第25回 首相の発言に想う・・・

一行翻訳コンテスト2009.06.16

■今月のペーパーバック
シアトルが舞台のサスペンス
『Killing Spree』
(Kevin O’Brien著、Pinnacle Books)

Killing Spree

さて今月の1冊目は、Kevin O’Brienの『Killing Spree』(Pinnacle)というサスペンスです。シアトルを舞台とした作品で、何度かこの魅力的な都市を訪れたことがある僕にとっては、なかなか楽しめる内容でした(イチローや城島が在籍しているマリナーズでもおなじみですね)。女性作家のジリアンは、アメリカを横断するように続いている殺人事件が、自分の書いている小説に出てくるシーンをまねたものであることに気付きます。そして犯人が向かっている方向はどうやらシアトルのように思えるのです。ジリアンは夫が2年前に失踪し、現在は息子との二人暮らし。でも息子は息子でとある秘密を抱えていることから、学校でいじめにあっていたりします。犯人は誰なのでしょうか。シアトルでは2年前にスクールガール・キラーという連続殺人事件があり、その犯人と目された人物は自殺しています。実は別の犯人がいて、それが今回の事件を引き起こしているのでしょうか。それとも行方不明の夫が何か関わっているのでしょうか。殺人シーンとかを強調するのではなく、むしろジリアンの心の葛藤に焦点を当てながら、何とか犯人を見つけだそうとする絶望的な苦闘がうまく描き出されていると思います。翻訳は講談社文庫から『最後の生贄』という作品のみ出ているようです。よろしければどうぞ。

■オススメの一冊
ゾンビが人生を指南?!
『The Zen of Zombie』
(Scott Kenemore著、Skyhorse Publishing)

The Zen of Zombie

次に今月の2冊目。こちらは、逆にイラストがちょっとどぎついので万人向けではないのですが、Scott Kenemoreの『The Zen of Zombie』(Skyhorse Publishing)のユーモア本を。『The Tao of Pooh』というのもありましたが、こちらはゾンビを通してみた人生指南書(笑)。ところどころにZombie Tip:というのが入っていて、これがまた笑えるんですわ。
In some languages, the word for “crisis” is also the word for “opportunity.”
In the language of zombie, however, the word for “crisis” is also the word for a “decided lack of yummy humans to eat.” (The zombie word for “opportunity” is likewise synonymous with “a school bus full of defenseless children,” “a group of overconfident, naive explorers,” and “a crowded country house with the road washed out and the phone lines disconnected from a storm,”…but you probably could’ve guessed that.)
みたいな。でも今のようにとても暮らしにくい世の中のことを考えると(堤未果・湯浅誠『正社員が没落する』角川Oneテーマ21をぜひご一読の程を)、こういうブラックなノリの中に意外とはっとするような(をい)名言が入っていると、すっと記憶に残ったりするんですね。たとえば、ビル・ゲイツが2秒で50ドル稼いでいるという話で、
Let’s say he (Gates) drops $49. That’s a lot of money. You could eat a pretty nice steak dinner for $49. You could do a lot of things with it. And it’s not even worth two seconds of Gates’ time.

It’s the same deal with zombie.

Nothing is more valuable to a zombie than eating somebody’s brain. Thus, attachment to (and corresponding care of) material possessions doesn’t make sense for a zombie (unless, somehow, it brings the zombie closer to that goal.)
どぎついですけど(笑)。でも物やカネに対する執着が今のような世の中をもたらしたのだと考えると、意外と至言だったりして。

そうそう、毎月メッセージをありがとうございます。励みになっております。
では、今月のコメントです。がんばるぞー。

ページ: 1 2 3