第10回 英米文学以外は有名作家の短編で比較読みにチャレンジ

一行翻訳コンテスト2008.02.16

■オススメの一冊 アルベール・カミュの不条理文学 『The Stranger』 (Albert Camus著、Vintage Books刊) 閑話休題。今日は祖…

第9回 エージェントから見た好感度の高いガイドと敬遠されるガイド

通訳ガイド行脚2008.01.16

閑散期に充電しましょう! 新しい年を迎え、今年はどうしよう、こうしようかと自分をふりかえって見つめなおし、新しい方針を決めたりする時節がやってきました。通訳ガイ…

第9回 40年以上前の「空飛ぶモンティ・パイソン」吹替放送の陰にエンタメ翻訳の技あり

一行翻訳コンテスト2008.01.16

■お勧めの1冊 ナマリも内容も凝りに凝ったブリティッシュ英語台本 『The Complete Month Python’s Flying Circu…

第8回 哲学書で知る一行、一語の重み

一行翻訳コンテスト2007.12.16

■お勧めの1冊 哲学書は分かりやすい英語版で 『Tractatus Logico-Philosophicus』 (Ludwig Wittgenstein著、Ro…

第8回 お客様からのプレゼント

通訳ガイド行脚2007.11.17

チップはさりげなく納めるのがスマート? 今年もはや年末、クリスマスで賑わう季節がやってきました。通訳ガイドもSeason’s Greetings(さまざまな宗教…

第7回 大学のときに読んだペーパーバック

一行翻訳コンテスト2007.11.16

■お勧めの1冊 ヘミングウェイの有名な短編作品 『The Nick Adams Stories』 (Ernest Hemingway著、Scribner刊) で…

第7回 ティ・アイ・ピー

通訳ガイド行脚2007.10.17

日本にだってあるんです。心付けの習慣 会社の名前ではありません。業界用語で英語のTIP(心付け)を意味します。 “You can feel free from …

第6回 原書+新訳と旧訳の読み比べも楽しい

一行翻訳コンテスト2007.10.16

■お勧めの1冊 『かもめのジョナサン』でおなじみ 『Illusions: The Adventures of a Reluctant Messiah』 (Ric…

第6回 新人通訳ガイドのデビュー

通訳ガイド行脚2007.09.17

今春は直前のガイド依頼が続出 これって ”Visit Japan Campaign”のお陰? 2007年は、政府のVisit Japan…

第5回 僕を英語好きにしたラブクラフト

一行翻訳コンテスト2007.09.16

■お勧めの1冊 他の作家に影響力をもつコズミック・ホラー 『H.P. Lovecraft Omnibus 3: The Haunter of the Dark』…