第一線で活躍中のプロが経験に基づくノウハウを徹底指導
万全のキャリアサポートで即戦力へと導く通訳者・翻訳者養成校

naruhon2022_simul_honyaku_zyugyou

サイマル・アカデミーは、通訳者・翻訳者養成で高い実績を誇る伝統校。翻訳者養成コースにおいて、実務に精通した一線級の現役翻訳者が、最新の素材を教材として実践的な指導を行っている。また、サイマル・グループ内で連携し、翻訳者登録推薦制度やOJT制度といったサポートも充実。これからを担う翻訳者の育成に力を入れている。

訪問クラス 翻訳者養成コース「産業翻訳日英プロ科」

ネイティブ講師の解説でニュアンスの違いを知る

「産業翻訳日英プロ科(金融・経済・経営)」は、プロ育成を主眼とした最上級クラス。英語ネイティブ講師のもと、授業は英語で進行。従来は通学講座だが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、2020年度はオンラインでの実施となった(ウェブ会議ツール「Zoom」を使用)。

授業は、前回提出した翻訳課題の講評から始まる。課題はピークオイル説を論じた新聞記事。ショウジ・マロイ先生は「『人やモノの移動』の『モノ』はthingsではなくgoods」「『化石燃料』は、石油、石炭、天然ガスなどあるのでfossil fuelsと複数形に」など、注意点を指摘する。ポイント解説が終わると、すかさず受講生から質問が飛ぶ。そのやり取りは、対面の授業と何ら変わらない。

続いては、この日提出する翻訳課題についての討議。課題はエネルギー企業の株主通信で、ある受講生がこんな問いかけで口火を切った。企業のホームページを調べ、「(製造所の)事業所」をa terminal(物流拠点)としたが、ほかにどんな訳が考えられるか?

「皆さん、どうですか?」。マロイ先生の声がけに対し、4~5人が自分の訳を発表する。先生は、その一つひとつをZoomの画面に大きく映し出されたワードファイルに入力、比較しやすくした上で、それぞれを吟味していく。

「◯◯さんが調べてくれたように、実際にはterminalでしょう。それはそれとして、business office/establishmentはデスクワークのニュアンス。business siteは意味の幅が広いので、この文脈でも問題ありません。詳細がわからないときは、できるだけ意味に幅のある言葉を選ぶのが賢明です」

ほかにも、「(在庫影響を除いた)実質営業利益」の「実質」は訳す必要があるか、動詞的な表現が並ぶ「協業継続の検討を進める」はどう訳せば簡潔になるかなど、さまざまな質問が出た。そのたびにネイティブならではの判断や考え方が示され、中身の濃い時間が過ぎていく。

本講座では、英文記事を読んでサマリーにまとめるリーディング課題も課される。その狙いは「要点を理解する力」の鍛錬。授業では、意味のわからなかった表現や気になった言い回しについて、マロイ先生が語意や用例を解説する。

たとえば、この日の課題(日本の莫大な家計金融資産をめぐる論説)で使われていたGoldfish stuck in jellyという比喩。これについて、先生は“Putting it into a business expression, it means dead asset. It’s like if you own 10 apartments, and you don’t rent out at all for some reason, the asset is dead, right?”と説明した。英英辞典には期待できないわかりやすさだ。

受講生の発言で指導と学びの質が深化

休憩を挟んでの後半は、インクラスワークが行われた。1~2文ずつ順に英訳していく演習で、1人が訳し終えるたび、訳文をチェックする。原文は、企業向けのVR(仮想現実)サービスに関する経済紙の記事で、この日、3度目のテーマチェンジとなる。

担当者のparticipants carrying virtual terminals(VR端末を身につけた参加者)という訳に、ほかの受講生から「VR端末はゴーグルに似ているのでwearing VR devicesでは?」との提案がなされる。マロイ先生は「それでもOK」とし、wearingという単語から派生するかたちで「名詞のwearableを使い、participant with VR wearableとも訳せます」とアドバイス。こうしたやり取りが、訳文ごとに展開されていく。

強く印象に残ったのは、hold meetings and business conference(会議や商談会を開く)という受講生訳に対する、マロイ先生のコメントだ。「捉え方にもよるが、こうも訳せます」と前置きし、hold business meetings and negotiations という代案を示した。この日、マロイ先生は何度か「言葉ではなく、意味を訳すことが大事」と強調していたが、この訳例には「なるほど」と思わずにはいられなかった。

自分の英訳が適切か否か。ほかにどんな表現のバリエーションがあるか。そして、ネイティブならどう訳すか。こうした「最も知りたいこと」を吸収できるところに、ネイティブに学ぶ最大の価値がある。今期の受講生12名のうち、大半がリピーターというのも納得の2時間だった。

講師コメント

翻訳者養成コース
「産業翻訳日英プロ科」
ショウジ・マロイ先生

イギリス出身。ロンドン大学卒、ダラム大学経営大学院修士課程修了。英国と日本の銀行・証券会社に20年以上勤務し、日英翻訳やIR業務を担当。2004年に独立し、政府機関や大手金融機関、メディアを主な顧客に、日英翻訳や英文編集・作成・校閲などを受託している。

機械翻訳に代替されない一流の翻訳者をめざしてください

このクラスでは何か意見する際、自分の訳を提案するのがルールです。1つの訳をめぐってディスカッションに発展し、さまざまな考え方や知識を全員でシェアするので、得るものはとても大きいと思います。また、英語で金融経済の知識を学び、英語で討議するため、英語力の底上げも期待できます。

皆さんに身につけていただきたいのは、金融・経済に関する内容を正しく理解する力、理解するのに不可欠なリサーチする力、そして理解した「意味」を適切な英語で伝える力です。授業の課題に取り組む場合もそうですが、辞書を引く前に、まず解説記事などを読んで内容を理解することが大事。辞書を引いて言葉だけを置き換えたところで、意味が伝わる英訳にはなりません。

日英翻訳において、日本人の方は原文の内容理解に優れています。外国人翻訳者の場合、主語のない日本語の文章を読み違えて誤訳したりしますが、そういうミスが少ないのです。意味の流れをきれいに英語で表現できるので、英語ネイティブでなくても翻訳者として十分に活躍できます。もちろん、英語の表現力を磨く必要があります。宿題として英文記事を読むだけでは不十分ですので、日頃から英語を読むことを習慣づけてください。

サイマルの受講生は、レベルもモチベーションも非常に高い。これが長年、講師をしてきての実感です。その高い要求に応えるべく、英語を母語とする金融業界経験者として、出し惜しみなく指導します。現状に満足せず、常にレベルアップに励み、機械翻訳に代替されない一流の翻訳者をめざしてほしいと思います。