学習者のレベルとニーズに応じた3コースで
実務翻訳者に必要なスキルを体系的に養成

naruhon_2018_ILC_honyaku

現役翻訳者によるきめ細かな指導の下、高度な翻訳スキルを備えた人材を多数輩出しているアイ・エス・エス・インスティテュート。英語翻訳者養成コース「総合翻訳科」「ビジネス英訳科」「専門別翻訳科」では、実務に必要な翻訳スキルを体系的に学ぶことができる。通学クラスに加え、インターネットクラスも充実。グループ企業(株)翻訳センターとの連携により、「仕事につながる」クラスを開発・開講している。

訪問クラス 英語翻訳者養成コース「総合翻訳科・本科」

個々の問題を全員で共有しディスカッションを重ねる

「総合翻訳科・本科」は、プロデビューを見据え、多様かつ難度の高い翻訳への対応力、高度な訳出力を習得するクラスだ。英日、日英の授業が交互に組まれたカリキュラムの中で、広告、挨拶文、マニュアル、社内研修資料などさまざまな文書の英日・日英翻訳に取り組む。今回は、フリーランス翻訳者として活躍中の成田あゆみ先生による英日の授業をレポートしよう。

この日の課題は、米国の高名な医師2名の経歴を英語から日本語に訳すというもの。受講生はあらかじめ訳文を提出しており、授業開始時に添削済みの課題と、受講生全員分の訳文を受け取る流れになっている。成田先生からは、「プロフィールらしく体言止めを用い、適度に”盛る”(誇張する、飾る)ように」との指示が出ているが、実はこの課題、原文に間違いや曖昧な箇所が多く、解釈するのも一苦労だったようだ。授業はまず、一人ひとりが課題に取り組んでみての感想や難しかった点を述べ、問題を共有することから始まった。

受講生の感想で聞かれたのは、「コロン、セミコロンの関係がわかりづらく、処理の仕方に悩んだ」「どこまで飾っていいのか、盛り加減がわからなかった」「固有名詞の訳語を探すのが難しかった」など。原文解釈および訳出に関して、難しいと感じるところはほぼ共通しているようで、それぞれの発言を聞いて同意する受講生も多い。成田先生からは、「コロンは抽象から具体を説明する記号、セミコロンは並列などの記号なので、A:B;Cは『A、すなわちBおよびC』となるはずだが、原文の文意を考えて、セミコロンの前で切れると解釈してもいい」「原文にどこまで忠実に訳すのか、意訳はどこまで許されるのか、その加減を学ぶのがスクールなので、何でも試してほしい」などの解説やアドバイスがある。受講生からも積極的な発言や質問が相次ぎ、全員が参加しての白熱したディスカッションが続いた。

あえて悪文に取り組むことでプロの仕事の難しさを体感

一人ひとりの疑問に対するフィードバックが終わり、授業の後半は成田先生の講評の時間になる。添削していて気づいた点、改善すべき点について、個々の訳文を例にあげながら解説が加わる。

「alsoが出てくるたびに、『さらに』『また』と何度も訳出している人がいるが、文書の用途により、接続詞以外の形で訳出したほうがいい場合もある。文体のリズムを重視すること」「throughout the worldなど、文意上あってもなくても大差ないように見える語でも、省略しないで訳出すべき」「historic”firsts”のように原文に(” “)があっても、訳文には必ずしも(「 」)を付けなくてよい。ダッシュ(――)も同様で、地の文とうまくつながるようであれば、無理に用いる必要はない」など、表記に関するルールや、課題文以外の文書にも広く応用できる知識も示される。

受講生からの「文学的な表現と一般的な表現が混在している場合、どちらかに統一したほうがいいのか」の質問には、「原文がコピペの寄せ集めでも、訳文の全体的なトーンは統一したほうがいい。翻訳者が考えるべきは、文書の用途」とのアドバイスがあった。

このほか、「place……implantsのplaceの訳語で迷ったら、この専門では『施術』『手術』『治療』のどれが一般的かを調べるとよい。ネットで検索してヒット件数を参考に。その際、一般人ではなく専門家が使っているかどうかを確認すること」など、専門用語の訳語を選択する時のコツも披露された。

全文の解説が終わったところで、成田先生の訳例が配付され、この日の授業が終了。今回は、原文が正しい英語で書かれていなかったため、上級クラスの受講生にとってもかなり手ごわい課題になったようだ。ただし、プロの翻訳者として仕事を始めると、ネイティブ以外の人が書いた原文を訳すことはよくあるという。そうした意味でも、さまざまな文書にふれながら英日・日英翻訳を学ぶ「総合翻訳科・本科」は、プロを目指す受講生にとってまたとない勉強の場になっているようだ。

講師コメント

英語翻訳者養成コース「総合翻訳科・本科」 成田あゆみ先生 なりた・あゆみ 一橋大学大学院博士課程(社会言語学専攻)中退。アイ・エス・エス・インスティテュート翻訳コースを経て社内翻訳者となり、現在はフリーランスの実務翻訳者として活躍中。論文・報告書類からアパレル・美容関係まで幅広い分野を手がけるかたわら、同校の「総合翻訳科・本科」の講師を務めている。

英語翻訳者養成コース「総合翻訳科・本科」
成田あゆみ先生
なりた・あゆみ

一橋大学大学院博士課程(社会言語学専攻)中退。アイ・エス・エス・インスティテュート翻訳コースを経て社内翻訳者となり、現在はフリーランスの実務翻訳者として活躍中。論文・報告書類からアパレル・美容関係まで幅広い分野を手がけるかたわら、同校の「総合翻訳科・本科」の講師を務めている。

読者・用途に合わせて文体を使い分けられるようになりましょう

私が担当する英日の授業では、英文を正しく解釈する力があることを前提に、読者・用途に合わせた訳し方を習得することを目標にしています。広告、挨拶文、マニュアル、社内研修資料などさまざまな文書を課題として取り上げますので、ジャンルやドキュメントに応じて読者を想定し、それに合わせた文体を考え、使い分けられるようになっていただきたいと思います。翻訳の仕事を始めると、よほど分野を限定して仕事を請けないかぎり、その都度異なる読者層を対象にした文書を訳すことになります。つまり、プロとして通用するには、どれだけ文体に幅を持たせられるかが重要。本科ではその「文体の使い分け」が大きなテーマになります。

スクールに通うことのメリットはたくさんありますが、他の受講生の訳から学べること、そしてフィードバックを受けられることが大きいですね。自分では気づけない改善点や長所を指摘してもらえると、学びが加速します。そのため、授業中は、その場ですぐに役立つ具体的なアドバイスをするように心がけています。受講生は一人ひとりに持ち味がありますので、それぞれの長所が生きるような指導ができたら、と思っています。

スマートフォンやタブレットが普及し、以前に比べて文字にふれる機会は増えているかもしれません。ですが、ネット上の文章のクオリティは玉石混交です。上達のヒントをお伝えするなら、翻訳者を志す方々には、ぜひお金を払って文章を読む経験をしていただきたいと思います。良い文章にふれることは、それだけでも勉強になりますし、なにしろ翻訳者自身が、自分の書いた文章に対して対価をいただく職業なのですから。