訳国際会議(IJET-29)「Rethinking the role of human linguists ― 言葉に命を吹き込む」

日本翻訳者協会(JAT)が主催する年次会議。基調講演、セッション等の内容は未定。

主催:日本翻訳者協会(JAT)
日時:2018年6月29日(金)~7月1日(日)
場所:【開会式・基調講演】大阪 大阪市中央公会堂、【セッション】大阪 グランフロント大阪
参加費:未定
参加方法:オンライン(詳細は下記公式HP参照)

https://ijet.jat.org/ja