映像コンテンツに強い翻訳会社が運営する映像翻訳スクール
効率的・実践的なカリキュラムにより短期間でプロデビューへ

wise_main

映像翻訳に強い翻訳会社ワイズ・インフィニティでは、プロ養成を目的とした映像翻訳講座を開講している。字幕・吹替・放送などのジャンル別に講座を設け、経験豊富な現役プロが、現場のノウハウを徹底指導。独自のサポートシステムも用意され、わずか1年でプロとして活躍することができる。通学・通信の併設や3大都市での開講など、「学びやすさ」も大きな魅力だ。

訪問クラス 「英日字幕講座・実践科」

仕事の鉄則から訳し方のコツまでを伝授

「英日字幕講座 実践科」は、字幕の基本を学び終えた人がスピードの向上と表現力の強化を図るクラス。SST(字幕制作ソフト)の操作を学習したあと、ドキュメンタリー、リアリティー番組、特典映像、音声解説の順に字幕演習に取り組むという。

訪問したのは、リアリティー番組の初回クラス。講師の大沢晴美先生は、この日が受講生との初顔合わせということもあり、「基本の確認」から授業を始める。

「今回、提出課題に『申し送り』を付けていたのはお一人だけでしたが、仕事では付けるのが当たり前です。課題も仕事だと思って、必ず付けるようにしてください」

申し送りでは、固有名詞・人名・地名について、採用した日本語表記とその根拠、出典を示す必要があるという。また人名の場合、基本的には『新・アルファベットから引く 外国人名よみ方字典』に準拠し、俳優については『allcinema:映画データベース』の表記に従うのが通例だそうだ。「申し送りが細かいほど、翻訳者としての信頼が高まります」と大沢先生。こうしたプロとしての心構えを身につけることも、実践科の大切な目的の一つのようだ。

続いて、字幕課題の吟味へと移る。素材は、一般人を短期間トレーニングし、その道のプロとして第三者を騙せるかどうかを検証する番組。受講生の字幕を映像に載せて確認したあと、訳者を含む全員が意見や感想を述べ、それらも加味しつつ先生が字幕をチェックする。リアリティー番組はナレーションとインタビュー、会話が混在するため、それぞれに適した口調で訳し、かつ適切にハコを切ってスムーズな流れをつくれるかが、一つのポイントになる。

受講生の発言に答える形で一通り指導すると、大沢先生はプロの目線で、ルールや表記に関するテクニカルなミスや字幕としての難を挙げ、改善法を示していく。「情報の取捨選択が難しい」と漏らした受講生の字幕をチェックした際には、ある箇所の字幕全体について「流れがつかめていない」と指摘。挑戦者の適性を見るためにドッキリを仕掛け、そのネタばらしをした後にナレーションが入るという、淀みのないシーンだ。

「ここは、挑戦者のとった行動は結果的に正しい、という流れをつくらないといけない。でも、AとBという2つの情報のうちBを切り捨ててAを残したため、『正しい行動を取れなかった』という逆の意味になってしまっています。情報の取捨選択に迷ったら、そのセリフだけ見ずに、全体の流れを考えるようにするといいです」

SSTを使った実践指導でプロの凄みにふれる

大沢先生はまた、スポッティングが適切に取れているかも細かくチェックする。カット割が細かかったり、会話の中で言葉がかぶったりすることの多いリアリティー番組では、字幕を出すタイミングが微妙にズレていると、視聴者の違和感につながりかねない。そこで、SSTを使って発話のタイミングを10分の1秒単位で細かく確認し、テンポが早く、言葉がかぶったりするリアルな会話シーンでのスポッティングのコツをアドバイスしていく。

字幕を出すタイミングが重要なのは、それだけではない。大沢先生は挑戦者が会話するシーンをいったん音声を消して流してみせてから、こう解説した。

「音のない状態で字幕だけで見ていると、テキパキと受け答えをしているように見えます。でも実際には、挑戦者はUm…と言ったりしていて、その返答はどこか間延びしています。このおっとりした喋り方に挑戦者の個性や性格がにじみ出ていて、それがトレーニングを重ねる中で変わっていくところに、この番組のおもしろさがあるわけです。だから最初のうちは、そのおっとり感が出るようなタイミングでスポッティングを取っていくと、より“伝わる字幕”になると思います」

プロはそこまで考えているのかと、感服せずにはいられない。頷きながら聞き入っていた受講生たちも、おそらく同じように感じたに違いない。

訳文すべての検討を終えると、大沢先生は「私の主観だけにならないよう、今日のように皆さんの意見を聞いたり、それぞれの疑問点を解消したりしながら、私が担当する残り4回の授業を進めていきたい」と締めくくった。少人数制を生かした対話型の授業もさることながら、プロ目線の指導には、やはり「深い学び」がある。その蓄積が、受講生たちを即戦力へと成長させていくのだろう。

講師コメント

osawasensei

英日字幕講座
実践科
大沢晴美先生

ワイズ・インフィニティの字幕翻訳講座を経て、2009年に翻訳者に。ラジオ放送局に勤務しながら、さまざまな映像コンテンツの翻訳に従事している。「英日字幕講座実践科」のほか、「同基礎科(マンツーマン)」の講師も務める。


実践科は「下積み期間」のようなもの
即戦力としてのスキルを身につけてください

「英日字幕講座実践科」の修了後、母体であるワイズ・インフィニティのトライアルに合格すると、すぐに仕事が発注されます。その意味では、実践科は「下積み期間」のようなもの。即戦力として活躍するために必要な実践的な知識やコツをお教えしますので、「課題は仕事、提出日は納期」という意識で、本気で取り組んでほしいと思います。

翻訳には「1つの正解」がないので、誤訳以外はできるだけ受講生の方の感性を生かし、よりよい表現にするためのアドバイスを心がけています。仕事を始めてしまうと、ほかの人の訳を見たり自分の訳を見てもらったりする機会がほぼないので、受講中にできるだけ他人の訳や意見にふれ、表現やテクニックの引き出しを増やすようにしてください。

字幕も含め、翻訳はあくまで「人に理解してもらうためのもの」です。一人で訳していると、どうしても独りよがりになってしまうので、「ほかの人に伝わるか?」という意識を持ち続けることが大事。また、最終的に問われるのは「日本語の表現力」ですので、意識的に新聞や本を読み、言葉を広く吸収することが大切だと思います。

どんなに機械翻訳が進化しても、演出の意図を汲み取り、それを表現するのは、おそらく人間にしかできません。そこに翻訳者の存在意義があると思いますので、「人間ならではのスキル」をしっかり磨いていきましょう。映像翻訳は、世界が限りなく広がっていく楽しい仕事ですので、もし興味があるのなら、ぜひ本校の扉を叩いてみてください。