段階的なレベル設定、丁寧な添削指導で無理なくステップアップできる分野別講座
修了後のプロデビューも系列の翻訳者ネットワークで万全サポート

実務・出版・映像翻訳のすべてをラインナップしたフェロー・アカデミーの通信講座。入門から上級まで着実にステップアップしながら仕事に必要なスキルを身につけられる。また、スクーリングや動画配信サービス、カウンセリングなど、受講生のサポートも充実。自分のライフスタイルを崩すことなく、誰でもプロを目指すことができる。

目的に応じていつでも、どのレベルからでも開始できる

フェロー・アカデミーの通信講座は、実務・出版・映像の全分野において初級、中級、上級とレベル別の講座を開講。また、分野を問わない入門講座も設けており、自分の目的に合わせて、いつでも、どのレベルからでも学習を始められる、学びやすいコース体系を整えている。

入門講座である「翻訳入門<ステップ18>」では、テキストで英文解釈のポイントと翻訳の手順をわかりやすく解説。<テキストを読んで要点を理解⇒課題を翻訳して提出⇒添削結果を解説・訳例と照らし合わせて復習⇒疑問があれば質問>というのが基本的な学習の流れだ。自分が翻訳した文章に対して個別の添削指導が受けられるため、効率よく実力アップを図ることができる。

課題の提出は月2回。決められた提出期限を目安にして課題に取り組むことができる。随時課題を提出できる「速習コース」も選択できるので、短期間で学び終えたい、自分のペースで早く力をつけたい、という人にはおすすめだ。

学習相談から仕事獲得まで受講生をフルサポート

添削では、受講生の実力をふまえた上で、英文解釈や日本語表現、表記や書式などの観点から丁寧に指導する。誤りを正したり、弱点やクセを指摘したりするだけでなく、うまく訳せているところはきちんと評価。適切な訳語や代案の提示、参考書の紹介など、ステップアップに役立つアドバイスも行う。

訳してわからなかった部分は課題提出時に質問ができ、返却時に回答が得られる。訳文への指摘や質問への回答などがすべて文字で残された添削は自分だけのオリジナルテキスト。添削内容について何度でも質問できる「復習サポートシステム(Q&A)」も設けているので、疑問点をうやむやにすることなく、納得のいくまで勉強できる。

さらに、動画配信を利用したサービスもある。「翻訳入門<ステップ18>」では定期的にオンラインスクーリング(初回は視聴無料)を実施している。プロへの入口となる上級「マスターコース」でも、オンラインスクーリングを行う講座や、課題の解説を動画で行う講座があり、必要なパソコン環境があれば、対面で授業を受けているかのような学習が可能だ。

通信講座は基本的に一人で学習するスタイルだが、フェロー・アカデミーでは専任スタッフによる「学習カウンセリング(面談・電話・メールのいずれか)」を随時受け付けている。受講中はもちろんのこと、受講前、修了後などいつでも学習や仕事について相談できるのが頼もしい。

講座修了後の仕事については、同校併設の翻訳者ネットワーク「アメリア」がサポートする(受講申込みと同時入会で入会金無料)。「アメリア」では常時約300件の求人情報を公開し、コンテストや独自のトライアルも開催している。マスターコースで優秀な成績を収めると、修了時に講師から「クラウン会員(翻訳の実力を証明する資格)」に推薦され、「アメリア」での仕事獲得のチャンスが広がる仕組みがある。このような一人ひとりのニーズに合ったサポートにより、プロを目指してスキルアップすることができる。

受講生インタビュー

二條菜々恵さん にじょう・ななえ 横浜市立大学国際文化学部欧米文化学科イギリス文学専攻。卒業後は自動車部品メーカーに就職した後、外資系の自動車部品メーカーに転職、部品調達の部署では社内資料の翻訳経験も。結婚・出産を機に会社を辞め、子供が2歳になった頃、フェロー・アカデミーの「翻訳入門<ステップ18>」を始める。以後、実務翻訳<ベータ>、ベータ応用講座「契約書」、マスターコース「契約書・ビジネス法務」を修了。現在は翻訳チェックの仕事に従事している。

二條菜々恵さん
にじょう・ななえ

横浜市立大学国際文化学部欧米文化学科イギリス文学専攻。卒業後は自動車部品メーカーに就職した後、外資系の自動車部品メーカーに転職、部品調達の部署では社内資料の翻訳経験も。結婚・出産を機に会社を辞め、子供が2歳になった頃、フェロー・アカデミーの「翻訳入門<ステップ18>」を始める。以後、実務翻訳<ベータ>、ベータ応用講座「契約書」、マスターコース「契約書・ビジネス法務」を修了。現在は翻訳チェックの仕事に従事している。

子育てと両立しながらマスターコースまで修了
レビューの仕事で経験を積み翻訳家デビューを目指す

もともと英語を使って仕事をしたかったという二條さんがフェロー・アカデミーの通信講座を始めたのは、お子さんが2歳になった頃。翻訳の仕事なら、環境が変わっても長く続けられそう、と思ったのがきっかけだ。

「通信講座で勉強できるところを調べて、何校か資料請求をしました。テキストのサンプルを見比べたら、フェローの「翻訳入門<ステップ18>」が一番読みやすかったのと、一冊のボリュームが割と薄めで課題提出も月に2回なので、ペースがつかみやすいと思ったんです」

添削してくれる先生が応援メッセージを添えてくれるのが心強く、自身も意欲満々で始めたものの、子育ての影響で徐々に課題を出すのが大変に。結局、最初の講座は半年で一旦止めることにした。
「このときはできなくなってしまいましたが、通信講座を始めたときに『ひと通り勉強しよう』と決めていたので、娘が幼稚園に上がるまで待って再開しました」

再開して受講した「実務翻訳<ベータ>」は、以前、二條さんが外資系の会社で扱っていた社内資料に近い内容だったことから、比較的取り組みやすく順調に進級。その後、ベータ応用講座では「契約書」、マスターコースでは「契約書・ビジネス法務」を選択。実践的な文章が1か月にA4で2、3 枚程度とボリュームも多くなったが、「緊張感があって、すごくワクワクした」という。

「例えば秘密保持契約書の『甲と乙は……』のような文章だけでなく、コンプライアンス関係のホームページに載る一般ユーザーさんが読むような文章など、内容が幅広いんです。それまで習っていた割と硬くて定型の表現ではない、一般的な文章に近づくほど、こなれた日本語にするのが難しかったですね」

マスターコースを2018年8月に修了した二條さんは、同年10月から翻訳者ネットワーク「アメリア」の求人情報で見つけた仕事に従事しながら、本格的な翻訳者デビューの準備を進めている。

「まずはレビューからスタートしましょう、ということで、今は翻訳チェックのお仕事をしています。ほかの方の訳文を見ていると、私だったらもっと硬くなったり、回りくどくなる文章も、『こうやって訳すんだ』と勉強になります。こうしてレビューのお仕事をしながら、自然な日本語にする、という苦手を克服して、少しずつ翻訳の仕事を増やしていきたいと思います」