セミナー&イベントSEMINAR&EVENT

情報を制するものがシゴトを制す。通訳翻訳業界のイベント、セミナー、開講講座等、業界最新情報を随時掲載。こまめにチェックして仕事に、勉強にお役立てください。

2017年7月

7月01日(土) ~9月02日(土)

ベストセラー翻訳入門 ~ダン・ブラウンを読む~

『ダ・ヴィンチ・コード』、『インフェルノ』などのダン・ブラウン作品を筆頭に、70冊以上の訳書を手がけ、第一線で活躍している翻訳家、越前敏弥さんが翻訳の世界の裏側にせまる。

主催:NHK文化センター
日時:2017年7月1日(土)、8月5日(土)、9月2日(土)いずれも10:00~11:30
場所:東京・南青山 NHK文化センター青山教室
出演者:越前敏弥(文芸翻訳者)
入場料:NHK文化センター会員1万108円、一般1万2050円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://montagbooksellers.com/news/kotenshinyakuvol1
7月01日(土) ~9月02日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年7月1日(土)、8月5日(土)、9月2日(土)すべて13:00~14:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/d1b5282a-39b0-e534-c7b9-58f582fede31
7月04日(火) ~9月05日(火)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年7月4日(火)、8月1日(火)、9月5日(火)すべて10:00~11:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員11,016円、一般12,960円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/d8f45ee1-c3e0-2d51-b133-58f582dfd3c1
7月08日(土) ~9月09日(土)

英米小説の翻訳 原文を深く読み、豊かに表現するために

小説の翻訳をする場合、英文を深く読み取る力が必要なのは当然だが、それ以上に「本が大好き」「日本語が大好き」「調べ物が大好き」という資質が求められる。長編小説の翻訳にじっくり取り組むことで、翻訳のきびしさと楽しさの両方を学ぶ。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年7月8日(土)、8月26日(土)、9月9日(土)の3回。すべて15:15~16:45
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャー横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員10,368円、一般12,312円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/89766749-2dbe-8f12-fb5d-58e72c7129e7
7月08日(土) ~8月26日(土)

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、2回で完結する形で学ぶ。当日はいくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点を考えていく。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについても話す予定。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年7月8日(土)、8月26日(土)の2回。すべて13:30~15:00
場所:神奈川県・横浜 ルミネ横浜8階(朝日カルチャー横浜教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員6,912円、一般8,208円
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/8e464102-fdb4-f182-2f5b-58e72c65d7df
7月12日(水) ~9月20日(水)

「日本におけるチェコ文化年2017」記念翻訳コンテスト

チェコセンターでは、2015年より40歳までの若手翻訳家のための「スザンナ・ロート翻訳コンテスト」を世界同時開催してきた。今回、チェコセンター東京の独自企画としてチェコ文化年記念翻訳コンテストを開催する。年齢を問わず参加可能。

課題:参加部門(短編小説部門/短編SF部門/エッセイ部門)を選択し、課題作品を日本語に翻訳する。複数の部門に参加することも可能
参加資格:これまでに文学作品の翻訳を出版したことがない人
審査員:阿部賢一(東京大学准教授、翻訳家)、飯島周(跡見学園女子大学名誉教授)、平野清美(翻訳、通訳)
参加方法:メール。折り返しPDFデータにて課題作品が送付される
作品提出締切:2017年9月20日(水)
結果発表:2017年12月、講評会にて発表(広尾・チェコセンター東京)

詳細は下記サイト参照

http://tokyo.czechcentres.cz/news/pekladatelsk-sout-pi-pleitosti-roku-esk-2

2017年8月

8月20日(日)

H・P・ラヴクラフト聖誕祭~「ダゴン」誕生から100年~

ハワード・フィリップス・ラヴクラフト127回目の誕生日に合わせ、名状しがたい宴が開催される。

主催:阿佐ヶ谷ロフトA
日時:2017年8月20日(日)13:00~
場所:東京・阿佐ヶ谷 阿佐ヶ谷ロフトA
出演者:森瀬繚(作家、翻訳者、クトゥルー神話研究家)、朱鷺田祐介(作家、ゲームクリエイター)、ドリヤス工場(作家)
入場料:予約2,000円、当日2,300円
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/70318
8月20日(日)

金原瑞人の絵本翻訳入門②のみ

翻訳とは? そのコツと心得とは? 数多くの翻訳を手がけ高い評価を得ている金原瑞人さんと共に、まだ邦訳の出ていない絵本の翻訳に挑戦する。13:00~14:30に課題の異なる講座があり、両方を受講する場合は以下URLからまとめて申し込める。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/2a5bd64b-d2c3-20c1-468e-5973116255fe

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年8月20日(日)14:45~16:15
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:金原瑞人(翻訳家、法政大学教授)
受講料:会員3,780円、一般4,428円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/afb94ea2-3ffb-5d34-fb34-59731349f7c6
8月20日(日)

金原瑞人の絵本翻訳入門①のみ

翻訳とは? そのコツと心得とは? 数多くの翻訳を手がけ高い評価を得ている金原瑞人さんと共に、まだ邦訳の出ていない絵本の翻訳に挑戦する。14:45~16:15に課題の異なる講座があり、両方を受講する場合は以下URLからまとめて申し込める。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/2a5bd64b-d2c3-20c1-468e-5973116255fe

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年8月20日(日)13:00~14:30
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:金原瑞人(翻訳家、法政大学教授)
受講料:会員3,780円、一般4,428円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/bae775ab-c8aa-3c3a-15d8-59731278da26
8月21日(月)

翻訳支援ツール説明会(東京)「クラウドを活用したコミュニティ翻訳」

「クラウドを活用したコミュニティ翻訳」を共通テーマに、第一部「大学向けオープンソースソフトウェアの翻訳に適用する共通翻訳メモリの開発と実践」、第二部「Transifexを利用したコミュニティ翻訳 ~オンライン翻訳ツールを活用した翻訳ワークフローの自動化~」の講演が行われる。

主催:JTF翻訳支援ツール委員会
日時:2017年8月21日(月)14:00~16:30、交流会17:00~18:00
場所:東京・渋谷 GMOスピード翻訳株式会社 大1会議室(セルリアンタワー11F)
講演者:常盤祐司(法政大学情報メディア教育研究センター教授)、出口大輔(名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室准教授)
参加料:JTF会員無料、非会員1,000円
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://www.jtf.jp/tools/index_t.do?fn=search
8月25日(金)

【講座】台湾カルチャーミーティング2017第3回(連続トーク1日目)「出版をリブートする――台湾出版文化の多様性と未来」

傅月庵さんを招き、台湾の出版業界の成り立ちや最新状況などを聞く。対談相手は、クラウドファンディングを活用して世界の本を翻訳出版するサウザンブックス社代表の古賀一孝さん。

主催:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
日時:2017年8月25日(金)19:00~20:30
場所:東京・虎ノ門 台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
ゲスト:傅月庵(編集者、古書店経営者、作家)、古賀一孝(株式会社サウザンブックス社代表)
入場料:無料
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://jp.taiwan.culture.tw/information_34_66339.html
8月26日(土)

日本通訳フォーラム2017

「通訳者による、通訳者のための団体」として一昨年設立された日本会議通訳者協会が主催する日本通訳フォーラム。今年は基調講演に、自身も同時通訳者であり、日本において通訳研究を語るうえで決して無視できない実績を持つ鳥飼玖美子さんが登壇。そのほか8つのセッションを用意。

主催:日本会議通訳者協会(JACI)
日時:2017年8月26日(土)9:30~18:45(終了後19:00から懇親会あり)
場所:東京
登壇者:鳥飼玖美子(立教大学名誉教授)、ほか
料金:JACI会員3,500円、一般8,000円(早割あり)
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

http://www.japan-interpreters.org/news/forum2017-program
8月26日(土)

独日実務翻訳「合格力」強化セミナー ~パラグラフ、トピック、ディスコースマーカーに注目

読解力の向上を目標に、パラグラフ、トピック、ディスコースマーカーに焦点を当てて論説文を訳していくセミナー。間違いやすい中級文法も見直す。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2017年8月26日(土) 10:00~13:00
場所:サン・フレア アカデミー教室
講師:井口 富美子 氏
受講料:9,800円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=9490
8月26日(土)

中日実務翻訳「合格力」強化セミナー ~訳文品質アップのコツ~

第79回TQEの問題の一部を実際に翻訳していただき、これをもとに文法上の注意点、専門用語の探し方、誤訳に陥りやすいポイント、自然な日本語にするための工夫など、訳文の品質を高めるにコツについて、具体的に解説。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2017年8月26日(土) 14:00~17:00
場所:サン・フレア アカデミー教室
講師:鴨志田 晃実 氏
受講料:9,800円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=9485
8月26日(土)

出版翻訳が楽しくなる! 夏の翻訳文化祭 2017 Part2

講演1「初めてのフィクション翻訳 こぼれ話」、講演2「出版翻訳の未来のために――翻訳者ができること、編集者ができること」、講演3「ちょっと多忙だった、5月の仕事のスケジュール。翻訳2本+その他」の3本立て。終了後は、講師も参加する交流会を開催。

主催:「洋書の森」(一般財団法人日本出版クラブ)
日時:2017年8月26日(土)10:00~16:30、交流会17:00~19:00
場所:東京・牛込神楽坂 日本出版クラブ会館
講師:講演1 夏目大(翻訳家)、講演2 小野寺粛(三省堂編集者)、講演3 金原瑞人(翻訳家)
参加費:5,000円、交流会参加費3,000円
申込方法:メール申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.shuppan-club.jp/?attachment_id=1167
8月26日(土) ~9月02日(土)

逐次通訳スキル強化 -レセプション挨拶-

実際のレセプションを想定した挨拶・司会の逐次通訳演習をおこなう。通訳者としての心構えや姿勢、聴衆を意識した視線の動きやトーンなど、実践的できめ細かいパフォーマンスの指導をうけられる。

主催:サイマル・アカデミー
日時:2017年8月26日(土)~9月2日(土)13:00~15:00
場所:サイマル・アカデミー 大阪校
講師:経験豊富な日本人通訳者
参加費:20,736円(税込)
申込方法:申込書を提出(下記サイト参照)

https://www.simulacademy.com/news/detail.php?id=608&t=1
8月26日(土) ~9月09日(土)

中国語 同時通訳ワークショップ

中国語通訳第一人者である塚本慶一先生をはじめとする、第一線で活躍中の現役通訳者が指導。同時通訳ブースを使用し、現場で役立つ実践的な通訳スキル強化を目指す。

主催:サイマル・アカデミー
日時:2017年8月26日(土)~9月9日(土)15:30~17:30
場所:サイマル・アカデミー 東京校
講師:塚本慶一、大森喜久恵、及川勝洋
参加費:35,640円(税込)
申込方法:申込書を提出(下記サイト参照)

https://www.simulacademy.com/news/detail.php?id=608&t=1
8月26日(土)

都甲幸治×下平尾直「狂喜の読み屋と世界文学を読む」(オーサービジットプログラム「書店を著者と巡る」)

「狂喜の読み屋」の異名をもち、ジュノ・ディアス『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』をはじめとする翻訳や数々の書評で知られる都甲幸治さん。都甲さんの『狂喜の読み屋』や『偽アメリカ文学の誕生』の担当でもある共和国の下平尾直さん。ふたりと一緒に「本の世界」を旅するイベント。

共催:よはく舎 小林えみ、東京堂書店
日時:2017年8月26日(土)16:00~
場所:東京・神保町 東京堂書店
出演者:都甲幸治(翻訳家、批評家、早稲田大学文学学術院教授)、下平尾直(出版社・共和国代表)
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://note.mu/emi_kobayashi/n/nd615ac5e9643
8月26日(土)

通訳・翻訳キャリアフェア

NHK衛星放送、CNNなどで活躍中の鶴田知佳子さんと『翻訳というおしごと』著者の実川元子さんを迎え、「通訳・翻訳業界の未来」テーマにしたパネルディスカッションを開催。さらに通訳者・翻訳者を輩出している専門スクールの合同説明会も実施。

主催:株式会社ジャパンタイムズ
日時:2017年8月26日(土)13:30~18:00
場所:東京都・芝浦 ジャパンタイムズ・ニフコホール
パネリスト:鶴田知佳子(会議・同時通訳者)、実川元子(翻訳者、ライター)
参加費:無料
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://info.japantimes.co.jp/tsuhon2018/pr
8月26日(土)

無料特別セミナー「通訳者・翻訳者への道」

サイマル・アカデミーでは、これからプロ通訳者・翻訳者をめざして学習を検討している方を対象に、現役通訳者・翻訳者によるセミナーを開催。プロになるための学習方法や仕事の体験談など、生の声を聞けるチャンス。

主催:サイマル・アカデミー東京校
日時:2017年8月26日(土)第1部13:00~/第2部14:30~
場所:銀座フェニックスプラザ
講演者:
第1部 沢田陽子(サイマル・インターナショナル登録翻訳者、サイマル・アカデミー翻訳者養成コース講師)
第2部 池内尚郎(サイマル・インターナショナル専属通訳者、サイマル・アカデミー通訳者養成コース講師)
参加費:無料
参加特典:サイマル・アカデミー2017年10月コース入学金32,400円が無料
申込方法:下記ウェブサイトからの申込(先着順)

https://www.simulacademy.com/news/detail.php?id=606&t=1
8月26日(土)

オーランドーの魅力

まつもと市民芸術館では、10月に白井晃さん演出で日本初演となる『オーランドー』を上演する。本作の翻訳を担当した小田島恒志さんが、作家ヴァージニア・ウルフや『オーランドー』の魅力を語る。

主催:一般財団法人 松本市芸術文化振興財団
日時:2017年8月26日(土)14:00~15:30
場所:長野県・松本 まつもと市民芸術館
講師:小田島恒志(翻訳家、早稲田大学文学学術院教授)
入場料:無料
申込方法:電話またはまつもと市民芸術館1階窓口(詳細は下記サイト参照)

http://www.mpac.jp/?p=22148
8月27日(日) ~9月03日(日)

翻訳者の、翻訳者による、翻訳者のためのSDL Trados Studio 2017セミナー<全2回>

翻訳支援ツールをマニュアル通りに使えるだけでなく、自分にとって使いやすいツールとして活用していく方法を紹介。本セミナーでは、SDL Trados Studio 2017(Trados)を使って、実際にTrados案件がきた場合を想定したトレーニングを行う。自分で操作できるようになるだけでなく、プロの翻訳者がどのようにTradosを使って作業しているか知ることができる。

日時:【全2回】8月27日(日)、9月3日(日)13:00~17:30
場所:ILC国際語学センター大阪校
講師:小林晋也(IT翻訳者)
受講料:在校生・修了生29,000円/一般32,000円
申込方法:ウェブより申込み

http://www.ilc-japan.com/osaka/archives/14370
8月28日(月)

紀伊國屋書店Kinoppy=光文社古典新訳文庫Readers Club Reading Session #32『初恋』トゥルゲーネフの魅力とその翻訳について

光文社古典新訳文庫が紀伊國屋書店電子書店KINOPPYとコラボレーションして開催するReaders Club読書会(Reading Session)。第32弾はトゥルゲーネフ。トゥルゲーネフの『初恋』という作品の魅力について、またトゥルゲーネフを日本で最初に紹介し、日本の近代小説の成立に大きな影響をおよぼした二葉亭四迷の翻訳について、翻訳者の沼野恭子さんが語る。

主催:紀伊國屋書店
日時:2017年8月28日(月)18:30~
場所:東京 紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
講師:沼野恭子(東京外国語大学教授。ロシア文学研究家、翻訳家)
参加費:無料
申込方法:東京・紀伊國屋書店新宿本店2階レジカウンターで予約。電話予約も可能。詳細は下記サイト参照。

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20170806095334.html
8月29日(火)

世界は文学でできている―― 文学はお金より大事なんだぜ。 「対話で学ぶ<世界文学>連続講義」(沼野充義・編著 光文社)全5巻完結記念トークイベント

東京大学教授で翻訳も手がける沼野充義さんがホストを務め、作家・詩人・外国文学者・翻訳家を迎えておこなった世界文学に関する数々の対話。それらを収録した『対話で学ぶ<世界文学>連続講義』の完結を記念したトークイベント。

主催:本屋Title
日時:2017年8月29日(火)19:30~21:00
場所:東京・荻窪 本屋Title 1階特設スペース
出演者:沼野充義(文芸評論家、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授)、駒井稔(光文社古典新訳文庫・創刊編集長)
参加費:1ドリンク500円
申込方法:メール(詳細は下記サイト参照)

http://www.title-books.com/event/3233
8月31日(木)

野崎歓×越前敏弥「世界文学と翻訳について、話したいことはいくらでもある」『世界文学大図鑑』(三省堂)刊行記念

『世界文学大図鑑』は、『ギルガメシュ叙事詩』から『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』まで、古今東西の世界文学を紹介する、オールカラーの大図鑑。フランス文学者で、翻訳書、翻訳についての著書もある野崎歓さんと、本書の翻訳者で、ミステリから児童書まで幅広い翻訳を手がける越前敏弥さんが対談する。

主催:本屋B&B
日時:2017年8月31日(木)20:00~22:00
場所:東京・下北沢 本屋B&B
出演者:野崎歓(フランス文学者、東京大学教授)、越前敏弥(文芸翻訳者)
入場料:1,500円+500円(1ドリンク)
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

http://bookandbeer.com/event/20170831_bt

2017年9月

9月02日(土)

翻訳百景特別編 訳者が語る「世界文学大図鑑」の魅力

古今東西にわたる300以上の作品が掲載された『世界文学大図鑑』が今年4月に三省堂から刊行された。この講座では、三省堂の担当編集者・樋口真理さんを聞き手に迎え、『世界文学大図鑑』の翻訳秘話を交えながら、いくつかの作品を紹介する。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年9月2日(土)15:30~17:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:越前敏弥(文芸翻訳者)
受講料:会員3,024円、一般3,672円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/27ecf7f6-9e73-485f-fa3a-58f57844ca3e
9月02日(土)

磯崎博史の日本語表記集中セミナー~ベーシック編~

日本語品質コンサルタント・磯崎博史氏による、日本語表記の原則を基礎から学び、翻訳実務にすぐに生かせる知識・スキルを身につけるセミナー。うっかり間違えやすい表記の知識や、表記統一のノウハウなど、翻訳者としてずっと使える内容を伝授。

主催:サン・フレア アカデミー
日時:2017年9月2日(土)13:00~17:00
場所:サン・フレア アカデミー教室
講師:磯崎 博史 氏
受講料:9,800円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

http://www.sunflare.com/academy/?p=9435
9月02日(土) ~9月09日(土)

IR通訳ワークショップ

IR経験豊富な現役通訳者が資料を読み解くポイントや効果的な準備方法など現場経験者ならではの視点と経験に基づいたスキルや知識を伝授。講師推薦があった人はグループ会社サイマル・インターナショナルに通訳者として登録紹介。

主催:サイマル・アカデミー
日時:2017年9月2日(土)・9日(土)10:00~13:00
場所:サイマル・アカデミー 東京校
講師:IR通訳経験豊富な現役通訳者
参加費:34,344円(税込)
申込方法:申込書を提出(下記サイト参照)

https://www.simulacademy.com/news/detail.php?id=608&t=1
9月03日(日)

温又柔×都甲幸治「世界文学の真ん中へ」『真ん中の子どもたち』(集英社)刊行記念

第157回芥川賞にノミネートされた温又柔さんの小説『真ん中の子どもたち』(集英社)の刊行を記念して、著者の温さんと、英語圏の同時代の文学作品を精力的に紹介されている翻訳家の都甲幸治さんをゲストに招き、トークイベントを開催。

主催:本屋B&B
日時:2017年9月3日(日)15:00~17:00
場所:東京・下北沢 本屋B&B
出演者:温又柔(作家)、都甲幸治(翻訳家、アメリカ文学者、早稲田大学文学学術院教授)
入場料:1,500円+500円(1ドリンク)
申込方法:WEB申込(下記サイト参照)

http://bookandbeer.com/event/20170903_mannaka
9月06日(水)

【ジュンク堂書店池袋本店20周年企画】白水社 〈エクス・リブリス〉刊行50点記念小野正嗣×松永美穂トークイベント

独創的な世界の文学を厳選し、実力ある翻訳者とともに紹介するレーベルとして2009年に刊行が始まった白水社の〈エクス・リブリス〉シリーズ。刊行から8年目となる今年の夏、50点目を迎えた。この節目を記念して、海外小説の翻訳も多数手がけている作家の小野正嗣さんと、翻訳家の松永美穂さんによるトークイベントを開催。

主催:ジュンク堂書店 池袋本店
日時:2017年9月6日(水)19:00~20:30
場所:東京・池袋 ジュンク堂書店池袋本店
出演者:小野正嗣(作家、翻訳家)、松永美穂(翻訳家)
入場料:無料
申込方法:電話(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022458.html?shgcd=HB300
9月06日(水)

角田光代×小竹由美子「これぞ物語の醍醐味! 小説と人生が遭遇するとき」『神秘大通り』(新潮社)刊行記念

ジョン・アーヴィングの最新長編『神秘大通り(上・下)』(新潮社)の刊行を記念して、アーヴィングの愛読者でもある小説家の角田光代さんと、本書の翻訳を手がけた小竹由美子さんによるトークイベントを開催。

主催:本屋B&B
日時:2017年9月6日(水)20:00~22:00
場所:東京・下北沢 本屋B&B
出演者:角田光代(作家)、小竹由美子(翻訳家)
入場料:1,500円+500円(1ドリンク)
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://bookandbeer.com/event/20170906_bt
9月09日(土)

「人工知能の哲学」カフェ2 ~いまAIブームと言われているものは何か考えてみる~

『人工知能の哲学 生命から紐解く知能の謎』の著者の松田雄馬さん、『科学技術をよく考える ―クリティカルシンキング練習帳―』の共著者の村上祐子さん、ダナ・ハラウェイ著『猿と女とサイボーグー自然の再発明』の訳者の高橋さきのさんの3人がAIブームの現状について考える。

主催:科学哲学実験室「人工知能の哲学」カフェ実行委員会
日時:2017年9月9日(土)13:30~16:30
場所:東京・日比谷 日比谷図書文化館4F スタジオプラス
出演者:松田雄馬(人工知能研究者)、村上祐子(東北大学大学院文学研究科准教授)、高橋さきの(翻訳者)
参加費:1,000円
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://peatix.com/event/287193
9月09日(土)

金原瑞人×マライ・メントライン×神島大輔 「ロードムービーとヤングアダルト小説の深い関係」 映画『50年後のボクたちは』公開記念

9月16日に映画『50年後のボクたちは』が公開される。同作は、ドイツ国内で220万部以上を売り上げ、26カ国で翻訳されているベストセラー児童文学、ヴォルフガング・ヘルンドルフ『14歳、ぼくらの疾走』を映画化したもの。公開を記念してトークイベントを開催する。ゲストは、翻訳家の金原瑞人さん、ドイツ出身のエッセイスト、マライ・メントラインさん、マライさんの夫の神島大輔さん。

主催:本屋B&B
日時:2017年9月9日(土)19:00~21:00
場所:東京・下北沢 本屋B&B
出演者:金原瑞人(翻訳家、法政大学教授)、マライ・メントライン(翻訳・通訳・エッセイスト)、神島大輔(マライ・メントラインの夫)
入場料:1,500円+500円(1ドリンク)
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://bookandbeer.com/event/2017090902_bt
9月09日(土)

MONKEYトークイベント レベッカ・ブラウン+柴田元幸

『体の贈り物』『若かった日々』『家庭の医学』(いずれも柴田元幸訳)などで知られるアメリカの作家、レベッカ・ブラウンさんが来日し、翻訳者の柴田元幸さんとトークイベントを行う。

主催:スイッチ・パブリッシング
日時:2017年9月9日(土)15:00~
場所:東京・西麻布 Rainy Day Bookstore & Cafe
出演者:レベッカ・ブラウン(作家)、柴田元幸(米文学者、翻訳家)
参加費:1,500円
申込方法:下記サイト参照

http://www.switch-store.net/hpgen/HPB/categories/8895.html
9月09日(土) ~9月10日(日)

日本通訳翻訳学会 第18回年次大会

通訳・翻訳の理論と実践および教育に関する研究の促進を目的とする学術研究団体「日本通訳翻訳学会(JAITS)」による年次イベント。2日間にわたり、40以上の講演や研究発表が行われる。内容の詳細は下記サイトを参照。なお、プレ・カンファレンス講義は9月8日(金)に開催。

主催:日本通訳翻訳学会(JAITS)
日時:2017年9月9日(土)、10日(日) 各講演や研究発表の時間は下記サイト参照
場所:愛知県・名古屋  愛知大学
出演者:下記サイト参照
参加費:JAITS会員 無料、非会員一般1,000円、非会員学生500円
申込方法:メール申込(下記サイト参照)

http://jaits.jpn.org/home/nenjitaikai.html
9月11日(月)

文芸フェス第1夜:「翻訳対談」

人気翻訳家の古屋美登里さんと鴻巣友季子さんの「翻訳対談」。ナビゲーターはライターであり、現在テレビ『王様のブランチ』ブックコーナーのブレーンを務める瀧井朝世さん。

主催:代官山 蔦屋書店
日時:2017年9月11日(月)19:00~
場所:東京・代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
出演者:古屋美登里(翻訳家)、鴻巣友季子(翻訳家)、瀧井朝世(ライター)
入場料:1,500円
申込方法:店頭、電話、オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/08/-1-1.html
9月12日(火)

文芸フェス第2夜:「海外文学女子会」VOL・2

コラムニストの山崎まどかさんを中心に、作家であり翻訳も人気の谷崎由依さん、翻訳家で映画字幕も手掛ける西山敦子さんの3人が、トランプ以降の女性とマイノリティー、バッドフェミニスト、現在のZINEなど、女性文学の今を語る。

主催:代官山 蔦屋書店
日時:2017年9月12日(火)19:00~
場所:東京・代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
出演者:山崎まどか(コラムニスト)、谷崎由依(作家、翻訳家)、西山敦子(翻訳家)
入場料:1,500円
申込方法:店頭、電話、オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/08/-22.html
9月13日(水)

文芸フェス第3夜:フランス文学柔夜話(やわやわ)

極右大統領誕生はなくなったものの、39歳の新大統の前途は多難なフランス。今、フランス文学はどうなっているのか? 過去と現代の文学、翻訳から見える希望を語る。

主催:代官山 蔦屋書店
日時:2017年9月13日(水)19:00~
場所:東京・代官山 蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
出演者:野崎歓(東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授)、堀江敏幸(作家)
入場料:1,500円
申込方法:店頭、電話、オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/08/-3-3.html
9月15日(金)

【ジュンク堂書店池袋本店20周年企画】ポプラ社『本の子』刊行記念トーク&朗読会 柴田元幸「世界は物語でできている」

『本の子』(ポプラ社)は、40の物語からできている絵本。このユニークな本の訳者である柴田元幸さんが、訳書製作のエピソードを語り、エドワード・ゴーリーやクリス・ラシュカらの絵本を紹介する。

主催:ジュンク堂書店 池袋本店
日時:2017年9月15日(金)10:30~12:00
場所:東京・池袋 ジュンク堂書店池袋本店
出演者:柴田元幸(翻訳家、東京大学名誉教授)
入場料:無料
申込方法:電話(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022482.html?shgcd=HB300
9月15日(金)

第42回文芸トークサロン「“忖度”はなぜ英語にできないのか――日本語と外来語で考える「世間」の正体――」

「どうぞよろしく」や「お世話になります」など、英訳できない日本語と、「社会」「個人」「自由」など、いまだ日本では生煮えの翻訳語を通して、日本独自の「世間」を考える。

主催:日本文藝家協会
日時:2017年9月15日(金)18:30~20:30
場所:東京・麹町 日本文藝家協会
出演者:佐藤直樹(九州工業大学名誉教授、現代評論家)、峯真依子(中央學院大学助教・博士「比較社会文化」)
参加費:1,500円(学生・65歳以上は500円引き)ドリンク付
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://www.bungeika.or.jp/event.htm
9月16日(土)

ブックトークの会「ネット上のクラブからプロの児童書翻訳者へ」

「やまねこ翻訳クラブ」20周年記念のトークイベント。やまねこ会員の翻訳家が翻訳のあれこれを語る。

主催:教文館
日時:2017年9月16日(土)14:00~15:00
場所:東京・銀座 教文館ナルニア国 ナルニアホール
講師:田中亜希子(英米文学翻訳家)、ないとうふみこ(英米文学翻訳家)、宮坂宏美(英米文学翻訳家)
会費:1,000円
申込方法:電話(詳細は下記サイト参照)

http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/e14b5e50
9月16日(土)

証券金融翻訳者を目指す人のためのセミナー

証券金融翻訳に関心を持っている方や証券金融翻訳に携わっている方向けのセミナーを二部に分けて開催。第一部は『翻訳者として必要な証券金融知識~入門編~』。日常的に出てくる様々なトピックを、証券金融の観点から捉えなおし、金融知識を学習。第二部ではILC卒業生向けにトライアルの機会を提供している㈱インターブックス松元社長と金融分野の翻訳者として活躍しているILC卒業生の方から、証券金融翻訳の現状について話を聞くことができる。

主催:ILC国際語学センター東京校
日時:2017年9月16日(土) 10:30~13:00
場所:東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル2階
講師:
第一部 証券金融翻訳コース担当講師 菅原栄 先生
第二部 株式会社インターブックス代表取締役 松元洋一氏
現在フリーランス翻訳者として活躍中の証券金融翻訳コース卒業生
受講料:一般1,500円(税込)
申込方法:Web申込(先着順、下記サイト参照)

http://www.ilc-japan.com/tokyo/archives/18958
9月18日(月) ~9月22日(金)

MT Summit XVI(第16回MTサミット)

機械翻訳に関する研究発表、ワークショップ、招待講演、パネルディスカッションなどが行われる国際カンファレンス。日本での開催は1993年以来、24年ぶり。9月22日(金)には、MTサミット内JTF主催ワークショップとして、日本翻訳連盟(JTF)のワークショップ「使うしかない、いろいろあっても。Machine Translation acceptance among the Language Industry」も行われる(詳細は以下URLを参照。 http://www.jtf.jp/west_seminar/index_w.do?fn=search )。

主催:機械翻訳国際連盟(IAMT)、アジア太平洋機械翻訳協会(AAMT)、名古屋大学大学院情報科学研究科
日時:2017年9月18日(月)~22日(金)
場所:愛知・名古屋 名古屋大学
出演者:内容によって異なる
参加費:参加する内容によって異なる(一般のみ、学生割引あり)
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

http://aamt.info/app-def/S-102/mtsummit/2017
9月23日(土)

博多で翻訳勉強会2017「あなたの訳文の磨き方、それでいいの?」

2013年に福岡市内および近郊在住の実務翻訳者2名で発足した「福岡翻訳勉強会」。今回は、東京から講師を招き、「あなたの訳文の磨き方、それでいいの?」をテーマに翻訳勉強会を開催。両講師が90分ずつ講演し、その後は雑談トークセッション「聞いてみたいな、あんなこと、こんなこと、そんなこと」を実施予定。

主催:福岡翻訳勉強会
日時:2017年9月23日(土)13:30~18:00
場所:福岡 ももち文化センター 特別会議室
講師:遠田和子(日英翻訳者)、高橋 聡(IT翻訳者)
会費:5,000円(懇親会は別途5,000円)
申込方法:オンライン(詳細は下記サイト参照)

https://qshutranslation.wordpress.com
9月23日(土)

対談 ドイツミステリー最前線

魅力的なドイツ語文学を次々に翻訳、日本に紹介している翻訳家の酒寄進一さんと、ドイツミステリーのナビゲーターも務めるマライ・メントラインさん。多才な作家の作品群からドイツ語圏読者の傾向まで、とことん語り合う。

主催:朝日カルチャーセンター
日時:2017年9月23日(日)13:00~15:00
場所:東京・新宿 新宿住友ビル(朝日カルチャー新宿教室)
講師:酒寄 進一(ドイツ文学翻訳家、和光大学教授)、マライ・ メントライン(ドイツ関連のコラム、エッセー、映像翻訳、通訳、イベントなど)
受講料:会員3,672円、一般4,320円
申込方法:オンライン申込(下記サイト参照)

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/383911a1-b3b7-7887-b536-597178275432
9月23日(土)

メディカル翻訳者を目指す人のためのセミナー

メディカル翻訳に関心を持っている方やすでにメディカル翻訳に携わっている方向けのセミナーを二部に分けて開催。第一部では、ILC卒業生向けにトライアルを提供している㈱メディカル・トランスレーション・サービス稲垣氏とメディカル翻訳者として活躍しているILC卒業生の方からメディカル翻訳の現状や受講中の体験談について聞くことができる。第二部は『メディカル翻訳にチャレンジ』。医学論文やジャーナル記事の翻訳例を題材にして、それぞれの訳文の問題点を考えることで、メディカル翻訳に求められるスキルや面白さを体験。

主催:ILC国際語学センター東京校
日時:2017年9月23日(祝・土) 13:00~15:30
場所:東京都港区赤坂2-2-19 アドレスビル2階
講師:
第一部 
株式会社メディカル・トランスレーション・サービス 東京オフィスマネージャー 稲垣秀記氏
現在フリーランス、オンサイト翻訳者として活躍中のメディカル翻訳コース卒業生2名
第二部メディカル翻訳コース担当講師 吉田和男先生
受講料:一般1,000円(税込)
申込方法:Web申込(先着順、下記サイト参照)

http://www.ilc-japan.com/tokyo/archives/18962
9月29日(金)

やまねこ翻訳クラブ20周年記念 ないとうふみこさん×宮坂宏美さん×平野麻紗さんトークイベント~やまねこ翻訳クラブってなんだ?~

やまねこ翻訳クラブ20周年記念イベント。

日時:2017年9月29日(金)19:00~
場所:東京・丸の内 丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場
出演者:ないとうふみこ(翻訳家)、宮坂宏美(翻訳家)、平野麻紗(やまねこ翻訳クラブ スタッフ)
入場料/申込方法:丸善・丸の内本店3Fレジカウンターにて、9月中旬ごろ開始予定の「やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックフェア」より1冊書籍を購入すると整理券が配布される。電話予約可能。(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022929.html?shgcd=HB300
9月30日(土)

人文社会科学書の翻訳とグローバル化 条件と障害

ピエール・ブルデューが指摘したように、思想の国際的流通は、一連の社会的要因と仲介者の力に左右される。人文社会科学書の翻訳は、そこでどのようなメカニズムが働いているかを観察する格好の場となっている。いかなる要因が有利に作用し、あるいは障害となるのか。

主催:日仏会館フランス事務所
日時:2017年9月30日(土)18:30-20:30
場所:東京・恵比須 日仏会館フランス事務所 1階ホール
講演者:ジゼル・サピロ(フランス国立社会科学高等研究院)、【ディスカッサント】石田英敬(東京大学)
入場料:無料
申込方法:オンライン

http://www.mfj.gr.jp/agenda/2017/09/30/20170930_sapiro/index_ja.php
9月30日(土)

JATENT+TACセミナー 字幕・吹替の翻訳者がアツく語る。「ハウス・オブ・カード」の映像翻訳

アメリカ発の政治ドラマ「ハウス・オブ・カード」の字幕・吹替を担当した翻訳者が、一般的な字吹のルールや両者の違い、各種ツールや辞書、お役立ちサイトなどを紹介。本編の具体的なシーンを取り上げ、昨今の字吹同時放送における作業の流れや処理の違いや苦労話を語る。

主催:日本翻訳者協会(JAT) JATENT(エンターテインメント翻訳分科会)、TAC(東京地区活動委員会)
日時:2017年9月30日(土)14:00~15:00、交流会17:00~19:00
場所:東京・五反田 清泉女子大学
講師:瀬尾友子(映像翻訳者)、高内朝子(映像翻訳者)
参加費:【事前購入】JAT会員1,000 円、非会員3,000円、【当日支払】JAT会員1,500 円、非会員3,500円/懇親会【事前購入】2,500円、【当日支払】3,000円
申込方法:ウェブ申込(詳細は下記サイト参照)

https://jat.org/ja/events/event/tac-seminar-sept2017

2017年10月

10月01日(日)

「『述語から読む・訳す』ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#7)

シンポジウム2016の「めだかの発表『訳例カード分け』」、レッスンシリーズ#4「訳出のバリエーション」、そしてシンポジウム2017の「述語から読む・訳す」。毎回好評な、高橋さきのさんによる「述語シリーズ」。今回、今までの総集編に新しい内容も加えた最新バージョンをお送りする。

主催:翻訳フォーラム
日時:2017年10月1日(日)13:15~16:45
場所:東京・池袋 IKE Biz(としま産業振興プラザ)
講師:高橋さきの(翻訳者)、深井裕美子(翻訳者、通訳者)
参加費:5,000円
参加方法:WEB申込(詳細は下記サイト参照)

http:/bit.ly/fhonyaku_Lesson7
10月06日(金)

やまねこ翻訳クラブ20周年記念 西崎憲さん×田中亜希子さん×ないとうふみこさんトークイベント~西崎憲さんとやまねこたちの意外な関係~

やまねこ翻訳クラブ20周年記念イベント。

日時:2017年10月6日(金)19:00~
場所:東京・丸の内 丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場
出演者:西崎憲(翻訳家)、田中亜希子(翻訳家)、ないとうふみこ(翻訳家)
入場料/申込方法:丸善・丸の内本店3Fレジカウンターにて、9月中旬ごろ開始予定の「やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックフェア」より1冊書籍を購入すると整理券が配布される。電話予約可能。(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022932.html?shgcd=HB300
10月08日(日)

翻訳者のためのマクロ勉強会

翻訳環境向上のために、秀丸エディタや秀丸マクロ、Word VBA、AutoHotkey等の研究を行う「翻訳者のためのマクロ勉強会」、通称「ほんまかい」。今回は、特許翻訳者で秀丸マクロに強い杉山範雄さんを招き、初歩から秀丸マクロを勉強する。

主催:翻訳者のためのマクロ勉強会(ほんまかい)
日時:2017年10月8日(日)9:30~16:30
場所:大阪 神大クラブ(大阪駅前第1ビル11階)
講師:杉山範雄(特許翻訳者)
会費:未定
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://honmakai.com/events/108%E3%80%80%E3%81%BB%E3%82%93%E3%81%BE%E3%81%8B%E3%81%84
10月13日(金)

やまねこ翻訳クラブ20周年記念 金原瑞人さん×田中亜希子さん×宮坂宏美さんトークイベント~金原瑞人さんとやまねこたちの意外な関係~

やまねこ翻訳クラブ20周年記念イベント。

日時:2017年10月13日(金)19:00~
場所:東京・丸の内 丸善・丸の内本店3F児童書売場特設会場
出演者:金原瑞人(翻訳家)、田中亜希子(翻訳家)、宮坂宏美(翻訳家)
入場料/申込方法:丸善・丸の内本店3Fレジカウンターにて、9月中旬ごろ開始予定の「やまねこ翻訳クラブ20周年記念ブックフェア」より1冊書籍を購入すると整理券が配布される。電話予約可能。(詳細は下記サイト参照)

https://honto.jp/store/news/detail_041000022933.html?shgcd=HB300
10月21日(土)

ブックトークの会「クラブとのかかわり、児童書や翻訳のこと」

「やまねこ翻訳クラブ」20周年記念のトークイベント。やまねこ会員の翻訳家が翻訳のあれこれを語る。

主催:教文館
日時:2017年10月21日(土)14:00~15:00
場所:東京・銀座 教文館ナルニア国 ナルニアホール
講師:こだまともこ(英米文学翻訳家)、武富博子(英米文学翻訳家)、相良倫子さん(英米文学翻訳家)
会費:1,000円
申込方法:電話(詳細は下記サイト参照)

http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/e14b5e50
10月26日(木)

阿部公彦×都甲幸治 「大学の先生は、普段どうやって本を読んでいるのか」『名作をいじる』『今を生きる人のための世界文学案内』(立東舎)刊行記念

この秋、立東舎から2冊の文学に関わる本が出版される。1冊は、阿部公彦さんが考えた、新しい読書の本『名作をいじる「らくがき式」で読む最初の1ページ』。もう1冊は、翻訳家でもある都甲幸治さんの書評集『今を生きる人のための世界文学案内』。2冊の刊行を記念して対談を行う。

主催:本屋B&B
日時:2017年10月26日(木)19:00~21:00
場所:東京・下北沢 本屋B&B
出演者:阿部公彦(東京大学文学部准教授)、都甲幸治(翻訳家、早稲田大学文学学術院教授)
入場料:1,500円+500円(1ドリンク)
申込方法:オンライン(下記サイト参照)

http://bookandbeer.com/event/20171026_abetoko