第35回 気軽に読めるサスペンスとコジーミステリをご紹介

一行翻訳コンテスト2010.05.16

■オススメの一冊
六階建ての図書館が舞台のサスペンス
『Contest』
(Matthew Reilly著、St. Martin’s Paperbacks刊)

Contest

では今月の1冊目。日本でも軍事サスペンスものの「スケアクロウ」シリーズが何作か翻訳されているMatthew Reilly(ランダムハウス講談社文庫)ですが、日本ではまだブレイクとまでは行かないかな。今回ご紹介するのは、’96年の作品で、「Contest」。主人公、スティーヴン・スウェイン医師と娘のホリーは、ニューヨーク市図書館に他の6人(?)と共に閉じ込め られてしまいます。ルールは簡単で、その中で殺し合いをして生き残った者だけが外に出られるというもの。今となっては「キューブ」とか「ソウ」とかですっかりおなじみになったネタですが、発表時期を考えればなかなかの慧眼。六階建ての図書館という舞台設定がまた妙にリアルで面白いです。文体はこんな感じ。

Mike Fraser pressed himself flat against the black wall of the tunnel. He squeezed his eyes shut as he tried to block out the roar of the subway train flashing by in front of him. The dirt and dust kicked up by the speeding train hit his face like a thousand pin-pricks. It hurt, but he didn’t care. He was almost there.

非常に読みやすいでしょ。厚さこそ500ページ近くありますが、活字も大きいので、実際にはさらっと読めるはず。

■今月のペーパーバック
ユーモラスな文体が魅力のコジーミステリ
『Red Delicious Death』
(Sheila Connolly著、Berkley刊)

Red Delicious Death

今月の2冊目はコジー系。「Red Delicious Death」。著者はSheila Connolly。邦訳はないようです。主人公はメグ・コーリー。都会の銀行員だったのが、最近果樹園を引き継いだばかりの女性です。従って、見るもの、触れるものすべてが新鮮。

“They’re all dead.”

“What?” Meg Corey dragged her gaze from the orderly rows of apple trees that marched over the hill. Almost all were past bloom now, and some of them had what even a novice farmer like Meg could identify as apples. Small, maybe, but it was a start. She turned her attention to Carl Frederickson, her beekeeper. Until this morning, Meg hadn’t even known she had a beekeeper, but it seemed like every day since she’d inherited the orchard, something — or someone — new she hadn’t known about turned up. “Who’s dead?”

“The entire hive. See?” Carl held up a wooden frame with what she recognized as honeycomb filling the middle section.

いい感じでしょ? これはシリーズ第3作で、かわいらしい料理学校を卒業したばかりのコックたちが、レストランを開くことになり、メグはこのことを楽しみにしていたのですが、そのうちの一人が殺されてしまうという話です。とてもユーモラスな文体も魅力なので、ぜひ読んでみてください。

では今月の解説から。

ページ: 1 2 3 4