第7回 Togglを使って自分の作業時間を記録しよう!

オススメのツール、Toggl

上記の記録、「Toggl」というツールを使うと簡単にできますよ!
ほかにもこうした時間管理ツールは存在しますし、またExcelでも時間管理は可能だと思いますが、今回は私がとにかく愛用している「Toggl」を紹介させてください。

Togglは、時間の記録に特化したアプリケーションで、デスクトップアプリケーション版iOS版Android版ウェブブラウザ版があり、どこから記録しても記録内容は同期されます。
無料です。有料プランもありますが、無料で十分使えます。
私は、デスクトップ版、iOS版、ブラウザ版のいずれも使用していますが、メインで使用しているのはデスクトップ版なので、以下デスクトップ版で説明していきます(今回は操作が難しくないので、細かい操作方法については割愛します。特徴や、私が便利だと思っている使い方について説明します)。

こちら、実際のデスクトップ版の画面です。[▶]をクリックすると、記録が開始されます。簡単に記録開始できます。私自身は、PC画面にこのデスクトップ版を常時表示させていて、今の作業を始めてからどのくらい時間が経ったかな?などと思ったときにちらっと見ています。

記録をつけるのを忘れていると、上のようなリマインダーが画面に表示されます。なので、記録のつけ忘れも防げます。
本コラムを読んで、「使いやすそう!」と思っていただけた方は、まずはぜひこちらからダウンロード&インストールして使ってみてください。このTogglは多機能で、記録した時間に「タグ」「クライアント名」「プロジェクト名」などもつけられるのですが、これらをつけずにシンプルに時間を記録することも可能です。
時間管理を今までしてこなかった、という方は、まずはとりあえずインストール&ダウンロードして、[▶]をクリックすれば記録開始できますので、とりあえず使ってみてくだされば、と思います。

そうすれば、
・まずは、普段から作業時間を記録する!
・訳出にかかる時間だけでなく、周辺作業にかかる時間も記録する

は達成できますよね。

Togglの真骨頂、「クライアント名」「プロジェクト名」などでの分類とグラフ化

Togglはさらに、「プロジェクト名」「クライアント名」「タグ」「詳細」の4つの切り口から、記録した時間を分類できるんです。さらに、そのそれぞれの切り口で、グラフを表示できます。

 

デスクトップ版で[+Add details]をクリックすると、[Details]画面が表示され、[Description](詳細)、[Select project](プロジェクト名を選択)、[Add tags](タグを追加)などの項目が入力できます。

こちらを使って、記録する時間を普段から分類するようにしておくと、なんと、簡単にグラフ化できます!

こちら、今週一週間のクライアント別のグラフです。上の棒グラフは、1日あたりの総作業時間、下の円グラフは、クライアント別の作業時間です。条件をいろいろと変えて、今年1年の総作業時間を表示させたり、あるいは、プロジェクト別の作業時間を表示させたりすることもできます。便利そうじゃないですか?これすべて、無料ですよ。
グラフを確認するには、デスクトップ版で設定(歯車マーク)>[Reports]をクリックして、ブラウザ版に移動してください。


ちなみに、iOSアプリやAndroidアプリからでも、簡単なグラフは確認できます。

私の使い方

最後に私自身は、こうした「タグ」「プロジェクト名」「クライアント名」に何を入れているか、参考までにお伝えしようと思います。

私は、
「タグ」に個別案件名(案件ごとに自分で案件名を作っているので、それを入れています)、
「クライアント名」に発注元名、
「プロジェクト名」に発注元名+エンドクライアント名
を入れています。
こうすると、クライアント別、エンドクライアント別、個別案件別にフィルターをかけられて、グラフ化できるので、とても便利です!

ページ: 1 2