インタースクール

こんな学校です!

インターメソッドと独自カリキュラムを組み合わせ、「スクールで学び、現場で生かす」相乗効果で確実に実力がつけられるシステムを整備。第一線で活躍する講師陣による実践に即した授業は、「読む」「聞く」「書く」「話す」を総合的に訓練でき、多様なニーズに合わせて選べるさまざまなコースも充実。また、㈱インターグループの通訳・翻訳部門、人材紹介/派遣部門との連携により、受講生の夢の実現に向けたサポート体制にも定評がある。

講師インタビュー

oshidasensei

「会議通訳コース本科Ⅲ」
押田 泉先生
(おしだ・いずみ)

立教大学文学部英文学科卒。在学中、英国に交換留学。自動車、小売、IT、保険などの業界に従事しつつ、インタースクールで会議通訳、IR通訳コースを受講。ワークショップ終了後、インターグループ通訳者として稼働開始。当校の「会議通訳コース」のほか、「ビジネス通訳コース」の講師も務める。

「プロを育て、一緒に仕事がしたい」という強い意志を持って指導しています

「会議通訳コース本科Ⅲ」は、高度な英語力を駆使してネイティブスピーカーと対等にコミュニケーションができることはもちろん、企業や官公庁などの役員レベルの会議で通訳者として稼働できる完成度まで到達するのが目標です。

通訳者としての言語運用力を高めるために、授業ではまずはオリジナル言語の正確な理解と、オリジナル言語に引きずられることなくターゲット言語に沿った構成で訳出ができるよう指導しています。本クラスの受講生は、会議通訳コース最上級クラス「本科Ⅳ」の進級を控えていますので、逐次通訳・同時通訳ともに、記憶保持力や表現力などの向上もまだまだ期待されます。

また、通訳者は「コミュニケーター」ですので、受講生が現場でも笑顔で最高のパフォーマンスが発揮できるよう、程よい緊張感を持ちながら私自身も笑顔を大切にした授業を心がけています。

オンライン授業でいま求められるスキルを養う

現在は、すべての授業をオンラインで実施しています。昨今ではオンライン上で通訳することも増えたので、オンライン授業は、機器の操作に慣れたりインターネット環境を整えたりする良い機会です。また、講師もビデオ会議システムの機能を活用して、受講生一人ひとりの通訳パフォーマンスを確認し、個々の強みや改善点を把握することもできます。その一方で受講生は、教室とは異なる環境でも冷静に通訳をするという対応力や精神力も鍛えられるでしょう。

本校の良さは、インターグループ通訳事業部との強固な連携です。コーディネーターは頻繁に授業をモニタリングしており、各受講生に対して今後どういうお仕事をお任せできるかを常にイメージしています。また、講師は皆「プロを育て、現場で一緒に仕事をするんだ」という強い意志を持っています。

私自身もインタースクールで学びましたが、先生がクラスメート全員に「私と一緒に(同時通訳の)ブースに入る通訳者にしたい」と言ってくださったのをよく覚えています。その言葉とともに、通訳者としてのスキルと心構えを余すところなく教えていただいたからこそ、プロの通訳者になれたのだと思います。

コロナ禍の現状やAIの台頭で、今後はさまざまな状況下でも対応できる通訳者の活躍が期待されます。本気で通訳者になりたい、挑戦したいという方は、ぜひインタースクールの門をたたいてほしいですね。

受講生インタビュー

aokisan

「会議通訳コース本科Ⅲ」
受講生
青木 優作さん
(あおき・ゆうさく)

早稲田大学人間科学部人間科学科卒業後、投資運用会社のシンガポール支社で6年ほど勤め、2018年4月よりインタースクール福岡校で受講を開始。現在は、半導体関連企業にて社内通訳や翻訳の仕事に従事するかたわら、「会議通訳コース本科Ⅲ」を受講中。

めざすのはどんな案件にも対応できる通訳者
自身の可能性をさらに広げたい

幼少期に米国で暮らしていたこともある青木優作さんは、当時、現地の子どもたちとの英語の運用能力の差を感じて「言葉の壁を乗り越えられたらどんなに素晴らしいか」と思い始めたという。それから社会人になり、国際競技イベントでの通訳ボランティアを経験。そこで初めて通訳という職業を次のキャリアの選択肢として考えるようになった。そんな時インタースクールのことを知り、受講を始める。

青木さんは現在、半導体関連企業で社内通訳や翻訳の仕事に従事するかたわら「会議通訳コース本科Ⅲ」を受講している。通訳業務に従事する上で必要な対応力は授業を通して身についているという。

「仕事では、会議の性質によって精度優先かサマライジング重視かなど、訳出スタイルを適宜判断する必要があります。本科Ⅲクラスから本格化する同時通訳訓練も含め、普段の授業でさまざまな訳出スタイルを繰り返し練習しているので、仕事でも比較的スムーズに対応できていると実感します」

さらに講師の客観的かつ的確なアドバイスも着実なレベルアップには重要だ。

「例えば、自分では流れるような訳出ができたと思っていても、『文章の切れ目が分かりにくい』場合があります。『聞き手に負担がかからないよう、意識的に一呼吸おいてみて』という講師のアドバイスをもとに、実践を重ねています」

全国の講師とスタッフが受講生のキャリアを支援

実は、今の社内通訳の仕事もインターグループからの紹介なしには知りえなかったものだという。

「インタースクール受講前は、そもそも通訳者として通用する日が来るかどうかすら分かりませんでしたが、働き始めてからも講師とスタッフの方々のサポートのおかげで順調にこなせていると感じますね」と青木さん。現在行われているオンライン授業にも大きなメリットを感じている。

「各拠点でプロとして活躍されている講師から指導を受けることができますし、全国からインターのスタッフの方が授業を見て評価してくださるので、受講生として実力をアピールする場が増えたのだと捉えています」

今後の目標は会議通訳コースを修了し、もっと上のレベルをめざすことだ。

「自身の可能性を広げ、どんな案件にも対応できる通訳者になりたいと考えています」