第3回 「目」の語りと「耳」の語り

現代文学翻訳コンテスト2017.01.01

第3回課題文 発表

 それでは、次回の課題文の紹介です。「課題文に毎回動物が出てくるのが楽しみ」というコメントをいただいたので、何か動物つながりでいいものはないかと考えてみた結果、ちょっと不思議なお話にしてみました。作者はケリー・ルース(Kelly Luce)、2013年の短編集の表題作である、“Three Scenarios in Which Hana Sasaki Grows a Tail”からの抜粋です。

hana-sasaki

Kelly Luce, Three Scenarios in Which Hana Sasaki Grows a Tail

 ケリー・ルースはこの短編集でデビューした若手の女性作家です。「ハナ・ササキ」という名前でお気づきの方もおられるかもしれませんが、日本に数年間滞在していたという経験のある作家です。短編はすべて、題材や設定に日本が選ばれていて、この作家にとっての日本経験の大きさが分かります。ちなみに2016年に出た長編第一作Pull Me Underも、やはり日本絡みの小説です。

  “Three Scenarios in Which Hana Sasaki Grows a Tail”という短編は、文字通り、日本人の女性「ハナ・ササキ」(あるいは、「佐々木はな」、それとも「佐々木華」あたりでしょうか)になぜかふさふさの尻尾が生える、という短い場面を三つ並べている作品です。そのひとつ目の場面の後半部分が、今回の課題文です。主人公の女性は独身で、30歳の誕生日に独りで目覚めます。すると、尾てい骨付近にあったあざから、7~8センチメートルくらいの尻尾が生えています(原因は一切不明です)。さて、彼女はどうするでしょうか? それでは、応募のほうを楽しみにお待ちしております。

課題文

  She slides her palm beneath the tail and runs her thumb over the strands. Such softness, it’s like a baby’s rose-petal cheeks. The phone trills; her mother’s nasal singsong tells the answering machine to keep a positive outlook; women far older than thirty are marrying nowadays.
  Hana steps into the shower. It’s too early to call a doctor, and though the tail feels odd, it’s not exactly painful, and she can’t justify the expense and time of an emergency room visit. Water rolls down her back and soaks the bundle. It is thin, dark gray when wet, and the hair at the base rises out slightly from her back before wilting and following the curve of her bottom. She hesitates, then dabs shampoo into her palm and brings both hands behind her back: lather, rinse – and, why not? – condition. She lets the conditioner sit for three minutes before rinsing with cold water. Cold water closes the hair shaft and makes for a silkier finish. Perhaps later she can braid it, dress it up with ribbon. She will care for it as only she can.

ページ: 1 2 3 4