第2回 小説の翻訳は形から入る

文芸翻訳コンテスト2016.05.15

2016年8月18日 編集部追記:応募いただいた方の訳文を2ページ、3ページに公開しました。 第1回の課題への応募ありがとうございました。37通の応募がありまし…

第2回 包丁片手に、これが本当のブレードランナー

日本お土産珍百景2016.05.10

外国人旅行者は日本の包丁が大好き 日本から海外へあまたのカルチャーが発信されてきたといっても、外国人旅行者の皆さんの間ではまだまだ「ゲイシャ」「フジヤマ」「サム…

第6回 ルーティンを大事にする

通訳者のメンタルトレーニング2016.05.02

同通前に集中するためのルーティン 2015年秋のラグビーW杯では、日本代表が優勝候補の南アフリカを破り、その後も破竹の快進撃を見せました。ただ、多くの日本国民に…

第6回 「家族ほったらかし」批判に徹底反論!

実践!ノマドライフ2016.04.28

ノマドは家族を不幸にする? 日本全国旅から旅へという日々を送っていると、物をなくすこともある。青森では大事にしていた腕時計を置き忘れてしまった。竜飛岬の近くで入…

第1回 ユーモアの翻訳に挑戦

文芸翻訳コンテスト2016.04.15

今回から始まった文芸翻訳家・宮脇孝雄さんの連載「本に埋もれて、翻訳の享楽」。宮脇さんが未訳・既訳を問わず「おもしろい!」と思った小説を取り上げます。その小説の一…

第91回 気がつけば、東京オリンピックまであと4年

通訳ガイド行脚2016.04.13

ホテルが取れないほどの外国人客が! 2015年、訪日外国人が2000万人を超えたとのニュースは、16年に入って広く報道されました。その数字に偽りはなく、昨年から…

第5回 フリーランスのリゾートマンション活用法

実践!ノマドライフ2016.04.08

ずっと田舎はヤダ! 翻訳仕事がようやくひと段落。全国4人、いや4万人のノマドファンをずいぶんお待たせしてしまった。今回のコラム案を早急にまとめねばと、午前0時前…

第1回 ガイド中に遭遇する「えっ、そのチョイス!?」

日本お土産珍百景2016.04.05

日本にいながら世界中を旅する職業 ある日、スウェーデンから来た3人と、浅草にて。 「プレゼント用に包んで下さい。それとお渡し用の小分け袋も3枚お願いします」 ふ…

第5回 最高のパフォーマンスは十分な疲労回復から 後編

通訳者のメンタルトレーニング2016.04.01

ブースから出て体を動かすことも 良いパフォーマンスをするためには適度な緊張が必要ですが、過度な緊張は害になります。しかし同時通訳は常に高い緊張感を維持する仕事な…

第4回 最高のパフォーマンスは十分な疲労回復から 前編

通訳者のメンタルトレーニング2016.03.15

プロには「休養」が必要 私はスポーツ観戦が好きなのですが、若い頃にどうしても理解に苦しむことがありました。メジャーリーグにせよ、プロバスケのNBAにせよ、何百、…