第53回 新人ガイド必見 ネタの引き出しを増やすヒント

通訳ガイド行脚2012.03.16

現場就業に向けて、新人ベテランを問わず通訳案内士の皆さんは常にガイディングのネタを収集し、それらをどのように外国人のお客様にご説明したらよいかと頭をひねっています。 観光地の説明はもちろんのことですが、ジェネラルトピックスといわれる一般事象は日常日頃から練っておきたいですね。この季節になると「桜」というテーマは是非とも話題に扱ってほしいと思います。桜を楽しみに来日されるお客様もとても多いです。

新人研修でのネタ作りゲーム
先日、新人通訳案内士向けの実務研修がありましたが、そこで楽しいネタの作り方を実施したのでご紹介したいと思います。20名程度の参加者全員が一人ワンセンテンスか15秒程度で桜に関するコメントを尻取りゲームのように言ってゆくのです。

最初の人の発言は「日本人は皆、桜が大好きです」でした。
そこから始まって、「桜の花が咲くのは2週間程度しかありません」
「すぐに散ってしまうからこそ美しさが際立ちます」
「潔い散り方が侍の文化に好まれました」
「蕾から散り時までを人生にたとえることもあります」
「桜の季節になると入学式や卒業式などがあり、人生のスタートを飾るイメージの代表です」
「欧米の学期は秋から始まることが多いです。東京大学が入学式を秋に行う検討をしていますが、そうすると桜でなく、菊が入学式のイメージになるかもしれません」
「合格すると桜咲く、不合格だと桜散る、という表現が使われます」
「桜の花は年中見ることができますよ。100円玉の裏をご覧下さい」
「毎年桜前線が天気予報のようにTVで紹介されます」
「桜の種類は200以上あって、伊豆には一年のうち8ヶ月も各種の桜が見られる場所があります」
「ソメイヨシノは東京都内では山手線の駒込駅の近くに発祥の楚の記念碑があります」
「桜の下で照明がつけられた夜桜を楽しむことがあります」
「昼間も木の下で飲食をしてお花見を楽しむ習慣があります」
「桜餅というお菓子も有名です」
「桜はお茶のなかに入れて飲むこともあります」
「桜の木の下では人は、みな詩人になります」
「桜を見ながら天ぷらを楽しむ屋形船遊びも風流です」
「日本だけでなく、ワシントンD.C.でも日本から贈呈された美しい桜が見られます」
「SAKURAはすてきな響きがありますが、江戸時代の歌舞伎小屋から、予め仕込まれた客を“さくら”と呼ぶ習慣が始まりました」
「広島で被爆した桜も被爆の翌春に花を咲かせて住民を驚かせ、また勇気づけてくれました。その老桜の株が昨年、震災地の福島に届けられて植えられました」

そして最後には「さくら、さくら」の歌を“Cherry pink, Cherry white・・・”と英語の歌詞で歌ってしめくくりがされるというとても盛り上がりのある研究時間となりました。

そうです。桜だけでもみんなの知恵を寄せ集めればほんの15分でこんなに話題が豊富になるのです。提供されたネタをうまく小テーマごとにまとめてストーリーを作っておけばご自身のオリジナルガイディングの引き出しが増えますね。

日本人のリアルな声が外国人の興味を引く
これに味を占めて(?笑)翌日は、「結婚」というテーマで一言ガイドをやってみました。すると、
「結婚式に700万円かけるカップルがいます」
「700万は豪華なカップルのケースですね」
「今は地味婚というスタイルも流行ってきています」
「義理関係のお客様を呼ぶのがめんどうで私も地味婚でした」
「私が外国で結婚式をあげたのも、実は上司や親戚を呼ぶのが面倒だったからです」
「結婚式場に勤務する娘の話によれば昨年一年で挙式したカップルの70%ができちゃった婚でした」
「自分の周囲の30代の半分以上は未婚です」
「とくに強い結婚願望はないけれど、このまま最後は孤独死するのか?と、不安はあります」
「結婚できないのではなく、したくない。面倒だと感じるのです」
「便利な世の中になったので結婚しなくてはならないと感じない若者が増えました」
「独身者が住居を探すとき、隣や階下がコンビニの条件が人気があります。冷蔵庫が要りません」
「30年結婚生活を送っていますが、結婚が長続きする秘訣は、つかず離れずいつも一緒にいないことです」
「婚活のパーティは既婚者の私でさえも参加したくなるような楽しいものです」

その他諸々・・・

結婚の平均年齢の上昇という事実を紹介する背景に、こんな現代的な結婚事情の側面があったのですね。“めんどくさい”というのは熟年層の参加者にとっては衝撃的でさえある発言でした。日本人同士でもこんなに沸く話題ですから、外国人にとっては、ガイドブックに書かれていない貴重な現代日本人の声に興味津々、目を輝かせて、いや目を丸くして、耳を傾けてくれることでしょう。

でも、ぜひ伝統的な結婚式の文化も忘れずに紹介してくださいね。どうぞよろしくお願い致します。