第24回 ハワイで仕入れた本からまず2冊

1.
晴れた日には天国が見えます。
マウナケア・サミット・アドベンチャーズで、頂上にのぼって天体観測を楽しみ、ハワイで最も異国情緒あふれる風光明媚な場所を散策しましょう。

(1行目はタイトル行(ピリオドがない)なので、句点は使用しないこと。天体観測は良いアイデアだと思います。ただ「異国情緒」+「風光明媚」は少し漢字が重なりすぎてかえってインパクトがなくなっているかなあ。)

2.
晴れた日には、天国が見えるかもしれません。
マウナケア サミット アドベンチャーズと一緒に、天体観測で天の頂きを探し、そしてハワイで最もエキゾチックで景色の良い場所の一つを探検してみませんか?

(やっぱりタイトル行に注意。「見えるかもしれません」だと可能性になっちゃって何かインパクトが弱い。マウナケアというのは山の名前。従って、summitはマウナケアの山頂のことです。あとスペースで間を区切るのは中黒にした方が良いでしょう)

3.
晴れた日には、天国が見えます。
マウナ・ケア・サミット・アドベンチャーズの「スター・パーティ」に参加して山頂をめざし、ハワイでもっともエキゾチックで風光明媚な場所の一つを探検しませんか。

(タイトル行に注意してください。star partyの冠詞は不定冠詞ですから固有名詞に扱うのは問題があると思います。括弧を取ってしまえばいいとは思いますが。あとこういう訳にすると「パーティ」がいわゆる「登山パーティ」に取られてしまいそうなので、それならいっそ「星祭り」とかにした方がいいかも。)

4.
晴れた日には、大空に手が届きそう。
ハワイ一の絶景を楽しみ、星空観測の頂点を極めませんか。私たちは、マウナケア サミット アドベンチャーズです。

(タイトル行に注意。大空にしてしまうと、星を見に行くというメッセージが弱くなりそうですね。頂点を極めるというと、すばる天文台に行けそうな気がしてしまうので、もう少していねいに。「私たちは~」は保険会社のコマーシャルにありそうだけど、悪くないです。)

5.
晴れた日には大空を見渡すことができます。
天体観測で頂きを望み、ハワイでもこれ以上ないというほど魅惑的で壮大な景観をご堪能ください。マウナケア サミット アドベンチャーズがご案内します。

(大空だとやはり星のツアーという印象が薄まります。天体観測で頂を望みというと、自分が麓にいるみたいです。実際には自分が山頂にいるんですね。)

6.
良く晴れた日には天空が見られます。
マウナケアサミットアドベンチャーズで、星の頂上会談を見つけて、ハワイの最も珍しくて景色の素晴らしい場所の一つを探検しましょう。

(タイトル行に注意。固有名詞はこう区切らなければ行けないというルールはないけど、やはりカタカナをこれだけ続けると読みにくいよ。「星の頂上会談を見付ける」ってどうい意味でしょう。the summitだから一つしかない頂上。すなわちマウナケアの頂上ですよね。)

7.
晴れた日には天国まで見えそう・・・
マウナケア・サミット・アドベンチャーズでは頂上を目指しながら天体観測を楽しみ、ハワイで最もエキゾチックで美しい風景の一つを探検できます。

(天国だとやっぱり大文字でHeavenになりそうです。heavensと複数形になっている点に注意。「風景を探検する」ことはできないんじゃないかなあ。名詞と動詞の関係(コロケーション)に注意してください。)

8.
「晴れた日に永遠が見える」というミュージカルがありましたが、ここでは晴れた日に空一面を見ることができます。
頂上まで登って天体観望してみませんか?見る人を惹き付けてやまないハワイ屈指の絶景をぜひお楽しみください。
マウナケア・サミット・アドベンチャーズがご案内します。

(ああ、よく調べてくれたのはすごくうれしいんだけど、一行目はタイトル行で普通の文章じゃないんです。だからタイトル風にしないと。それ以外はとても良いと思います)

9.
澄みきった夜に、ハワイの天空を楽しみませんか?
マウナケア山頂の天体観察会にお越しください。私たちマウナケア・サミット・アドベンチャーズが、ハワイ島ならではの非常にエキゾティックで美しい眺望に出会える場所をご案内します。

(悪くないです。ただタイトル行は仕掛けがあったことに注意。あと天体観察会というと何かちょっとフォーマルな印象を受けて、引いちゃう人もいるかも。場所「に」ご案内します、の方がよかったかなあ。)

10.
天気がいい日は素晴らしいです。
マウナケア サミット アドベンチャーと一緒にスターパーティで頂上をめざし、ハワイで最も魅惑的で眺めのいい場所の一つを探検します。

(一行目はタイトル行。「天気がいい日は素晴らしい」ですけど、意味不明だよね(^-^; 中黒を使いましょう。スターパーティは登山隊みたいに見えます。何か全体にぎこちないので、もう少し自分の中で意味を咀嚼してから訳すといいですよ。)

11.
天空まで見える晴天の日に、天体観望会で頂点を見に行きませんか。
そして我々マウナケア サミット アドベンチャーズと共にハワイでもっともエキゾチックで眺望のよい場所で探検しましょう。

(タイトル行が本文と混ざっちゃったのかな? 天体観望会は間違いじゃないんだけど、こう書かれると何か行く気が失せるのは僕だけ? 「我々」というのは広告では使わない方がいいです。何か上から目線に感じられるんだよねえ。)

12.
晴れた日には、天空が見えます。
星のパーティーで頂上(ルビ:サミット)を目指し、マウナケア・サミット・アドベンチャーズといっしょにハワイで最もエキゾチックで風光明媚な場所の1つを探検しましょう。

(一行目はタイトル行。うーん、特にサミットを引っかけたシャレというわけではないから、あまり意識しなくていいんじゃないかなあ。「風光明媚な場所の1つを探検する」の部分をもっとぴったりくるような表現にできるように工夫してみてください。)

13.
雲ひとつ無い晴れた日、あなたは楽園に出会います。
満天の星空を見るために、グループで一緒にマウナケア山頂へ行きハワイの中で一番エキゾチックで、眺めの良い場所をマウナ ケア サミット アドベンチャーズとともに探索しましょう!

(一行目はタイトル行です。うーん、楽園に持っていくなら「星の楽園」とかにしないとメッセージが伝わりにくいかな。「グループで一緒に」というのはツアーの話だからいらない情報だよね。スペースで名詞を切るのはやめた方がいいです。中黒だったら置換できるんだけど、スペースだとねえ、手作業になるんですよ。まあ厳密には範囲を指定して、スペースを中黒で置換でもいいんだけど、一手間増えるでしょ)

14.
晴れたら天を仰いでみませんか
星見のツアーで山頂を目指しハワイでもっともエキゾチックで感動的な絶景を探検しましょう マウナケア・サミット・アドベンチャーズがお手伝いします。

(工夫は感じられます。ただ何で読点使わずに切っちゃうのかなあ。実際のレイアウトがどうなるかが決まってない段階で、切る場所を指定するのはおかしいでしょう。「感動的な絶景」ですが「絶景」は「ほかにたとえようもない、すばらしい景色」なので、その中に感動的が既に入っているからくどく響きます。)

15.
晴れた日には星空が見られます。
天体観測会では山頂を散策していただき、ハワイ一エキゾチックで美しい場所をお楽しみいただけます。マウナ・ケア・サミット・アドベンチャーズでどうぞ。

(一行目はタイトル。「天体観測会」というのはどうも硬い感じがするんですね。あと「いただき」が2回続くのもちょっと引っかかります。あと晴れた日に星空が見られるというのはフツー過ぎるのではないかと。)

16.
晴れた日には、天空が見えます。頂上を目指し天体観測へ、そしてハワイで最も神秘的で美しい場所を、マウナケア サミット アドベンチャーズと探しに行きませんか。

(一行目はタイトル。「頂上を目指し天体観測へ」が少し落ち着かないかな。exploreは場所を探しに行くのではなくて、その場所を探るんですね。)

17.
晴れた日に望む楽園
天体観察会に参加して、ハワイの美しく感動的な景色を楽しみませんか―マウナケア サミット アドベンチャーズ

(一行目、タイトルとしてとらえていただけたのはいいんですが、何か小説の小見出しみたいな感じです。もう少し行きたいという気にさせないと。 あとやっぱり中黒は使いましょう。天体観測会はやっぱりフォーマルな印象を受けるんですよね。)

18.
天候がよければまさに天国が望めます。星空観察会で最高の経験をしませんか?ハワイで最も魅惑的で美しい場所の一つへと、足を踏み入れましょう。マウナケア・サミットアドベンチャーがお手伝いいたします!

(一行目はタイトル行。天国が見えちゃうというのはさすがに(^-^; 星空観察会もやっぱり硬い印象を受けるんですね。ただ流れ自体は悪くないので、もう少し単語の選択を考えればずっと良くなるんじゃないかな。)

19.
晴れた日には満天の星が臨めます。
マウナケア・サミット・アドベンチャーズ社のツアーに参加し、山頂での星空観察や、ハワイ屈指ともいえる神秘的で美しい眺望を楽しみましょう。

(これも一行目がタイトル行。でもそっちの雰囲気が悪くありません。ただ二行目、自社名を先に出して、「楽しみましょう」とすると、もう押しつけがましく響きます。たとえば「楽しんでみませんか」と変えるだけでずいぶん印象が違うんですよ。常に読者を意識するようにしましょう。)

20.
晴れた日は大空がみえます
マウナ・ケア・サミット・アドベンチャーズの山頂の星空観察ツアーに参加してみませんか。ハワイで一番エキゾチックな絶景スポットの一つ、マウナ・ケア火山を満喫します。

(大空だとやっぱり弱いと思うんですね。ここは「星空」にしたいところ。あと「○○の山頂の星空観察ツアー」とすると「の」が重なるので少しピンときにくくなります。社名は後でいいと思うんですね。むしろ「マウナケアの山頂で、星空を観察してみませんか」みたいにするとぐっと締まってきますよ。)

21.
天上まで見渡せるほど晴れた日には、天体観測会で空の頂上を探求し、これぞハワイ!という魅惑的で絶景な場所を探検しましょう。さあ、私たちマウナケアサミットアドベンチャーズとご一緒に。

(これだとタイトルと本文が混在しちゃってますね。マウナケアの山頂はこれぞハワイ!という感じではないと思うんですが(^-^; 南国ハワイなのになぜか4,000メートル超えの寒い場所というところがポイントなんですね。「空の頂上」もちょっとピンと来ないかも。)

22.
よく晴れた日は、満天の星が見られます。
天体観測会に参加して山頂をめざし、最高にエキゾチックなハワイの絶景を探検しましょう。ご予約はマウナケア・サミット・アドベンチャーズまで。

(一行目はタイトルね。流れとして、山の上について、天体を観測するんじゃないかな。これだと逆に見える。あと「エギゾティック」かなあ。「絶景」って探検するでしょうか。最後の「ご予約は」というのは一つのアイデアです。)

23.
天気のよい日には、満天の星空があなたを迎えてくれます。私たちマウナケア・サミット・アドベンチャーズといっしょに星を眺めながら山頂を目指し、ハワイでも一二を争う胸ときめく絶景を心行くまで楽しんでみませんか?

(一行目はタイトル行。それを除くと、雰囲気はいいかなあ。ただ星を眺めながら山頂を目指すんじゃないんだよねえ。実際四駆で曲がりくねった道を走りながら星を眺めるのは難しいと思いますよ(^-^; 最後の行の後半はけっこう悪くないです。)

24.
良く晴れた日には天国を見ることができます。
マウナケアサミットアドベンチャーズの極上の天体観測でハワイでもっとも魅惑的で風光明媚な場所を探検しませんか?

(天国が見えたらまずいです(^-^; 天国の時は基本Heaven。heavensと複数形になっている時には「天」とか「空」という意味になります。カタカナは中黒なしでつなぐと読みにくいですよ。あと「旅行社の極上の天体観測」って何だろう? 係り受けにもっと注意してくださいね。)

25.
晴れた日には素晴らしい天空を見ることができます。
天体観測団の一員として山頂を目指すのです。ハワイでも指折りの魅惑的な絶景ポイントを、マウナ・ケア・サミット・アドベンチャーと一緒に探検しましょう。

(何か、「頂上を目指すのです」って言われると上から目線に感じません? 「一緒に探検しましょう」も同じね。「~がご一緒します」とかいろいろ工夫してみてください。)

26.
良く晴れた日には、星空をご覧いただけます。
天体観測会に参加して山頂を探索し、ハワイでも有数の、最高にエキゾチックで見応えのある景観をご堪能ください - マウナ・ケア・サミット・アドベンチャーズで。

(晴れていれば星空は見えますよね。だからもう一工夫欲しいんです。「天体観測会」っていうと、ちょっと硬い印象があるんです。あと山頂の探索が目的ではなくて、「(天文台があるような)山頂で星空を眺めましょう」というメッセージを伝えたいところですよね。何を伝えたいのかがポイントです。)

27.
晴れた日には天空を見渡せます
最高の天体観測会、ハワイ随一の異趣に富んだ絶景を満喫しに行きましょう。マウナケア サミット アドベンチャーズがご案内します。

(意味はきちんと取れているんですが、やはり硬いです。こういうのってやはり「ノリ」が大切だと思うんですね。あと中黒はきちんと使ってください。)

28.
よく晴れた日には、楽園を目の当たりにすることができます。
マウナケア サミット アドベンチャーズで、星たちの集う天涯を求め、ハワイで最もエキゾチックで絵になる場所を探索してみませんか。

(一行目はタイトル。ハワイの話なので、厳密にはハワイ自体が楽園なんですね。だからここではもう一歩突っ込んで考える必要があります。二行目は工夫は分かるんですが、マウナケア・サミット・アドベンチャーズが場所のようにも読めます。あまり凝りすぎてもピンと来なくなるんですよ。広告だから。)
<全体講評>
仕掛けのつもりで用意したネタにはまったく引っかかってもらえず、それ以前に一行目のタイトル行を本文の一部と取られてしまったのが残念です。原文は分かりやすい言葉で書かれているんですが、その割りには訳しにくかったようです。広告はやはりお客さんが買おうとか、出かけてみようとか思ってくれないとだめなので、その意味でもっと読み手を意識してもらえると良かったです。

第23回ウルトラショート翻訳課題 MVP

今月の敢闘賞は27さん、MVPは不満もあるんですけど農作司佳子さんします。もっと精進してね。

<講師試訳>

晴れた日には永遠の星空が見える(満点の星空を眺めてみませんか?)
マウナケアの頂で星空を望み、ハワイ一ユニークな眺望をご自身の目でお確かめください。ご用命はマウナケア・サミット・アドベンチャーズまで。

<次回の課題文>

Dave Barryの上でご紹介した本から。

Elizabeth I presided over the Elizabethan Era, which produced the immortal William Shakespeare, who wrote such timeless works as Richard II, Richard III, Richard III Strikes Back, and Hamlet Hears a Who, and who gave us a priceless legacy of famous phrases that, to this very day, are pretty much incomprehensible.

常体(だである調)で。

毎月たくさんのメッセージをどうもありがとうございます。今月ももよろしくねえ。励みになります。それではまた来月。

★★訳文の応募は締め切りました★★

ページ: 1 2 3