第99回 簡単な単語の翻訳には要注意

第98回の課題文

They went down the stairs and gathered on the hot tarmac. There they saw something unusual: the wheels of the US Airways jet had sunk into the black pavement as if it were wet cement. The wheels were lodged so deep, in fact, that the truck that came to tow the plane away couldn’t pry it loose. The airline had hoped that without the added weight of the flight, thirty-five passengers, the aircraft would be light enough to pull. It wasn’t.

解説

まず「tarmac」は、「砕石を敷いた上にタールバインダーを流しローラーで固めた舗装」のことで、この舗装を施してあることから「タールマカダム舗装(アスファルト舗装)の道路、滑走路、エプロン」を指します(厳密にはアスファルト舗装とは限らないようです)。ここで一番難しいのは実はここはどこなのかということなんですね。課題文の前は

A voice came over the intercom: would the passengers of Flight 3935, scheduled to depart Washington, D.C., for Charleston, South Carolina, kindly collect their carry-on luggage and get off the plane.

とあります。このことから出発便であることがわかります。さらにサウスカロライナ州のチャールストン行きですから国内便であることもわかります。この場合、飛行機はエプロンにいるのかも知れないし、滑走路にいるのかも知れません。なので調べてみる必要が出てきます。そこでネット検索をしてみると、

A U.S. Airways flight at Reagan National Airport bound for Charleston, S.C. was delayed on Friday after it got stuck in a soft spot on the tarmac, apparently caused by extremely high temperatures, the The Washington Post reports.

According to Michelle Mohr, a U.S. Airways spokesperson, the 50-seat regional jet got stuck when the electric tug cart was unable to push it from the gate because the jet’s wheels had sunk into the tarmac.

が見つかりました。これを見ると”unable to push it from the gate”とありますから、滑走路上ではないですね(実際に考えてみると、そもそも重さで沈んだわけですから、滑走路上でいきなり沈むということはなさそうですが)。そうすると、滑走路と訳すのはアウトということになります。書かれている通りに訳しておくのが安全。その上でさらに「hot」との組み合わせをうまく訳す必要があります。They(乗客)は、階段を降りるわけですが、この場合は「タラップの階段」ですね。wet cementは「濡れたセメント」ではわかりにくいです。たとえば「固まっていないセメント」とか、一工夫するといいですね。towは、「牽引する」です。pryは「動かす」くらいの意味。フライトの追加重量=35人の乗客の部分は一工夫欲しいところ。ではコメントです。

ページ: 1 2 3 4 5 6