第6回 父親がバッハのメロディに乗せて歌った歌詞を訳す

現代文学翻訳コンテスト2017.04.01

第6回課題文 発表

 それでは、次回の課題文を掲載したいと思います。今回は初めて男性作家の作品から選んでみることにしました。作者はMichael Czyzniejewski。と書いたところで、どう発音すればいいんでしょうか……。シカゴ出身の作家ですから、ポーランド系のルーツを持つ作家であると考えて間違いないと思います。シカゴはポーランド系市民が百万人を超える都市で、日本では『シカゴ育ち』がよく知られているスチュアート・ダイベックも、ポーランド系でシカゴ出身の作家です。野球チームのシカゴ・ホワイトソックスは、ポーランド系のオーナー、選手もポーランド系ばかり、という時期があったりもします。

 そんなCzyzniejewskiには、Chicago Stories(2012)という短編集があって、シカゴゆかりの実在の有名人にまつわるフィクションが40編集められています。秀逸なのは、バラク・オバマ前大統領が、2029年に大学の卒業式でスピーチをするという設定で、なぜかボウリングでパーフェクトゲームを達成したときのことを自慢げに語るという話です。ちょっとひねりの効いたユーモア精神の持ち主だ、ということになるでしょうか。

 その作家の2015年の短編集、I Will Love You for the Rest of My Life: Breakup Stories(メインタイトルに対してサブタイトルがツッコミを入れている格好になります)に収められた、“When the Heroes Came to Town”の冒頭の部分を、今回の課題に選んでみました。アメリカの地方にある町に、ヒーローたちがどこからともなく現れて勝手に大活躍しますが、やがて彼らは前触れなく姿を消してしまい……という、四ページほどの短い物語です。以下、その短編の書き出し二段落になります。

“When the Heroes Came to Town” が収録されている短編集 I Will Love You for the Rest of My Life: Breakup Stories

課題文

  The consensus, among many of us, was that we were unimpressed. Before the heroes, things weren’t that bad, and, depending on whom you asked, they were going pretty well. The county had just paid to have the throughway resurfaced, our boys had made it to the state semis, and business boomed at the tire factory up by the mall, which, in turn, made business boom at the mall as well. Everyone felt confident about the economy, the kids were getting into good colleges, and if a town with prettier women existed, we hadn’t been there.
  Which is why we scratched our heads when these heroes showed up, their jaws, their capes, their stoicism all in tow. We had to admit, their debut was a splash, putting the fire out at the tire factory. The dark cloud lifted after three days, the smell of soot and rot disappearing soon after. To boot, they maintained the integrity of the structure, limiting the shutdown to a mere week and a half. A few days later, they saved that kid who’d fallen into the quarry, too, not one of our boys, but a kid nonetheless. Not one of us could have squeezed into that drainage pipe, let alone pounded through the twenty solid feet of bedrock. Our hats were off. And tipped. Whether or not we could have fought off the supervillains and their giant mechanical attack birds isn’t worth discussing. The talons alone were fourteen feet long, for chrissakes. We had to give them that one.

 あとのほうになると、“our wives”や“our women”といった表現も出てきますから、語り手である“we”は町の成人男性たちだと考えていいと思います。

 それにしても、英語的な言い回しですとか、似た意味の単語の使い分けですとか、これまた難しそうな点には事欠かない文章です。僕もまだ作品を読んだだけで、何も訳していませんが、「そうそう、ここが難しい!」という思いをみなさんと共有できればと思っています。たくさんのご応募をお待ちしております。

現代文学翻訳コンテスト バックナンバー

第1回 翻訳とは嘔吐である

第2回 原文の語順をどこまで尊重するか

第3回 「目」の語りと「耳」の語り

第4回 現在形で書かれた原文を訳すには

第5回 比喩・仕草・会話の訳し方

ページ: 1 2 3 4