第3回 「目」の語りと「耳」の語り

現代文学翻訳コンテスト2017.01.01

 みなさま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。  今回は41通の応募をいただきました。12月の忙しい時期に取り組んでいただ…

第12回(最終回) 壁を乗り越え、また繰り返す

通訳者のメンタルトレーニング2016.12.14

小さな壁は日常茶飯事 通訳という仕事は苦しみの連続。いい感じかな、と少し調子に乗り始めたらすぐに難しいジョークや聖書の1節が飛んできます。最後まで完全に納得でき…

第100回(最終回) 通訳ガイドが日本のイメージを決める!

通訳ガイド行脚2016.12.13

イスラム圏からのお客様が増加中 近年は、アジアからの観光客が激増中ですが、東南アジア約6億の人口の内、およそ半分の2億8000万人がイスラム教徒です。仏教や神道…

第12回 激安!沖縄0泊3日1万円ノマドツアー

実践!ノマドライフ2016.12.02

限界に挑戦 ノマド旅(PC片手に仕事しながらの旅)を持続可能なものにするためには、少なくともノマド単体として黒字でなければならない。つまり旅先でした仕事の報酬が…

第2回 原文の語順をどこまで尊重するか

現代文学翻訳コンテスト2016.12.01

 第1回は83通もご応募をいただきました。どうもありがとうございます。20~30通くらいなら、一つ一つにコメントをつけてお返しする目論見でしたが、どうやらそれは…

SNSが縁でゲームローカライズに出会う

リレーエッセイ2016.11.24

そもそも翻訳者になるつもりはなかったし、一度は廃業もしたのです。それが今ふたたび翻訳を仕事にしているのは、煎じ詰めればゲームとインターネットのおかげといえます。…

第8回 料理男子とアイディア対決!

日本お土産珍百景2016.11.22

バイキングの子孫は料理男子!? 第7回までお読み下さった皆様はお察しのとおり、私のゲストの多くは北欧です。つまり先祖はバイキング。ガイドの仕事を始めた頃、ある男…

第99回 業務独占廃止について

通訳ガイド行脚2016.11.14

誰でも観光ガイドとして働ける時代へ 通訳案内士制度に関して、数十年ぶりという大きな法改正が進みつつあり、通訳案内士や旅行業界はちょっと落ち着かない状況が続いてい…

第11回 しっかり働き、しっかり遊ぶ

通訳者のメンタルトレーニング2016.11.09

遊んだら成績が上向いた棋士 かつて加藤正夫という囲碁棋士がいました。若い頃から豪快で攻撃的な打ち回しから「殺し屋」と呼ばれて活躍していましたが、なぜかここぞとい…

第1回 翻訳とは嘔吐である

現代文学翻訳コンテスト2016.11.01

編集部より:今月から新しい翻訳コンテストが始まります。米文学者であり、現代アメリカ文学の翻訳も手がけている藤井光さんが、未邦訳の現代文学を取り上げ、その一部を課…