第2回 原文の語順をどこまで尊重するか

現代文学翻訳コンテスト2016.12.01

第2回課題文 発表

 では最後に、次回の課題文です。今回の作品は “Eyewall”という短編で、作者はアメリカ人小説家ローレン・グロフ(Lauren Groff)です。グロフといえば、村上春樹が翻訳したアンソロジー『恋しくて』(2013)に、短編「L・デバードとアリエット――愛の物語」が収録されているほか、2017年には長編小説『運命と怒り』(Fates and Furies)が翻訳刊行される予定です。ということで、いよいよ日本にも紹介されつつある作家なので、一足先にその作品を覗いてみることにしたいと思います。

 タイトルになっている“eyewall”という語は、台風の目の周囲で壁のようになっている雲のことを指します。そのタイトルが示すように、この物語は強烈なハリケーンが到来したアメリカ南東部の田舎にある一軒家を舞台にしています。語り手となる主人公は40代の女性で、有名な詩人だった夫を亡くしてからは、家に独り暮らしをしています。

 ハリケーンに襲われて、主人公はニワトリを助けようとしますが、ニワトリのほうは家の下に潜んだまま出てきてくれません。仕方なく家のなかに戻り、隣人の避難勧告も無視したままビンテージワインを飲んで過ごしていると、死んだ夫の亡霊(若い女のもとに走った直後に心臓発作で死んだ男ですが)が訪ねてきます。しばらく和やかに話をすると、夫の亡霊はすっと消えてしまい、続いて、自殺した大学時代の恋人の亡霊が、今度は泥だらけの姿で現れます。そしてその恋人がまた姿を消すと、今度は父親の亡霊が……という調子で、嵐が収まるまでに、彼女は三人の男(の亡霊)と再会し、しばらく言葉を交わしていきます。

 要するに幽霊譚なのですが、亡霊たちの描写にもおどろおどろしさはなく、彼らを迎える主人公の女性にも、恨みがましい様子はなく、どこかこざっぱりとした物語の展開が心地よい、そんな作品です。

 今回は、二人目の亡霊、大学時代の恋人が現れる場面を訳してみることにしましょう。文章は次の通りです。泥だらけの男ですから、これまた応募おうとするにはもってこいの相手ではないでしょうか。楽しみにお待ちしています。

課題文

   My best laying hen was scraped from under the house and slid in a horrifying diagonal across the window. For a moment, we were eye to lizardy eye. I took a breath. The glass fogged, and when it cleared, my hen had blown away. Then the top layer of the lake seemed to rise in one great sheet and crush itself against the house. When the wind swept the water into the road, my garden became a pit in which a gar twisted and a baby alligator dug furiously into the mud. From behind the battered blueberries, a nightmare creature of mud stood and leaned against the wind. It showed itself to be a man only moments before the wind picked him up and slammed him into the door. I didn’t think before I ran and heaved it open so that the man tumbled in. I was blown off my feet, and had to clutch the doorknob to keep from flying. The wind seized a flowerpot and smashed it through the microwave. The man crawled and helped me push the door until at last it closed and the storm was banished, howling to find itself outside again.
   The man was mudstruck, naked, laughing. A gold curl emerged from the filth of his head, and I wiped his face with the hem of my dress until I saw that he was my college boyfriend. I sat down on the floor beside him, scrabbling the dirt from him with my fingernails until I could make him out in his entirety.
   Oh! he shouted when he could speak. He’d always been a jovial boy, garrulous and loving. He clutched my face between his hands and said, You’re old! You’re old! You should wear the bottom of your trousers rolled.

ページ: 1 2 3 4