第41回 ベストセラーの原書はいかが

一行翻訳コンテスト2010.11.16

■オススメの一冊
邦訳が今大人気!
『Justice: What’s the Right Things to Do?』
(Michael Sandel著、Oxford Univ Pr刊)

Justice: What's the Right Things to Do?

では今月の推薦書から。まず一冊目は、Michael Sandelの『Justice: What’s the Right Things to Do?』です。邦訳がベストセラーになっている『これからの「正義」の話をしよう』の原作です。訳文ももちろん良いのですけれども、改めて英語で読んでみると、ああ、なるほど、こういう表現を使ってサンデルさんは話しているんだと分かって楽しいです。すっかりおなじみになった冒頭部分は、

In the summer of 2004, Hurricane Charley roared out of the Gulf of Mexico and swept across Florida to the Atlantic Ocean. The storm claimed twenty-two lives and caused $11 billion in damage. It also left in its wake a debate about price gouging.

最初のパラグラフだけでもいろいろ勉強になりました。たとえば僕はハリケーン・チャーリーはCharlyだと思っていたのですが、Charleyなんですね。あるいは、claimedの使い方。さらにprice gougingという表現など。ああ、使えるなあという表現でいっぱいです。英語と日本語は別ものと考えて読むといいですよ。

■今月のペーパーバック
ミステリ好きの原点
『All-Time Favorite Detective Stories』
(Rochelle Kronzek編、Dover Publications刊)

All-Time Favorite Detective Stories

もう一冊は、オムニバスですが、『All-Time Favorite Detective Stories』という最近出たもの。ほぼすべての作品を、昔、創元推理文庫 江戸川乱歩編の「世界短編傑作集」で読んだことがあります。これが僕のミステリー好きの原点でもあるわけです。短編の名手の作品が多かっただけに、なかなか原文を読む機会に恵まれずにいた作品ばかりなのでもう感涙もの。ジャック・フットレルの『十三号独房の問題』(The Problem of Cell 13)、トマス・バークの『オッタモール氏の手』(The Hands of Mr. Ottermole)、あるいはドロシー・セイヤーズの『疑惑』(Suspicion)などなど。ここではアンソニー・バークリーの『The Avenging Chance』の書き出しをご紹介。

When he was able to review it in perspective Roger Sheringham was inclined to think that the Poisoned Chocolate Case, as the papers called it, was perhaps the most perfectly planned murder he had ever encountered. Certainly he plumed himself more on its solution than on that of any other. The motive was so obvious, when you knew where to look for it — but you didn’t know; the method was so significant, when you had grasped its real essentials — but you didn’t grasp them; the traces were so thinly covered, when you had realized what was covered them — but you didn’t realize. But for the merest piece of bad luck, which the murderer could not possibly have foreseen, the crime must have been added to the classical list of great mysteries.

渋いですね。難しいけど(笑)。古典好きならぜひ手にとって読んでみてください。面白いですよ。
では今月分のコメントです。

ページ: 1 2 3 4