第7回 いかにもアメリカ的なスモールタウンの風景を訳す

第7回課題文 発表

 それでは、第七回の課題文のほうを発表したいと思います。今年出たばかりの短編集から選んでみました。作者はイギリス生まれナイジェリア育ちの女性作家、レスリー・ンネカ・アリマー(Lesley Nneka Arimah)で、2017年に『男がひとり空から落ちてくることの意味』(What It Means When a Man Falls from the Sky)という短編集でデビューをしています。

 その短編集に収録されている、「戦争の思い出話」(War Stories)という物語の、冒頭近くを選んでみました。主人公は12歳のナイジェリア人少女ンワンドで、両親と三人で暮らしています。家にはかつて、エマニュエルという父の昔からの友達がよく訪ねてきて、ンワンドもなついていましたが、物語の冒頭から、何かがあってエマニュエルは死んでしまったらしいという悲劇が仄めかされています。

 ンワンドが通っている小学校でまずリーダー的に振る舞おうとするのが、課題文冒頭にも名前の出てくるアニタです。ブラジャーをロンドンで買ってきてもらった、と自慢するアニタは、「女の子クラブ」を作り、ブラジャーを着けている子だけが入れる(そして、一番いいブラジャーを着けている自分が自動的に一番偉くなれる)という決まりを言い渡します。みんなはそれに従うほかないのですが、ンワンドだけは、じゃあアニタがどんなブラジャーを着けているのか見てみようかと、シャツの首もとをつかんで覗き込んでみます。すると、言い出しっぺのはずのアニタは、実はブラジャーをしていなかったことが判明します。

 クラスメイトに対する失礼な振る舞いだということで、アニタの母親がンワンドの家に乗り込んできて、ンワンドはこってり絞られます。その後、チェス盤を挟んで、彼女の父親が、「自分が12歳で兵士だったときのこと」というお話をしてくれます。その物語が教育的なのかそうでないのか、ちょっと測りがたいところも、この作品の独特の魅力です。

 さて、翌日になってンワンドが学校に行ってみると、女の子たちの力関係は一変していました。ンワンドがみんなの憧れになっていたのです。ということは、彼女が今度はリーダーとして振る舞わねばならないのですが、うまくできるでしょうか……。というところから、今回の課題文は始まります。

larimah

“War Stories”が収録されている短編集What It Means When a Man Falls from the Sky

課題文

   I resisted the urge to walk over to Anita and went instead to the cluster of girls who awaited my command. We sat in a circle looking at each other. I was seated on a crate that had once held soft drinks. Damaris Ndibe, who had installed herself as my second in command, dragged a smaller girl forward and stood her in front of me.
    “She lied about the job her older brother got.” It took me a minute to realize that I was supposed to get this right somehow. The incident with Anita made me the purveyor of vigilante schoolyard justice, but I’d lost my taste for truth.
   I stalled for time.
    “What’s your brother’s name?”
   “Emmanuel,” she whispered, and though it wasn’t my Emmanuel, something about the way she said his name, a trigger in her inflection, brought it rushing back. Emmanuel’s vigorous laughter, the way he ruffled my hair and pulled up my braids in a bid to make me taller. The way he bartered stories and wit with my father. His growing moroseness, his angry outbursts, the crying that followed. My mother would pull me away from where I eavesdropped and put me to bed. After Emmanuel left, I’d hear them argue, my mother’s raised voice saying, “It isn’t right, Azike, he isn’t right. I don’t want him here.” But the next week he’d be here again and sometimes he’d be okay and sometimes he wouldn’t, and sometimes he’d pull my braids and sometimes he wouldn’t, but he was always there. Until he wasn’t.
   Something pooled in my fist and it itched, then intensified to a stabbing pain I couldn’t shake off. I punched the lying girl’s face.
   Damaris was the first deserter. She led away the bleeding, shell-shocked girl, sneering over her shoulder. Others followed with rolled eyes and whispered insults. By the end of the day, I was a queen with no pawns.

 アメリカのスモールタウンからナイジェリアの学校に、一気に舞台は変わりますが、独特のリズム感、言い回しの妙、主人公の感情を表す言葉の見事さなど、僕はとても好きな文章です。多数のご応募をお待ちしております。

現代文学翻訳コンテスト バックナンバー

第1回 翻訳とは嘔吐である

第2回 原文の語順をどこまで尊重するか

第3回 「目」の語りと「耳」の語り

第4回 現在形で書かれた原文を訳すには

第5回 比喩・仕草・会話の訳し方

第6回 父親がバッハのメロディに乗せて歌った歌詞を訳す

ページ: 1 2 3