通訳ガイドとは?

観光やビジネス目的で来日した外国人に、外国語を用いて添乗業務や観光案内を行う仕事。誰かの言葉を通訳するのではなく自分の言葉で案内するので、通訳とは似て非なる仕事。年に1回行われる「通訳案内士国家試験」への合格が必須。

求められるスキル→語学力だけでなく、日本の地理や歴史、伝統文化などの幅広い知識、旅行客をもてなすホスピタリティやトラブルの際に冷静に対応する判断力なども必要。語学ができるだけでは務まらず、向き不向きもある仕事。

仕事をするには→まずは年に1度の「通訳案内士国家試験」に合格が必要。試験合格後に地方自治体に登録することで、晴れてプロとしてのスタートラインに立てる。その上で、旅行会社や派遣会社に登録する。最近は自分でHPなどを開設して外国人旅行者から直接ガイドの依頼を請ける人や、通訳ガイドのマッチングサイトなどに登録する人もいる。