第43回 政治・経済の本を読んでみる

一行翻訳コンテスト2011.01.16

■オススメの一冊

『New Ideas from Dead Economists』
(Todd G. Buchholz)

New Ideas from Dead Economists

というわけで、今月の1冊目。Todd G. Buchholzの『New Ideas from Dead Economists』。最近ですとTPPやFTAなどのように自由貿易とかが話題になっていますが(今のままTPPやったら日本つぶれますけどね)、こういった国内・国際経済の見方を得るためには最低限の経済学の知識が必要です。といっても「限界効用逓減の法則」みたいなのを見せられると脳が拒絶しますから、もっと分かりやすい本が必要。というわけで、この本は経済学的な考え方を歴史的に追うと同時に、現代世界にどのように応用できるのかを示した入門書です。書き出しはこんな感じ。

It’s not easy being an economist. Corporate executives attack them for not calculating costs and benefits with enough precision. Altruists accuse them of being too fussy about costs and benefits. To politicians, economists are party poopers who won’t let them promise prosperity without sacrifice. Some of the wittiest writers have taken time out to insult them, including George Bernard Shaw and Thomas Carlyle. Indeed, it’s been open season on economists ever since Carlyle called economics the “dismal science.”

けっこうウィットに富んでいて読みやすくそれでいてアダム・スミスからミルトン・フリードマンまでしっかり押さえることができます。良かったら食わず嫌いは止めて読んでみてください。

■今月のペーパーバック

『The Chocolate Mouse Trap』
(Joanna Carl)

The Lust Lizard of Melancholy Cove

今月の2冊目は、コジー・ミステリーですが、Joanna Carlの『The Chocolate Mouse Trap』。The Mousetrapというと、アガサ・クリスティーの有名なお芝居があります(実は昔やりました)。それとは関係なく、これはバツイチのチョコレート店経営者、リー・マッキニーを主人公とするシリーズものです。これまでに8冊出ています。これはシリーズの5作目で、リーの大口だが、「殺してやりたいほど」うっとうしい顧客がいて、その人が殺されて、コンピューターが盗まれます。そのPCには、彼女の暮らすワーナー・ピアでケータリングとかお菓子の販売をしている業者の電子メール・リストが入っていました。なぜ犯人は、そんなものを盗んだのでしょうか。連続する事件の真犯人は? と行った感じ。良かったらご一読を。
ちなみに文章は

“I’m sick and tired of killing this stupid inspirational junk,” I said. “If Julie Singletree doesn’t stop sending it, I’m going to kill her, as well as her messages.”

I’d been talking to myself, but when I raised my eyes from the computer screen, I realized I was also snarling at Aunt Nettie. She had nothing to do with the e-mail that had been driving me crazy, but she had innocently walked into my office, making herself a handy target for a glare.

楽しそうでしょ? では今月の課題に進みましょう。

ページ: 1 2 3 4