入門から上級までの明快なレベル設定とさまざまな分野をカバーした多彩な講座
丁寧な添削指導でプロレベルの実力を養う

実務・出版・映像のすべてをラインナップしたフェロー・アカデミーの通信講座。入門.上級に分かれた学びやすいレベル設定と丁寧な添削指導が大きな特徴だ。またスクーリングやカウンセリングなどのサポートも充実。自分のライフスタイルを崩すことなく、誰でもプロを目指すことができる。

誰もがいつでも始められる
レベル別・分野別のコース体系

フェロー・アカデミーの通信講座は、実務・出版・映像の全分野において初級・中級・上級のレベル別講座を開講。分野を問わない入門講座も設けており、自分の目的に応じていつでも翻訳学習を始められる、学びやすいコース体系を整えている。

実践演習が主体の上級講座マスターコースをのぞき、各講座とも分野の特徴がよく理解できるテキストを使用する。〈テキストを読んで要点を理解→課題を翻訳して提出→添削結果の返却(解説・訳例付き)→復習して疑問があれば質問〉というのが、基本的な学習の流れ。それぞれの分野で求められる訳し方のスキルやルールを学び、実際に翻訳して添削指導を受けるため、たんなる〝知識〟ではない実践的な力がしっかりと養われていく。

課題の提出は月1回もしくは2回。提出期限が決められているため、それを目安に学習を進めることができる。入門の「翻訳入門<ステップ18>」と実務翻訳コース初級の「実務翻訳<ベータ>」については、自分のタイミングでいつでも課題を提出できる「速習コース」もあるので、短期間で基礎を学び終えたい人におすすめだ。

丁寧に添削を行い
有益な情報も豊富に提供

提出課題は受講生の実力をふまえた上で、英文の解釈、日本語の表現、表記や書式などの観点から丁寧に指導する。誤りを正したり、弱点やクセを指摘したりするだけでなく、よく訳せているところはきちんと評価。適切な訳語や代案の提示、専門用語の解説、参考書の紹介など、さらなるスキルアップにつながるアドバイスも行う。

訳して分からなかった部分は課題提出時に質問することができ、返却時に回答が得られる。講師による訳例、指導やアドバイス、質問への回答などがすべて文字で残された添削は、何度も読み返せる自分だけのオリジナルテキスト。また添削内容に対して何度でも質問できる「復習サポートシステム」を設けており、疑問をうやむやにすることなく、納得のいくまで勉強できる。

学習相談から仕事獲得まで
受講生をフルサポート

「翻訳入門<ステップ18>」では、定期的に、スクーリングを開催(初回は参加無料)。マスターコースでも、講師によるスクーリングが実施される。講師からスクールで直接講義を受けることができ、ほかの学習者と交流も深められる貴重なチャンスだ。「翻訳入門<ステップ18>」と「実務翻訳<ベータ>」については、オンラインスクーリングも実施。必要なパソコン環境があれば、学校に出向くことなくスクーリングに参加することが可能だ。専任スタッフによる「学習カウンセリング(面談・電話・メールのいずれか)」も随時受付けており、学習や仕事に関して相談できる点も安心だ。

仕事獲得のサポートについては、同企業が運営する翻訳者ネットワーク「アメリア」が行う(受講申込みと同時入会で入会金無料)。常時約250件の求人情報を公開し、コンテストや「アメリア」独自のトライアルを開催している。マスターコースの優秀者は、修了時に講師から「クラウン会員(技能の高さを証明する資格)」に推薦され、「アメリア」での仕事獲得のチャンスがアップ。実力に応じ、さまざまな形でスキルアップやキャリア形成にチャレンジすることができる。

受講生インタビュー

阪東万里さん ばんどう・まり 京都大学大学院農学研究科修士課程修了。食品メーカー勤務を経て、2014年に渡米。現地大学の研究室で実験補佐員をしながら、フェローの通信講座で翻訳学習を始める。「翻訳入門<ステップ18>」「実務翻訳<ベータ>」などを修了。現在はマスターコース「メディカル」を受講しながら、在宅でメディカル・バイオ関係の英日・日英翻訳と校閲に従事している。

阪東万里さん
ばんどう・まり

京都大学大学院農学研究科修士課程修了。食品メーカー勤務を経て、2014年に渡米。現地大学の研究室で実験補佐員をしながら、フェローの通信講座で翻訳学習を始める。「翻訳入門<ステップ18>」「実務翻訳<ベータ>」などを修了。現在はマスターコース「メディカル」を受講しながら、在宅でメディカル・バイオ関係の英日・日英翻訳と校閲に従事している。

入門講座から始めてメディカル翻訳者に。
安心して読んでもらえる翻訳を提供していきたい
2014年にご主人の仕事の都合で渡米し、今もアメリカに暮らす阪東万里さん。現地でフェロー・アカデミーの通信講座を受講し、現在はプロとしてメディカル・バイオ関係の英日・日英翻訳を手がけている。

そんな阪東さんが翻訳者を目指したのは、住む場所が変わっても辞める必要がなく、継続して経験を積み上げていくことができるから。通信講座が充実している点に惹かれてフェローを選ぶと、「翻訳入門<ステップ18>」から学習を始めた。

「読んで理解することと翻訳することはまったくの別物だと思い知り、自信があった英文法の知識にかなり穴があることにも気づきました。『なんとなく』ではなく文法に則って正しく原文を解釈し、その意味するところをわかりやすく訳すという、翻訳の基盤ができたと思います」

続く「実務翻訳<ベータ>」では、さまざまな実務分野の英文を訳す中で「背景を調べていくうちに、霧が晴れていくように英文の意味が見えてくる感じが新鮮で、実務翻訳のおもしろさを知った」そう。その感覚が最も強かったメディカルに進路を定め、ベータ応用講座「メディカル」では基礎知識や専門用語、分野特有の訳し方を学んだ。

添削された課題が戻ってくると、赤字を発奮材料にじっくり復習し、次の課題に取り組む。そんなひたむきな勉強が実を結び、マスターコース「メディカル」の選抜試験に合格。さらに翻訳者ネットワーク「アメリア」を介して受けたトライアルも突破して、2017年夏に晴れて翻訳者となった。目下、同コースでベテラン翻訳者の直接指導を受けながら、プロとしての実績をコツコツと積み上げている。

「仕事では調査のために論文を読みますが、1回目のマスターコースで医学論文を翻訳した経験が役立っています。今は治験関連に特化した2回目を受けており、どう訳せば正確でわかりやすく簡潔な訳文になるのかを、先生の丁寧な添削と解説を通して学んでいるところです」

海外で生活してみて、「必要な情報を母語で得られることのありがたみ、安心感を身に染みて感じた」と阪東さん。その切実な思いが、翻訳に真摯に向きあう源泉になっている。

「特にメディカルは健康や命に関わるので、安心して読んでもらえるよう、正確でわかりやすい翻訳を提供できるようになりたいですね。そしてゆくゆくは、メディカル・バイオ関連のマーケティング文書にも挑戦したいと考えています」