第8回 それぞれのLifehack その1

翻訳LifeHack2017.09.07

2.私の仕事環境-「昇降式デスク」と「ローラーバーマウス」

●紹介してくれる人=中本友佳理(Yukari Nakamoto)さん
(特許翻訳者(英語)、大阪府在住。特許事務所で約16年間勤務した後、フリーランスとして独立。翌年の2016年に(株)Links翻訳サービスを設立。主に電気・機械分野の特許翻訳に従事している。小学生2人と犬1匹の母としても日々奮闘中。)

昇降式デスク→ 岡村製作所のSwift
長時間座り続けることのリスクを特集していたテレビ番組で昇降式デスクの存在を知りました。私にしては珍しく、迷わず購入を決めました。
自由に机の高さを決められるので、座っても立っても仕事ができます。そのときの気分によって、1日に何度も上げ下げしています。予想外の効果としては、姿勢が固定されないので肩こりが軽減したことです。

このデスクは電動で、ボタンを押すと高さを調節できます。好みの高さを記憶するメモリ機能がついたタイプもありますが、私はついていないシンプルなタイプを選びました。それでもその都度ちょうどいい高さにできるので不便はありません。昇降時の動作はスムーズで、音も静かです。唯一の不満は、天板が金属製であることです(木目に見える表面はプリント加工です)。冬場は机に置いた腕が冷えるので、アームレストが必須です。
約2年前私が購入した当時は、電動の昇降式デスクはこのSwiftのみだったように思いますが、今はIKEAでももう少し手頃な価格で販売されています。店頭で試してみましたが、電動、手動ともに動きがスムーズで、使い勝手が良さそうでした。

01_Nakamoto_desk

ローラーバーマウス→ ContourDesign社製のローラーバーマウス RollerMouse Pro
CATツールを使い始めたときにショートカットを使いこなせずマウスを多用したところ、2日ほどで腱鞘炎のような症状になってしまったため、導入を決めました。バーを親指で操作して画面上のポインタを移動させるので従来のマウスとはまったく操作感が異なりますが、数時間で問題なく使えるようになりました。ポインタはデュアルディスプレイでも端から端まで動かせます。また、私はデフォルトの状態から設定を変えて、ボタンをクリックすることでブラウザのバック機能も使えるようにしています。マウスに持ち替えずに手をホームポジションに置いたまま作業ができるので便利で効率がいいです。ただし、細かいところにポインタを合わせるときはマウスを使った方が速いので、従来のマウスも併用しています。

ちなみに、キーボードは東プレのREALFORCEです。ローラーバーマウスよりも若干横幅が広いですが、組み合わせて使いやすいです。
02_Nakamoto_mouse

番外編(リラックス対策)
スピーカー(JBL JEMBE)とCD(中田悟 自然音シリーズ)
JBL JEMBEはアフリカの打楽器をイメージしたデザインだそうで、格好いい見た目と音質が良いところが気に入っています。
基本的に仕事中は無音ですが、なかなか集中できないときや集中力が途切れてきたときには音楽(音)を流しています。あれこれ試して今一番気に入っているのは、自然音だけが収録された、中田悟さんの自然音シリーズです。もちろん仕事以外のときには普通の音楽も聴いていますが、良い音で聴くと一層リラックスできる気がします。
03_Nakamoto_music and speaker

ページ: 1 2 3