「トライアル合格」を最大の目標とする実務翻訳スクール
需要の高い専門分野別の講座でプロの実務翻訳者を養成

naruhon2019_ILC_zyugyou

ILC国際語学センターは1968年の設立以来、東京・大阪で質の高い英語教育を展開する伝統校。「専門分野を確立してプロの翻訳者になる」というゴールの下、特許やメディカルなどさまざまな分野別の実務翻訳講座が開講されている。提携翻訳会社のトライアル受験などキャリアサポートも充実しており、多くの修了生がプロデビューを果たしている。

訪問クラス 東京校 ビジネス和文英訳講座

英語ネイティブ翻訳者がビジネス文書の英訳のコツを伝授

「ビジネス和文英訳講座」は、英語ネイティブ翻訳者の講師が、日本人が英訳・英文作成で苦労する理由を解明しながら、日本語で英訳のノウハウを伝授する講座。Eメール、会議の議事録、プレスリリース、取扱説明書などビジネスでよく使われるドキュメントを教材に、各種文書の英訳に対応できる力を培う。受講生一人ひとりの長所を伸ばし、短所を改善してスキルアップにつなげるアントニー先生のきめ細かな指導には定評があり、翻訳者を目指す人のみならず、活躍中のプロ翻訳者や企業の海外部門で働くビジネスパーソンにも人気の講座となっている。

120分×10回のコースで、8回目となる今回の課題は化学メーカーのプレスリリースである。受講生は授業前に英訳を提出しており、授業は受講生が英訳を発表、全員でディスカッションする形で進んでいく。

プレスリリースの最初の1文は『この度、花田化学は、電池の性能を向上させる正極材料を開発しました』。アントニー先生は早速、『この度』をどう訳したか受講生に問いかける。recentlyやcurrently などの答えが出るが、「それでも間違いではありませんが、『この度』は日本語独特の表現なので、英訳には入れないほうがベターです。現在完了形にすることで、そのニュアンスを出すことができます」と先生から解説があった。

さらに、『向上させる』はimproveよりもenhance のほうが〝ワンランク上〟のイメージになる、『性能』は概念なのでthe performance とする(theをつけ単数にする)、といった細かな解説が続く。似た意味の単語の使い分け、冠詞や単数・複数の使い方、コロケーションなど、ビジネスシーンに即した自然な英語表現をネイティブ講師から直接学べることが本講座の大きな魅力である。

個別的な指導で一歩進んだ英訳を目指す

アントニー先生は、日本語の意味を正確に伝える英訳文が基本と考えているそうだが、プレスリリースのような文章に関しては「プラスα翻訳が必要になることもあります」と指導する。プラスα翻訳とは、原文には書かれていない微妙なニュアンスを訳出することにより、訴求力の高い英訳にする翻訳スキルだ。例えば先ほどの1文では、〝Hanada Chemical has successfully developed~〟などと訳すことで、よりプレスリリースらしい魅力的な表現になるという。このように、「プロの翻訳者ならこう訳す」というコツが具体的に示されるので、英訳初心者でも基礎から英訳スキルを養成できそうだ。

アントニー先生は、「これが正解」という指導を一切しない。翻訳は生き物であり、単純にこの英訳が正解と考えることはできない。そのため「〇〇として間違いではないが、△△のほうがベター」というように、いろいろな訳し方が考えられる中で、どの表現がベターなのか、なぜそれがベターなのか、ネイティブにしかわからない微妙なニュアンスの違いも含め丁寧に説明することを心がけているという。「私もここで悩みました! 〇〇さんの考えはどうですか?」と受講生に問いかけ、皆で一緒に考える場面も多い。複数の訳例を比較し、ディスカッションできることは通学講座ならではのメリットであり、自分の意見を述べたり他人の意見を聞いたりすることもスキルアップにつながる大切な学習になるそうだ。

授業はすべて日本語で行われるため、これから英訳の勉強を始めたい人も受講可能。一人ひとりに寄り添う熱心な指導が受けられる。個々の訳し方の癖や改善点が指摘されるだけでなく、長所を見つけ、「これはとてもいいですね!」とストレートに誉めてくれるので、自信も徐々についていきそうだ。授業直後に返却される添削課題にはコメントがびっしり。「先生の的確なアドバイスがモチベーションにつながった」「限られた時間の中で多くのことを学べた」「すぐに実務で役立った」などの修了生の感想が多いとのこと。一歩進んだ英訳のスキルを身につけたい人にピッタリの講座である。

講師コメント

ビジネス和文英訳講座 アントニー・フィッシャー先生 ケンブリッジ大学・ケンブリッジ大学院卒業。CELTA(英語指導者資格)取得。日本語検定1級。20年以上にわたり各種ビジネス文書の実務翻訳に従事。官公庁や元官房長官のスピーチ、国務大臣の挨拶などの英訳経験も持つ。

ビジネス和文英訳講座
アントニー・フィッシャー
先生

ケンブリッジ大学・ケンブリッジ大学院卒業。CELTA(英語指導者資格)取得。日本語検定1級。20年以上にわたり各種ビジネス文書の実務翻訳に従事。官公庁や元官房長官のスピーチ、国務大臣の挨拶などの英訳経験も持つ。

本人が英訳で苦労するポイントに焦点をあてながら英訳の基本スキルを指導します

「微力ながら~」「お手数ですが~」「やむを得ない事情により~」―ビジネスシーンでよく使われる日本語独特の表現、訳しづらい日本語はたくさんあります。悩むことも多いですが、訳しづらい日本語をどううまく英語にするかは翻訳のおもしろさの1つ。本講座では、日本人が英訳で苦労するポイントに焦点をあてながら、英訳のコツを徹底的に指導していきます。

学習目標は、わかりやすい正確な英訳文の作成です。最終的な目標は、きれいな英文や複雑な英文を書くことかもしれませんが、まずは日本語の意味を正確に英語で伝える力をつけることが重要です。そのためには、言葉の細かいニュアンスを理解する、ミスを極力少なくする、専門用語を正確に調べるなどのスキルが必要になるため、授業では英訳の基本に加えて、リサーチ技術や独自のチェック作業の手順なども伝授します。

授業でも添削でも、受講生の英訳をなるべく生かして指導することを心がけています。もちろん間違いは指摘しますが、受講生の訳文を「こういうふうに変えたら、より洗練されたうまい英訳になる」という観点で指導しています。自分の長所や改善点をしっかり把握し、実力アップを図ってもらえるように、添削ではできる限りたくさんのコメントを書くようにしています。

授業は一方的な講義ではなく、受講生が積極的に発言できる雰囲気を常に目指しています。多くの受講生の訳文を紹介しますので、クラスメイトからもたくさんのことを学んでほしい。独学も大切ですが、さまざまな人と交流できること、さまざまな英訳スタイルに出会えること、自分の英訳を客観的に評価してもらえることはスクールに通う大きなメリットだと確信しています。