第68回 言葉の定義を考える

■第67回ウルトラショート翻訳課題の講評

<今月の課題文>

I spent a big chunk of my life proving that quote. I was given a lot of opportunities, sometimes on a daily basis. For a long time I failed to take any of them, but then, in the early spring of 2007, that finally began to change.

<解説>

前段から読んでいきましょう。

There’s a famous quote I read somewhere. It says we are all given second chances every day of our lives. They are there for the taking, it’s just that we don’t usually take them.

「どこかで読んだ有名な言葉がある。僕たちは、人生で毎日、またの機会を与えられているというものだ。手に取りさえすればいいんだが、ただ僕たちはいつもそうしようとしない。」くらいかな。で、次のパラグラフに入ります。

I spent a big chunk of my life proving that quote. I was given a lot of opportunities, sometimes on a daily basis.
For a long time I failed to take any of them, but then, in the early spring of 2007, that finally began to change. It was then that I befriended Bob. Looking back on it, something tells me it might have been his second chance, too.

a chunk ofのchunkは大きな塊を指します。最初の行は、「この言葉を証明して、自分の人生の大きな(かなりの)部分を送ってきた」という意味。もちろんこのままではダメよ。その次は「時に毎日、多くのチャンスを与えられてきた。」これは上のon a daily basisと同じ表現を使っているので、本を丸々訳すのであればちょっと工夫が必要なところですが、ここでは単独で考えてもOKとします。「長い間、どれも手にすることは出来なかったが、2007年の初春に、ようやくそのことが変わり始めた。」とあります。「その時、僕はボブと仲良くなった。」befriendは、「become friends with」でも「act as a friend to」でも構わないです。「振り返ってみると、あれがボブにとってもやり直しの機会だったという気がする。」くらいかな。

ポイントになってくるのは、that quoteの処理。failed to take any of them…の部分。それにthat finally began to change.かな。

ページ: 1 2 3 4 5