「トライアル合格」を最大の目標とする実務翻訳スクール
プロを見据えた専門分野別のプログラムで即戦力となる人材を育成

naruhon_2018_ILC_honyaku

ILC国際語学センターは1968年の設立以来、東京・大阪で英語教育を展開、グローバル人材を世に送り出す伝統校。人気の高い実務翻訳コースには、「専門分野を確立してプロになる」というゴールの下、特許やメディカルなど需要の高い分野の専門コースが置かれている。在校生・修了生には提携翻訳会社のトライアル受験のチャンスがあり、そのシステムを活用して、多くの人がプロデビューを果たしている。

訪問クラス 実務翻訳Ⅲ(英訳基礎)

中高で学んだ英訳から脱却、
稼げる実務翻訳の日英の基礎を身につける

「実務翻訳Ⅲ」は、メディカルや特許などの専門コースへ進む前段階としての日英翻訳の基礎を学ぶコース。担当の中野秀治先生によると、中学・高校で学んだ和文英訳から脱却し、稼げる実務翻訳のための基礎力を身につけることが目的だ。

授業は提出課題の振り返りからスタート。中野先生の講評・解説により進んでいく。課題文の素材はマニュアル、新聞記事、社内報などさまざまで、この日は広告宣伝文である。

中野先生はまず広告業界の基本用語である「AIDMAの法則」--広告に気付き(Attention)、関心を持ち(Interest)、商品が欲しくなり(Desire)、記憶し(Memory)、購入する(Action)という消費者の心理プロセス--を紹介することにより、広告宣伝文の特徴や性格を意識させた上で、課題文の主旨が「その住宅の太陽光発電システムなら、将来的には電気を売り、収入にすることも夢ではない」であることを確認する。原文の全体像をつかむことが第一であり、それを忘れて翻訳すると”地図を見ずにいきなり山に登る”ことになってしまうそうである。

原文は200字程度だが、1つ1つのフレーズに英訳のエッセンスが詰まっている。例えば「(冷暖房費を節約することが)可能です」。canを使っても間違いではないが、「canは『可能性がある』のニュアンスもあり弱い」と中野先生。「~できる」はallowや、場合によっては動詞の現在形を使った方が良いという。課題文をどう訳すかにとどまらず、応用できる英訳法を教えてくれるので、英訳の力が着実に磨かれていきそうだ。

事前に訳例および全員の英訳のコピーが配られているため、受講生は複数の訳を見ながら、どの表現がよりわかりやすいか、どの訳にどんな問題点・改善点があるかを考えながら、理解を深めていく。もちろん疑問点は自由に質問することが可能で、「『1年を通して』はthroughout the yearかthroughout a yearか」「キャッチコピーはどこまで意訳してよいか」などの質問が次々に飛び出す。その場で疑問を解決できることは、やはり通学クラスの最大のメリットと言っていいだろう。

提出した課題はネイティブ講師による添削指導を受けられる。現在はIT、環境、製薬などの分野に明るく、日本語も堪能な「実務翻訳Ⅲ」担当のジョン・ノーラン先生が担当している。

文法を学び演習にチャレンジ
知識が実践にどう生きるかをその場で学ぶ

課題の振り返りの後は、本日のメインである「分詞構文」について。付帯状況、原因・理由、情報補足、結果などさまざまな使い方があり、うまく使いこなせると英語らしい英語表現ができるようになるという。

中野先生は、例えば情報補足の分詞構文なら、The Consumer Price Index increased a bit in December, rising 1.8%.(12月の消費者物価指数は1.8%増と、わずかに上昇した)というように、具体的な例文を複数挙げながら解説。一通り理解した後、その場で分詞構文を使って英訳する5つの演習問題に取り組む。

「回転子の構造を回転対称にすることにより、遠心力のバランスがとられ、バランス用重りが不要になる」など、実際の仕事に出てくるような専門的な内容の原文が並ぶが、英語のキーワードが示されていることもあり、受講生は皆、短時間で英文を完成させていく。文法を学ぶだけで終わらせず、すぐに演習問題にチャレンジするため、学んだ文法の知識がどう実践に結び付くのかが自然に見えてくるようである。

訳した英文を数名が発表、中野先生が講評・解説して分詞構文のパートは終了。その後はコロケーション、前置詞の使い分け、ハイフンの使い方などが10~15分ずつ行われた。140分の長い授業だが、ちょっとした英訳のコツを学んだり、穴埋め問題を解いたり、気分転換になるような時間も多いので、飽きることがなく、あっという間に時間は過ぎていく。

プロの翻訳者として英訳ができることは、間違いなく大きな強みになる。英訳のハードルは高いが、そのハードルを超えプロになる力が自分にもある、英訳をぜひやってみたいと感じさせられる、魅力的な授業であった。

講師コメント

実務翻訳Ⅲ(英訳基礎) 中野秀治先生 なかの・しゅうじ 大阪大学工学部通信工学科卒業。オムロン㈱でソフトウェア開発、技術企画・調査、マーケティング、技術英語研修講師、英文カタログ・マニュアル制作などを担当。現在はフリーランス翻訳者として主に特許翻訳に携わる。

実務翻訳Ⅲ(英訳基礎)
中野秀治先生生
なかの・しゅうじ

大阪大学工学部通信工学科卒業。オムロン㈱でソフトウェア開発、技術企画・調査、マーケティング、技術英語研修講師、英文カタログ・マニュアル制作などを担当。現在はフリーランス翻訳者として主に特許翻訳に携わる。

翻訳のwhatよりもhowを学び応用力をつけ、プロになるベースを培ってほしい

授業では、翻訳の whatよりも、応用が効くように howを伝えることに重点を置いています。受講生には、翻訳の出来・不出来を気にするのではなく、翻訳の基本的な考え方を学んでもらいたいと思っています。20年以上にわたって蓄積してきた翻訳のノウハウを10週間で伝えることになるので、気合を入れて取り組んでほしい。仕事が来るかどうか、収入レベルはどうかなど気になるかもしれませんが、学校ではどうレベルアップするかだけを考えてください。でないと、たとえ仕事を始めても、リピートオーダーが来なくなる可能性があります。

英語も日本語も常に良い文章をインプットすることが大切です。日本語の下手な人に翻訳の上手な人はいません。まずは日本語の読み書きがしっかりできることが必要です。実務では原文の日本語に問題があることが多く、日英翻訳では、いかにちゃんとした日本語に直すかが、難しさでもあり面白さでもあります。

スクールは、講師やクラスメートと real-time & interactive にコミュニケーションでき、また刺激を受けられるのが最大の利点です。ILCは受講生に対して、家庭的で面倒見が良い学校です。私たち講師を大切にしてくれる学校でもあり、それが結果的に受講生へのサービス向上につながっていると思います。

言葉に興味があり、英語が好きなら、翻訳は知的好奇心が満たされる仕事です。翻訳者になるのも、また翻訳者であり続けるのも相当の勉強が必要ですが、翻訳の仕事がいやになって辞めたという話は聞いたことがありません。勉強が好きな人にはお勧めの仕事ではないでしょうか。