第4回 外国製品の描写は慎重に

第4回の課題文はこの作品

Tokyo Doll
Tokyo Doll
John McPartland 著

次回は、がらりと変わって、ノワール系の古いミステリを訳してみたいと思います。作者は1950年代に活躍した ジョン・マクパートランド(John McPartland, 1911-1958)というアメリカ人で、いい作家でしたが、大成する前に心臓発作で若死にしました。犯罪小説を何冊か書いています。その中に連合軍占領下の日本(1945年~1952年)を舞台にした犯罪小説が2冊ばかりあって、そのうちの1冊、Tokyo Doll(1953年)の一節を課題に選びました。

一人称の語り手は、太平洋戦争と朝鮮戦争に従軍した元陸軍大尉。その男が、占領下の日本で東京ドールと呼ばれる金髪の美しい歌手と出合い、ある事件に巻き込まれていきます。

想像力を働かせて、自分の知らない時代にタイムスリップしたつもり言葉を紡いでいくと、きっとおもしろいはずです。

課題文

 She was a Department of the Army civilian, a DAC, singing a daily quarter hour over the American Far East Network, in a slot between the ball-game transcription and the news. At five each evening the corporal who announced her program would say, “Now the Far East Network brings you the lovely Witch of Tokyo, Miss Sandra Tann,” and you would hear the whisper of velvet, the rich, vibrant voice.
 I saw her first on the broad street between Hibiya Park and the Imperial Hotel. Three men were trying to burn her to death.
 It happened fast. I was walking toward the street from the gardened courtyard of the Imperial. A group of men, twenty or so, some in the white cottons of laborers and three or four in the black uniforms of university students, were clustered around a speaker on the sidewalk that borders Hibiya Park across the street.

ページ: 1 2 3 4