6月28日(水)

フランスにおける日本文学の受容ー翻訳という起点の可能性と条件