「誌上翻訳コンテスト」は、季刊誌『通訳・翻訳ジャーナル』(2月・5月・8月・11月の21日発売)で毎号開催している読者応募型の翻訳コンテストです。最新号では「ミステリー編」を開催しています。課題は、アメリカのベストセラー作家、ハーラン・コーベンが2020年に発表した新作ミステリー小説より。審査・講評は、長年にわたりミステリーをはじめとするエンタメ小説の翻訳を手がける翻訳家の田口俊樹さんが担当。プロに自分の訳文を読んでもらえるチャンス! みなさんのご応募をお待ちしています!

コンテスト概要

主催

イカロス出版株式会社『通訳・翻訳ジャーナル』

出題・審査・講評

翻訳家 田口俊樹さん

1978年に雑誌『ミステリマガジン』掲載の短編で翻訳者デビュー。ローレンス・ブロック著「マット・スカダー」シリーズ(早川書房、二見書房)ほか、ジョン・ル・カレ『パナマの仕立て屋』(集英社)、ボストン・テラン『神は銃弾』(文藝春秋)、ドン・ウィンズロウ『ザ・ボーダー』(ハーパーコリンズ・ ジャパン)など訳書多数。「翻訳ミステリー大賞」発起人、フェロー・アカデミー講師も務める。

*通訳・翻訳ジャーナル2021年秋号では、田口さんの著書『日々翻訳ざんげ エンタメ翻訳この四十年』(本の雑誌社)の刊行を記念した特別インタビューも巻頭に掲載しています!

課題文

Harlan Coben 著『The Boy from the Woods』(Grand Central Publishing)より抜粋

*小学館より、2021年12月に田口俊樹さんの翻訳で同書の日本語版が刊行予定です

応募締切

2021年11月20日(土)当日消印有効

賞・賞品

最優秀賞(1名):
賞金3万円

優秀賞(2名):
賞金1万円

応募資格

翻訳に興味のある方ならば、どなたでも応募できます
ただし、下記の①・②に該当する方は除く
①本誌主催の「誌上翻訳コンテスト」で「最優秀賞」の受賞経験者
②ご自身の単独の訳書が2冊以上ある方(共訳書のみの方と単独訳書が1冊のみの方はOK)

結果発表

入賞者の発表および講評は、2021年8月21日発売予定の『通訳・翻訳ジャーナル』2021年秋号に掲載。

課題文および応募用紙の入手方法

・課題文と応募用紙は『通訳・翻訳ジャーナル』2021年秋号75~79ページに掲載しています。
・『通訳・翻訳ジャーナル』2021年秋号は、全国の書店またはAmazonや楽天ブックスなどのネット書店、イカロス出版のホームページからお求めいただけます。
・訳文に規定の応募用紙を添え(複製不可)、郵送でお送りください。応募用紙がない場合、応募無効となります。
・『通訳・翻訳ジャーナル』2021秋号の内容詳細は以下リンク先(表紙画像をクリック)をご参照ください。

通訳翻訳ジャーナル秋号