こんな学校です!

通学・通信講座とも、入門からプロレベルまで豊富なラインアップを用意。また、翻訳を学べる学校として日本で唯一の全日制コース(総合翻訳科)も開講。第一線で活躍中の現役翻訳者が指導にあたる。企業の協力のもと、各分野で優秀な受講生の翻訳者デビューをサポートする仕組みが用意されているのも同校の強みだ。

修了生インタビュー

katosan

「出版基礎」
修了生
加藤 恭久さん
(かとう・やすひさ)

2012年、武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。フリーランスとしてさまざまな映像制作の現場で働く。2017年にフェロー・アカデミーに入学し、「翻訳入門」「出版基礎」「フィクション」などを修了し、現在「芹澤ゼミ」を受講中。

著名な翻訳家の先生方から大切なことを学んでいます

幼い頃から本好きだった加藤恭久さんは、高校生になると海外文学の虜になった。村上春樹氏と柴田元幸氏の訳書を好み、翻訳家は憧れの仕事に。そのときは「高嶺の花」で片付けてしまったものの、30代になり、美大を卒業して就いた映像関係の仕事に行き詰まりを感じる中、思いが再燃した。

「本当にやりたいことをやろうと、フェローへの入学を決めました。フェロー出身の文芸翻訳家の方は多いですし、著名な翻訳家の先生方に直接教えてもらえるのは、やはり大きな魅力です」

「翻訳入門」で英語を勉強し直すと、デニス・ルヘインら人気作家を手がける加賀山卓朗先生の「出版基礎」へ。現代小説、ミステリー、SF、児童文学、ノンフィクションなどを課題に、さまざまな出版ジャンルの訳し方を学んだ。児童文学が課題だった際、丁寧でやさしい表現を使うことばかり考えたが、「子どもは大人が思っているほど子どもではない」という加賀山先生の言葉に、ハッとさせられたという。

「思い込みや独りよがりに陥ってはいけないという教えです。原文を尊重しつつ、常に読者の存在を念頭において訳す姿勢が身についたと思います。また描出話法をはじめ、重要な文法についても詳しく説明してくださり、とても勉強になりました」

先生やクラスメートの解釈を聞くのが楽しみ

中級「フィクション」でも加賀山先生のクラスを受け、リズムの大切さなど、より踏み込んだ指導を受けた。そのかたわら、学校が実施する「受講生×出版社紹介サポート」に応募したところ、みごと優秀者に選出。出版社に紹介され、未訳の原書を読んであらすじや所感をまとめるリーディングの仕事につながった。「翻訳家への一歩を踏み出せて、とてもうれしかったです」。

現在はリーディングをしながら、芹澤恵先生が担当するゼミクラスに在籍している。コロナ禍の影響でオンライン授業に替わったが、「先生やクラスメートの解釈を聞けるのが楽しい」と加藤さん。翻訳への情熱は、少しも冷めていない。

「好きな作家の作品を訳し、海外小説の魅力を若い世代に伝えられたらいいですね。そのためにも、未訳の良書を発掘し、精力的に出版社に持ち込もうと考えています」

講師インタビュー

kagayamasensei

「出版基礎」
加賀山 卓朗先生
(かがやま・たくろう)

英日翻訳家。『あなたを愛してから』『スパイたちの遺産』(早川書房)、『オリヴァー・ツイスト』(新潮社)、『モーリス』(光文社)、『11月に去りし者』(ハーパーコリンズ・ジャパン)、『最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと』(日本経済新聞出版社)など訳書多数。

原文を正しく解釈してからが翻訳の本当のスタートです

「出版基礎」の特徴の一つは、課題の豊富さです。短篇小説、ヤングアダルト、SF、ノンフィクション、自己啓発書などを取り上げ、英文法の重要項目を確認し、日本語表現を考えながら、ジャンルに合った訳文づくりを学びます。

また、リーディングについても簡単に指導し、実際にレジュメ(シノプシスを中心とした選書資料)を書いていただきます。リーディングをきっかけに翻訳家デビューする人も多いので、最初は戸惑いながらも、皆さん熱心に取り組んでくれます。

オンラインでも、基本的に対面の授業とあまり変わりません。画面上で訳文に赤字を入れながら説明できますし、受講生の発言も増えているように感じます。

翻訳は、原文を正しく解釈してからが本当のスタート。誤読や誤訳を減らすことは必要ですが、肝心なのは「最終成果物としての日本語」です。常に「どんな訳文に仕上げるか」を意識し、自分で読み返して理解できない日本語は絶対に残さない。これは「訳者の能力」ではなく「読者に対する誠意」の問題であり、センスや経験値に左右されません。この点を、基礎クラスにいる間にしっかり心に刻んでほしいと思います。

大変な時代だからこそ「好き」を見極めてほしい

出版翻訳は、フィクションとノンフィクションに分かれます。フィクションの場合、読んでいる時間そのものに愉しさがあるので、文章の音感やリズムが大事。かたやノンフィクション、特にビジネス書のように情報収集を目的とした本では、内容がすっと頭に入ってくるかが問われます。そうした違いがあるので、いちど自分の「向き・不向き」を考えてみるといいかもしれません。

出版翻訳には「人の心を動かせる」という醍醐味があります。一方で、「万人受けしやすい無難な訳」と「刺さる人には深く刺さる訳」との間でどうバランスを取るか、どちらを志向するかという難しさもある。その意味では、翻訳は永遠に続く修行のようなものだと思います。

いろいろな意味で大変な時代です。こういうときこそ、自分が本当に好きなこと、やりたいことは何かを見極め、掘り下げてください。それがなんであれ、いつか必ず翻訳に役に立つ日が来るはずです。