『通訳・翻訳ジャーナル』で毎号開催している「誌上翻訳コンテスト」。
今回の課題は、人気ミステリ作家ドン・ウィンズロウの作品。
今年6月に発売されたばかりの新作The Forceからの抜粋です!
審査を担当するのはミステリ翻訳の第一人者である田口俊樹さん!
翻訳家を目指している人、翻訳に興味のある人、
英語力に自信のある人、ミステリファン、みなさんの挑戦を待っています。

コンテスト概要

主催

イカロス出版株式会社『通訳・翻訳ジャーナル』

出題・審査・講評

翻訳家 田口俊樹さん
たぐち・としき/1950年生まれ。翻訳家。マルタの鷹協会会員。早稲田大学第一文学部卒業。劇団木馬座に勤務した後、都立高校教員となる。教員生活を送りながら、1977年よりミステリ翻訳を手がける。1989年より翻訳学校フェロー・アカデミーにて講師を務める。2009年には、故・小鷹信光さん、深町眞理子さん、白石朗さん、越前敏弥さんと共に「翻訳ミステリー大賞」を設立。ローレンス・ブロックのマット・スカダーシリーズをはじめ、『怒り』(ジグムント・ミウォシェフスキ/小学館)、『その犬の歩むところ』(ボストン・テラン/文藝春秋)、『ゴーストマン 時限紙幣』(ロジャー・ホッブズ/文藝春秋)、『卵をめぐる祖父の戦争』(デイヴィッド・ベニオフ/早川書房)、『チャイルド44』(トム・ロブ・スミス/新潮社)など訳書多数。
翻訳ミステリー大賞シンジケート→

課題文

The Force(著者:Don Winslow)より抜粋
The Force の詳細(ドン・ウィンズロウ公式サイト)→

応募締切

2017年11月20日(月)当日消印有効

賞・賞品

最優秀賞(1名):賞金3万円
優秀賞(2名):賞金1万円

結果発表

入賞者の発表および講評は、2018年2月21日発売予定の『通訳・翻訳ジャーナル』2018年春号に掲載。

課題文および応募用紙の入手方法

・課題文と応募用紙は『通訳・翻訳ジャーナル』2017年秋号69~74ページに掲載しています。
・『通訳・翻訳ジャーナル』2017年秋号は、全国の書店またはAmazonや楽天ブックスなどのネット書店、イカロス出版のホームページからお求めいただけます。
・訳文に規定の応募用紙を添え(複製不可)、郵送でお送りください。応募用紙がない場合、応募無効となります。
・『通訳・翻訳ジャーナル』2017年秋号の内容詳細は以下リンク先(表紙画像をクリック)をご参照ください。

TH2017AUT_cover

『通訳・翻訳ジャーナル』2017年秋号