2015年の訪日外国人 過去最多1973万人

通訳ガイド2016.01.20

日本政府観光局(JNTO)は19日、2015年に日本を訪れた外国人客数が1,973万7,400人だったと発表した。前年比47.1%増で、過去最高だった2014年の1341万人を大幅に上回った。

JNTOは訪日外国人増加の主な要因として、クルーズ船の寄港増加、航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がりによる航空運賃の低下、これまでの継続的な訪日プロモーションによる訪日旅行需要の拡大、円安による割安感の定着、ビザの大幅緩和、消費税免税制度の拡充、などを挙げている。

市場別では、主要20市場のうち、ロシアを除く19市場が年間での過去最高を記録。最も多かったのは中国で、前年比107.3%増の499万3,800万人。次いで韓国の400万2,100人、台湾の367万7,100人と続く。アメリカは欧米市場で初めて100万人を超え、東南アジア市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)は合計200万人を上回った。

政府は東京オリンピック・パラリンピックのある2020年までに年間訪日客2,000万人を目標に掲げているが、2016年には達成されることが期待されている。ただし、中国経済の減速などを背景に伸び率は穏やかになると予想される。

詳細は、日本政府観光局(JNTO)報道発表資料